使えるキャミソール、使えないキャミソール。

公開日: : ファッション

使えるキャミソール

さほど深く考えずにノリで買って、でもどうにも使いこなせなくて手放す羽目になって、でも理由を考えないのでまた同じ過ちを繰り返す。

これ、結構多いと思うのです。例えば、好きでもないのになぜかやたらと七分袖の服ばかりを買ってしまう、とか。

関連 買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

ブログを書いていなければおそらく一生気づかなかったであろう不思議な習慣のひとつです。

使えるキャミソール、使えないキャミソール

ルシアンペラフィネニットコーデ

で、今持っているキャミソールは全て胸元のカットがまっすぐなもの。 Vやラウンドはなく、全部まっすぐ。見事にまっすぐ。

なぜなら、まっすぐが好きだからです。七分袖のパターンとは異なり、なんとなくこうなってしまったのではなく、意図的に選択した結果なのです。

一番好きなキャミソールは胸元がまっすぐかつ肩紐が短いタイプ。つまり、あまり胸元が深くは開かないカタチですね。

何しろキャミソールを本気のインナー(見せない)として使う場合がほとんどなので、ラウンドネックやVネックのTシャツやカットソー、襟付きのシャツに合わせるのならば俄然まっすぐタイプが使いやすいのです。

胸がざっくりVに開いたキャミソールなんてどうやって使うのか?と疑問に思って調べてみたところ、これはこれで完全なるインナーというか、トップスの襟元から見せないように敢えて胸元を深くしてある、というパターンのようで。

なるほど。それならなんとなく理解できます。

私の場合は見せないパターン、完全なる下着としてのキャミソール着用はほぼないゆえにまっすぐタイプを好むのでしょう。シャツでもVネックのニットでもなんでも、首元からちらっと見えるのであればまっすぐのほうが俄然収まりがよい、と思うのは単なる好みの問題でしょうか。

安定感と冒険心の間で

dr170508_2

その昔、まだこの法則に気づいていなかった頃はいろんなキャミソールに手を出しました。

中でも失敗が多かったのはレースもの。

まっすぐタイプはもちろん、胸元も背中側もざっくり深い開きでレースでトリミングされたキャミソールに何度かチャレンジしてみたのですが、どうにもうまく活用できずに結局手放してしまったものが数枚。

そもそも甘めのデザインが苦手なのにレースに手を出すこと自体が間違っていたか。いや、もっとゴテゴテにレースがついたブラウスはかなり気に入って使っていたのだからレースだけの問題でもないのか。

そういやそのゴテゴテ超デコラティブブラウスにはライダースジャケットを合わせて喜んで着ていたんだっけ。ということはレースのキャミソールもその路線にもって行けばよかったのでは。と、今になってようやく気付いたりして。

まあ今後は敢えてレースに手出しすることもそうそうないだろうけど。

ミニマリストの持たない暮らし

自分の好きな洋服のタイプ、似合うラインがわかっていると無駄な買い物は減るし数だって少なくて済むのはこれ幸い。なんだけど、新たなチャレンジをしなくなり出会いを逃すのもまた面白くないというジレンマはある。

関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

とりあえず、写真のラバー&ダメージ加工がたっぷり入ったロックなキャミソールの新たなコーデでも考えてみるか、と考えています。というか、春夏物全然買ってないな。

 




関連記事

サングラス

アクセサリーはどう使う?これからのコーディネイトを考える。

By: liz west[/caption] もともとジュエリー的なものに興味はないのですが

記事を読む

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど

記事を読む

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

おしゃピクでなぜ悪い インスタ女子の歪んだリア充。

By: dave.see[/caption] おしゃピク? ああ、インスタのことでしょ

記事を読む

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

先日集英社FLAG SHOP「BAILA」のイベントにお邪魔してきました。 お誘いいた

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑