ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 ファッション, ミニマルライフ

その昔は好きなブランドのファミリーセールにどうしても行きたくて、友達から譲ってもらったり、わざわざオークションで招待状を落札したりしていたものです。

それが今や、招待状はなくともファミリーセール同等、またはそれ以下の価格でブランドアイテムが購入できるセールが毎日開催される時代になりました。欲しいけれど予算的にはちょっと贅沢かな? なんて考えて手が出なかったものが半額で買えるセールって、やっぱり楽しい。

さて、何度かここでもご紹介しているセールサイトGILTにEMILIO PUCCIが最大70%OFFで登場しています。

ページを眺めていると数年前にいいな、と思って何度かプッチのブティックに見に行ったハンドバッグと似たデザインのものが。

値段はこれくらいだったような気がするけど、あれ?なんかちょっと違う…?

招待状がなくても70%OFFセール

puccisale

ただ単に好みが変わってあまり惹かれなくなっただけかも? なんて、写真を拡大しながらいろいろ眺めていたところ、そうだ、思い出した。
欲しかったのはこれと同じタイプだけど、素材が違ったのでした。

それにしてもセールで50%OFFかあ。
これ、10年前なら即買いしてたような気がします。

今回は欲しかったモデルそのものではないし、そもそもかっちりしたレザーのバッグは既に持っているし、まだそれらを手放すつもりもないし、それ以前に最近はヘビーなバッグになかなか手が出なくなっている状態なので購入はしませんが。

参考 靴と鞄に求めるものが変わってきたのを実感する40代。

でも、欲しかったあの素材ドンピシャだったらもっと考えてたかも。
そしてもしも購入したとしたら、今ある何かを手放していたことでしょう。

もっと言えば、今も使っているコーデュロイのバッグだったら間違いなく定価でも買います。

参考 EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

そして、もうワインはかけません。うぅ。

 

ファミリーセール、何が何でも買わなきゃ損?

By: Kanko*

常に100個以内に収めようとか服は何着まで、というルールは特に定めていないし、持ち物の数自体にはこだわりはないけれど、所有物の半数以上がファッションアイテムという現在。

今後減らすことはあっても増やすことはないような気がします。

昔は50%OFFと言われるとなんだか買わなきゃ損するような気がしてしまい、特に必要のないものにまで手を伸ばしていましたが、今ではセールサイトも雑誌を眺めるような感覚で単純に楽しめるようになりました。

節約意識が高まったから?モノを増やしたくないから?

いや、「安かったから」と、なんとなく買うよりも「本当に欲しいものを買う」のが一番嬉しい買い物なのだ、と納得できるようになったのが最大の理由かもしれません。

ファッションアイテムをネットで購入することに抵抗のある方も少なからずいて「洋服はショップで、定価で買わなきゃ意味がない!」という意見もありますが、私はあまり気にしません。
ショップで店員さんにあれこれアドバイスしてもらいながらの買い物も楽しいけれど、欲しいアイテムがお得に買えるのはやっぱり魅力的。もちろん、正規品を取り扱っているところに限りますけどね。いくら安くてもダミー製品を購入するのは論外。

持たない暮らしをしていても今後の人生で一切モノを買わないわけではないので、これからもセールとはうまく付き合いつつファッションを楽しみたいです。

40代のファッション

ところで、GILTって商品の写真はちゃんとキレイなんだけど、モデルとかスタイリングにはそこまで力が入ってないですよね。
もちろんセールサイトだからファッション誌のようにいかないのは仕方なし。
でも、もともとその商品を知っていた、欲しかった、という人に対しては全く問題ないけれど、サイトに掲載されてるモデル着用写真が初見の場合はあまり購買欲がそそられないような気も。

そのあたりは商品のブランド力と価格力で勝負、なんでしょうね。

が、今回のPUCCIのモデルは珍しくかわいい。相変わらずスタイリングはいまいちだけど、モデルのおかげで久しぶりにじっくりとページをチェックしてしまいました。
うん、単に自分の好みなだけですけどね。

と、なんだかんだ長くなりましたがPUCCI以降もCOLE HAANやDSQUARED2、マロノブラニクのセールや、MARNI、3.1 Phillip Lim などあらゆるブランドが揃うセレクトセール、パーティースタイルのコンセプトセールなどが毎日開催されていますよ。

参考 ブランド・セール一覧(GILT)

セール会場をチェックするのは無料なので気になる方は是非。




関連記事

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

スマホの画面が浮く

壊す女、雑な人。

まだいけそうな気がしています。 関連 ホーム画面の謎。 ちょろっと隙間が空いてい

記事を読む

自動更新の罠で固定費に影響が出る。

ちゃんと確認していたのに、自動更新の罠にまんまとハマりました。 自動更新のお知らせ、ち

記事を読む

50代独身非正規雇用、賃貸契約審査に通るのか。

身軽に生きていきたい思いの強さゆえ、持ち家VS賃貸論争からは早々と離脱。長年賃貸住まいを続

記事を読む

今日捨てたもの 紙袋2つだけの荷物でお引っ越し。

By: Sugar Beach Residences[/caption] 必要最低限のモノで

記事を読む

海外旅行に便利なバッグ、現金、カード、パスポートも入る。

昨年中に手に入れたものでこれはよかったなあとしみじみ感じるものについて書きました。 関

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

ブランド買取の相場って?リサイクル店は結構良心的だと思った。

夏の終わりに、ブランドアイテム買取サイトで買取不可と判断されたアイテムを実店舗に持ち込んだ、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑