10kgの荷物の目安、スーツケースを持たない旅。

公開日: : 最終更新日:2017/03/26 ミニマルライフ, 旅人への道

160506narita

今回の旅は約3週間ですが、スーツケースなしで行こうと決めていました。

関連 荷物を持たないバックパッカー。

重い荷物を持ちたくないので普段は転がせるスーツケースを台車と割り切って持参するのですが、今回は移動も多いし、夏だし、ちょっと実験的にやってみようかと。

ちなみにエアーは安定のLCCにつき機内持ち込み荷物の重量制限は10kg。はて、パソコンと一眼レフ込みで10kgに収められるだろうかと危惧していたのですが。

10kgの荷物の目安

160506narita2

できれば軽い鞄を新調したかったのだけれどいい出会いがなく思い叶わず。結局普段からちょっと荷物の多い時に使用していたW45×H32×D15の少々重量のある鞄を選択しました。まあ重いって言っても2kgもないですが。

この鞄に入りきらない荷物はもう諦める、と決めてパッキング。衣類、靴、洗面用具、パソコン、カメラとその周辺機器、財布に現地で使うサブバッグなどを詰めて重さを測ってみると6kg少々というところでした。

10kgにはまだ余裕がある。でも、10kgの荷物を持って歩くのはイヤ。

関連 スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

かなりの個人差がある問題ではありますが、重いものを持つのが苦手な女性が持ち歩くのにギリギリ苦痛じゃない重さってせいぜい7kgぐらいまでじゃないでしょうか。制限いっぱいの10kgまで荷物を増やすとちょっとしんどい気がします。

その気になれば着替えもいらない1泊と3泊を比べれば荷物の多さは変わるけれど、3泊と1週間とか2週間と4週間って結局そんなに変わらないような。結婚式に出席するなどという特別なイベントのない一人旅ならばコーディネートも5パターンぐらい組めれば結構戦えますからね。ただし、夏に限る。

成田空港第3ターミナル、じゃなかった

160506narita3

前回LCCで成田から移動したのはまだ第3ターミナルオープン前。

関連 預け荷物20kgの目安と成田空港の電源カフェ。

よって今回で第1、第2、第3ターミナルと記事が揃うなあなんて思っていたら今回も第2ターミナルでした。そうだった、LCC全部が第3に移動したわけじゃなかったんだった。まあまたいつか使う機会があるでしょう。

おいおいまたLCCかこの守銭奴が、と思われそうですがビジネスやファーストならともかく、レガシーキャリアのエコノミーにはあまりメリットを感じません。

そもそも荷物はできるだけ少なくしたいし、機内でわざわざ食事したくないし、長時間フライトなら寝るための酒やエンタメ類は欲しいけど数時間なら問題ない。さらにはそんなに体が大きくないから席幅も気にならない。
荷物もねえ食事もねえサービスそんなに求めてねえのまさに吉幾三状態、おまけに時間に余裕のある一人旅。多少の遅延はご愛嬌と割り切ればうっかり出かける気になってしまうLCCのプロモチケットのほうに俄然ときめくのは私だけでしょうか。

まあせっかくの旅行なんだから洋服をたくさん持って行っておしゃれしたいしお土産だっていっぱい買いたい、何よりゆったり優雅に寛ぎたい!という人もいるでしょうから、こればっかりは旅に何を求めるかで変わってきますね。

ミニマリストの持たない暮らし

しかし成田空いてるなあ。

ゴールデンウィークもそろそろ終盤、このタイミングで旅立つ人は少ないのかもしれません。だからこそLCCでも格安のチケットが取れたのだけど。

静かな成田第2ターミナル、前回利用してすっかり気に入ったカフェにて出発前の時間をゆっくり過ごすのでありました。

というわけで、いってきます。

※追記 旅行用鞄、入手しました。
関連 軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

 




関連記事

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

By: Dave Miller[/caption] 現在の住まいには収納がありません。何度も

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑