春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

公開日: : 最終更新日:2020/04/11 ファッション, ミニマルライフ

thai-pants_2

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーとTシャツを新調しました。

捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

新入りたちの丈感や色合いを確認すべく、とりあえずは手持ちの服2~3と合わせてみよう。最初はそう思っていたのだけれど、そのうちあのトップスとの相性はどうだ、そういやあのパンツもいけるかも?と、どんどんアイデアが広がっていく。

結局、久しぶりの大試着会開催となりました。

春の大試着会の収穫は

inner_t

トップスも、インナーも、ここ数年で徐々にゆるめシルエットのものに移行しています。これは近年のトレンドでもありますが、自分の心境の変化とも重なっていて。

おばさんも出したいところは出せばいい。

とはいえ、手持ちのタイト系アイテム一斉処分全とっかえ、なんてことは現実的ではないので、古かろうが使えるものは使う主義であります。

幅も長さもたっぷりあるシンプルなインナーを追加したことで、最近活用できてなかったスキニーを復帰させられそうでうれしい。というか、着丈長めのタンクトップを以前処分してしまったからこそ、このスキニーの出番が減っていたのだという事実に今更ながら気づいたのは大きな収穫でした。

パンツならともかく、ウエストゴムのスキニーって、お尻丸出しできないじゃないですか。さらにトップスはレイヤードにしたほうがバランスが取れる。

使えるキャミソール、使えないキャミソール。

で、このスキニーがOKとなったら、こっちのTシャツの立ち位置も変わってくるよね。あと、このストールを差し色につかったら面白いかも。靴はやっぱりスニーカーかなあ。てなことをしばらくやっていて、久しぶりに結構たのしかったのです。

インナー1枚で広がる着こなしの可能性

着こなしや着回しについてはその昔、センスがないと無理とか、顔と体型が追いつかないとダメとか、感覚と素材の問題として切り捨てられていたように思います。でも実は骨格や顔色、アイテムの組み合わせ方などの「理論的なアプローチ」でも解決できる。そんな考え方も、随分定着してきたような。

プロのスタイリストからおしゃれブロガーまで、本なりSNSなりで着こなしのテクニックはいくらでも真似できるようになった今、苦手な人ほど最短距離で上達する、は、ファッションにも言えるのかもしれません。

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

もともとおしゃれするのは好きだったし、自分に似合うものを選ぶのも得意だったのに、年々ファッションに対する熱量が下がってきているのを感じるこの頃。でも、足したり引いたり組み合わせを変えたりしてスタイルを作っていくクリエイティブなお遊びは、相変わらず愉快だな。そう思えた今回の大試着会でした。

インナーひとつ追加して、ほんのちょっと重ねてバランスを整えるだけで、着こなしのバリエーションがグッと広がるなんて、面白いよね。春はこのバランスを軸にさまざまなアイテムに展開してみるとします。




関連記事

捨てる捨てない、使い道を探ってみる。

By: Nana B Agyei[/caption] 捨てると決めていてまだ処分していないも

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

持ち物の中で、一番大きなものは何 ?

現在、私の持ち物の総数は一般家庭の平均的な数には遠く及ばないかもしれませんが、洋服や鞄、靴な

記事を読む

5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Jonathan Kriz[/caption] 引き続き月初の定例ポストです。

記事を読む

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

持たない生活と年末大掃除 ’15

By: Christian Haugen[/caption] 師走です。大掃除の季節です。 今

記事を読む

たんまり撮りためたデジタル写真、で、その後どうなるの?

By: Nana B Agyei[/caption] 「デジタルになってから撮る量が増えて大

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑