「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 ミニマルライフ

simplelifereaf.min

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。

>>参考
フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

いやあ、久しぶりに行きましたよ、渋谷。普段はまず立ち寄らない街なもので。
本当は公開初日に行くつもりだったのですが、お盆期間中の土曜だし、混んでたらイヤだなと思って週明けまで待ちました。が、それでも結構入ってましたね。

そして驚いたのが、年齢層の高さ。観客の殆どが60~70歳代の先輩方ばかりだったのです。
この映画のテーマに関心を持つのがその層なのか、はたまた平日昼間の映画館はどこもこんなものなのかわかりませんが、ちょっと意外でした。

 

フィンランド人の特徴?

flag.min
本編とはあまり関係がないのですが、興味深かったのが登場人物みんながやたら笑っていること。
私、フィンランドの文化にあまり詳しくはないのですが、監督で主演のペトリも彼の家族も友達も、全編通じてやたらと「静かに」笑っているのです。

「そこ、笑うとこじゃないよね?」

というようなシーンでもやたらめったら「静かに」笑っていて、それがほんのりシニカルというか、所謂ラテン系の陽気なノリとは違った独特の空気感があるのです。なんだろう、あの感じ。北欧っぽさなのか、フィンランド独自のものなのか。

と、今気になって検索していたらこんなものを発見。

>>参考
「フィンランド人は他人が嫌いなようだ…」世界中の人に驚かれていたバス停の写真
(らばQ)

それから沈黙は美徳である。ヘルシンキでは乗客が他の乗客に「バスの中で携帯で通話するな」「話さず笑え」「とにかく黙れ」と表明するキャンペーンがあった。

話さず笑え…。ホント?

 

肝心の感想

さて、内容に関しては何を書いてもネタバレになりそうなので今のところはペトリのお母さんとおばあさんがとても素敵、とだけ記しておきます。まだ公開中なので。

ただ個人的には、片付けベタな人がこの映画を観て

「よーし、明日からモノを減らすぞ!」

とモチベーションが上がるような類の作品ではないような気がしました。
ドキュメンタリー映画ゆえ、ラストにも明確な「答え」は示されることはないし、モノを減らすっていいよ!とか、そんな単純なメッセージはこの映画に込められていません。
私はむしろこの作品を観て「記録することの面白さ」を感じたので、このブログを長く続けていきたいなあと改めて考えたのでした。

とはいえ、この映画で「人生はモノではできていない」と理解することはできるはず。そして、自分にとって大切なことは何なのかを考えるきっかけになるのではないでしょうか。
ミニマルな暮らしに関心のある方は、観ておいて損はないですよ。

今後もさまざまなイベントが用意されていて、8/23は断捨離のやましたひでこさん、8/31はときめき片づけのこんまりさんのトークショーも予定されています。

 

 




関連記事

断捨離記録ブログがつまらなくなる時。

全財産ならぬ全家財道具が減りに減ったこの3年。昨年秋に引っ越して以降はバカスカ捨てずに済む日

記事を読む

11月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15

By: 246-You[/caption] 定例ポストをもういっちょ。 毎月月初に1ヶ

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

財布からいらないものが13点も発掘された。

おお、気持ちのいい朝ですね。 現在窓際にベッドを置いていて、シーツが真っ白なので晴れた

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

約10年ぶりにスマホを買った話。

いや、10年じゃきかない。「買った」という行為を軸に考えるな

アボカドの水耕栽培
癒しを必要としていない人が癒されている。

アボカドの水耕栽培にチャレンジしています。冒頭の写真は、連休

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

→もっと見る

PAGE TOP ↑