使えるキャミソール、使えないキャミソール。

公開日: : ファッション

使えるキャミソール

さほど深く考えずにノリで買って、でもどうにも使いこなせなくて手放す羽目になって、でも理由を考えないのでまた同じ過ちを繰り返す。

これ、結構多いと思うのです。例えば、好きでもないのになぜかやたらと七分袖の服ばかりを買ってしまう、とか。

関連 買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

ブログを書いていなければおそらく一生気づかなかったであろう不思議な習慣のひとつです。

使えるキャミソール、使えないキャミソール

ルシアンペラフィネニットコーデ

で、今持っているキャミソールは全て胸元のカットがまっすぐなもの。 Vやラウンドはなく、全部まっすぐ。見事にまっすぐ。

なぜなら、まっすぐが好きだからです。七分袖のパターンとは異なり、なんとなくこうなってしまったのではなく、意図的に選択した結果なのです。

一番好きなキャミソールは胸元がまっすぐかつ肩紐が短いタイプ。つまり、あまり胸元が深くは開かないカタチですね。

何しろキャミソールを本気のインナー(見せない)として使う場合がほとんどなので、ラウンドネックやVネックのTシャツやカットソー、襟付きのシャツに合わせるのならば俄然まっすぐタイプが使いやすいのです。

胸がざっくりVに開いたキャミソールなんてどうやって使うのか?と疑問に思って調べてみたところ、これはこれで完全なるインナーというか、トップスの襟元から見せないように敢えて胸元を深くしてある、というパターンのようで。

なるほど。それならなんとなく理解できます。

私の場合は見せないパターン、完全なる下着としてのキャミソール着用はほぼないゆえにまっすぐタイプを好むのでしょう。シャツでもVネックのニットでもなんでも、首元からちらっと見えるのであればまっすぐのほうが俄然収まりがよい、と思うのは単なる好みの問題でしょうか。

安定感と冒険心の間で

dr170508_2

その昔、まだこの法則に気づいていなかった頃はいろんなキャミソールに手を出しました。

中でも失敗が多かったのはレースもの。

まっすぐタイプはもちろん、胸元も背中側もざっくり深い開きでレースでトリミングされたキャミソールに何度かチャレンジしてみたのですが、どうにもうまく活用できずに結局手放してしまったものが数枚。

そもそも甘めのデザインが苦手なのにレースに手を出すこと自体が間違っていたか。いや、もっとゴテゴテにレースがついたブラウスはかなり気に入って使っていたのだからレースだけの問題でもないのか。

そういやそのゴテゴテ超デコラティブブラウスにはライダースジャケットを合わせて喜んで着ていたんだっけ。ということはレースのキャミソールもその路線にもって行けばよかったのでは。と、今になってようやく気付いたりして。

まあ今後は敢えてレースに手出しすることもそうそうないだろうけど。

ミニマリストの持たない暮らし

自分の好きな洋服のタイプ、似合うラインがわかっていると無駄な買い物は減るし数だって少なくて済むのはこれ幸い。なんだけど、新たなチャレンジをしなくなり出会いを逃すのもまた面白くないというジレンマはある。

関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

とりあえず、写真のラバー&ダメージ加工がたっぷり入ったロックなキャミソールの新たなコーデでも考えてみるか、と考えています。というか、春夏物全然買ってないな。

 




関連記事

スヌードコーデ

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

By: TownePost Network[/caption] 旅の間は手持ちの洋服をぐっと

記事を読む

newbluebag

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。 春への衣替え、ペラ

記事を読む

winterseason

今日買ったもの。そろそろ本気で冬支度。

ひゃー、寒い。 今週はあまり寒くないと思っていたのに、今日は今季一番寒く感じたかも!!

記事を読む

rainyday

MBTのブーツ、サンダル MBTの効果を高める歩き方。

いやいやいや、いくらなんでも寒すぎるでしょー。まだ8月よ?? 今朝の風の冷たさに恐れを

記事を読む

By: Travis Wise

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

hat

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

airportromance

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

malloni

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

NB

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

ネズミ履きができるスニーカーはいねがーとアンテナを張り巡らせること数週間。 靴とパンツ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

1812_kinugawa_23
ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑