「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 ミニマルライフ

simplelifereaf.min

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。

>>参考
フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

いやあ、久しぶりに行きましたよ、渋谷。普段はまず立ち寄らない街なもので。
本当は公開初日に行くつもりだったのですが、お盆期間中の土曜だし、混んでたらイヤだなと思って週明けまで待ちました。が、それでも結構入ってましたね。

そして驚いたのが、年齢層の高さ。観客の殆どが60~70歳代の先輩方ばかりだったのです。
この映画のテーマに関心を持つのがその層なのか、はたまた平日昼間の映画館はどこもこんなものなのかわかりませんが、ちょっと意外でした。

 

フィンランド人の特徴?

flag.min
本編とはあまり関係がないのですが、興味深かったのが登場人物みんながやたら笑っていること。
私、フィンランドの文化にあまり詳しくはないのですが、監督で主演のペトリも彼の家族も友達も、全編通じてやたらと「静かに」笑っているのです。

「そこ、笑うとこじゃないよね?」

というようなシーンでもやたらめったら「静かに」笑っていて、それがほんのりシニカルというか、所謂ラテン系の陽気なノリとは違った独特の空気感があるのです。なんだろう、あの感じ。北欧っぽさなのか、フィンランド独自のものなのか。

と、今気になって検索していたらこんなものを発見。

>>参考
「フィンランド人は他人が嫌いなようだ…」世界中の人に驚かれていたバス停の写真
(らばQ)

それから沈黙は美徳である。ヘルシンキでは乗客が他の乗客に「バスの中で携帯で通話するな」「話さず笑え」「とにかく黙れ」と表明するキャンペーンがあった。

話さず笑え…。ホント?

 

肝心の感想

さて、内容に関しては何を書いてもネタバレになりそうなので今のところはペトリのお母さんとおばあさんがとても素敵、とだけ記しておきます。まだ公開中なので。

ただ個人的には、片付けベタな人がこの映画を観て

「よーし、明日からモノを減らすぞ!」

とモチベーションが上がるような類の作品ではないような気がしました。
ドキュメンタリー映画ゆえ、ラストにも明確な「答え」は示されることはないし、モノを減らすっていいよ!とか、そんな単純なメッセージはこの映画に込められていません。
私はむしろこの作品を観て「記録することの面白さ」を感じたので、このブログを長く続けていきたいなあと改めて考えたのでした。

とはいえ、この映画で「人生はモノではできていない」と理解することはできるはず。そして、自分にとって大切なことは何なのかを考えるきっかけになるのではないでしょうか。
ミニマルな暮らしに関心のある方は、観ておいて損はないですよ。

今後もさまざまなイベントが用意されていて、8/23は断捨離のやましたひでこさん、8/31はときめき片づけのこんまりさんのトークショーも予定されています。

 

 




関連記事

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとやりたい何に対してもぶつぶつと文

記事を読む

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。 本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ

記事を読む

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

今日捨てたもの 8/28 記念品を捨てるということ。

毎日ひとつづつ手放すキャンペーンも残すところあと3日となりました。 既に大きなものは何

記事を読む

ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる。

読もうと思って手元に置いている本がたまり始めたので、週末はおとなしく読書。 まず読んだのは

記事を読む

ミニマリスト 女性 ファッション

ミニマリスト女性の服とファッション。

本日は服とファッションのお話を。出来るだけモノを持たずに生活したい、とはいえ適当なものを選ん

記事を読む

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑