「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 ミニマルライフ

simplelifereaf.min

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。

>>参考
フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

いやあ、久しぶりに行きましたよ、渋谷。普段はまず立ち寄らない街なもので。
本当は公開初日に行くつもりだったのですが、お盆期間中の土曜だし、混んでたらイヤだなと思って週明けまで待ちました。が、それでも結構入ってましたね。

そして驚いたのが、年齢層の高さ。観客の殆どが60~70歳代の先輩方ばかりだったのです。
この映画のテーマに関心を持つのがその層なのか、はたまた平日昼間の映画館はどこもこんなものなのかわかりませんが、ちょっと意外でした。

 

フィンランド人の特徴?

flag.min
本編とはあまり関係がないのですが、興味深かったのが登場人物みんながやたら笑っていること。
私、フィンランドの文化にあまり詳しくはないのですが、監督で主演のペトリも彼の家族も友達も、全編通じてやたらと「静かに」笑っているのです。

「そこ、笑うとこじゃないよね?」

というようなシーンでもやたらめったら「静かに」笑っていて、それがほんのりシニカルというか、所謂ラテン系の陽気なノリとは違った独特の空気感があるのです。なんだろう、あの感じ。北欧っぽさなのか、フィンランド独自のものなのか。

と、今気になって検索していたらこんなものを発見。

>>参考
「フィンランド人は他人が嫌いなようだ…」世界中の人に驚かれていたバス停の写真
(らばQ)

それから沈黙は美徳である。ヘルシンキでは乗客が他の乗客に「バスの中で携帯で通話するな」「話さず笑え」「とにかく黙れ」と表明するキャンペーンがあった。

話さず笑え…。ホント?

 

肝心の感想

さて、内容に関しては何を書いてもネタバレになりそうなので今のところはペトリのお母さんとおばあさんがとても素敵、とだけ記しておきます。まだ公開中なので。

ただ個人的には、片付けベタな人がこの映画を観て

「よーし、明日からモノを減らすぞ!」

とモチベーションが上がるような類の作品ではないような気がしました。
ドキュメンタリー映画ゆえ、ラストにも明確な「答え」は示されることはないし、モノを減らすっていいよ!とか、そんな単純なメッセージはこの映画に込められていません。
私はむしろこの作品を観て「記録することの面白さ」を感じたので、このブログを長く続けていきたいなあと改めて考えたのでした。

とはいえ、この映画で「人生はモノではできていない」と理解することはできるはず。そして、自分にとって大切なことは何なのかを考えるきっかけになるのではないでしょうか。
ミニマルな暮らしに関心のある方は、観ておいて損はないですよ。

今後もさまざまなイベントが用意されていて、8/23は断捨離のやましたひでこさん、8/31はときめき片づけのこんまりさんのトークショーも予定されています。

 

 




関連記事

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

思い出のモノを整理して、過去の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

靴下が片方ない(怒)

By: Eden, Janine and Jim[/caption] 子供って生意気ですよね

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち

記事を読む

今日捨てたもの

ポケットにものを詰め込みがちな女。

凍えそうな両手を突っ込みながら、あれえ、なんかやたらもぞもぞするなあと思い、帰宅後に確認。

記事を読む

キッチンツールを白で揃えたい。引っ越し散財日記その2。

今回の引っ越しで買ったものの記録です。組み立てひとりでできるもん。引っ越し散財日記その1。

記事を読む

ミニマリストの器えらび。

By: Naoharu[/caption] 今日ふと通りかかったお店で珍しくウィンドーショッ

記事を読む

せいだのたまじ献立

せいだのたまじ、千切りキャベツ蒸し献立。

「せいだのたまじ」とは、山梨の郷土料理。小ぶりな芋を甘い味噌味に仕立てる素朴なおかずです。

記事を読む

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

買わない生活の清々しさとルールブック。

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか。それとも、即決即断即購入、以

記事を読む

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑