黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

itunes151126

Another Day of Sun.

初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなかったわけですが、結局機を逃してしまったので自宅にて鑑賞。

賛否両論、かなり好みが分かれる模様のLA LA LAND

オープニングだけでも大きなスクリーンで見る価値あるなあと思いました。

そのままでも素敵だけど、服って大事

正直なところ、本編よりも大迫力のオープニングのほうが印象に残りまくりなわけですがこのシーン、なんと全カットの恐れもあったそうで。

参考 【徹底特集】『ラ・ラ・ランド』奇跡のオープニングはいかに撮影されたか(THE RIVER)

それから監督らは、オープニングシーンそのものをカットし、「あのオープニングは初めから無かったもの」として数ヶ月冷ましたそうだ。

いやいやいやいや、それは惜しいにも程がありまくりでしょ。間奏で荷台が開くところも、黄色いドレスの女の子のパンツが丸見えになるところも、残ってくれてよかった。

ところでこのオープニングシーンとリハーサルをiPhoneで撮影したものとの比較動画を見ると、服って大事だなと思う。ダンサーは普段着でもみんなちゃんとカッコイイんだけど、本番の衣装を着たクールさとは次元が違うもんね。あの女の子のパンツだってしっかりと大きくて黄色いからいいんだよ。ちっちゃいセクシーパンツじゃだめだ、履き直せ。

選ばなかったもうひとつの道

音楽に惹かれて観るのを決めて一切の情報を入れずにここまできたもので、始まってからああこういう話だったのかと知る。

ストーリー自体は大きな捻りもなくままありがちなものではありますが、まさに今夢を追いつつ惚れた腫れたで奮闘している若い世代の感じ方と、選ばなかったもうひとつの道が頭を過るであろう中年の感じ方は全く異なることでしょう。ていうかこれ、ロマンチックなラブストーリーとかなんとか言われてた気がするけども、ラブストーリーじゃないよね。

選ばなかった、もうひとつの道。

人生是選択の連続。人間誰しもが要所要所でいろんな選択をし続けた結果、今この状態にあるわけで。我が選択にはただのひとつたりとも間違いはなかった!と断言できる人なんているのだろうか。もしも今、30年くらい巻き戻してそこからやり直すとしたら、私なんか絶対別の選択する自信あるけど。だって、Side-Bのストーリーも見てみたいじゃないか。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

違う選択をした先に広がる別の人生が、現状とは比べものにならないくらい眩く刺激的なものであったとしても、あー、元の生活もあれはあれで結構気に入ってたんだよなー、などと時々懐かしく思い返すであろう程度には、今この現実を堪能できている。なんてことを、怒涛のラストシーンで考える。

何にもなくても、まあまあ愉快なside-A。幸せのハードルが低くて何よりです。

ミニマリストの持たない暮らし

オープニングといえば、Across 110th Streetに痺れるJackie Brownも最高に好きで何回も観てしまう。しかしこれ、もう20年前の作品なのか。20年で私はこのオープニングを一体何回見たのか。でも本編は2回くらいしか観てないかも。プライムきてるし、久しぶりに観てみるか。

LA LA LANDのオープニングもレンタル期間中に何度もリピートしてしまいそうな気配がします。人生はリズムだ。

 




関連記事

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

ポケモンGO禁止令 大人と子供のゲーム依存。

By: Shannon[/caption] SNSを眺めていると友人たち(無論大人)が結構ハ

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

40代でのチャレンジに拍手!43歳バンドマンがウェルター級王者に。

おおお、これは同世代の40代としては燃えるニュースだなあ。 参考 SNAIL RAMP

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

若い頃にバックパック世界一周とかしなくて本当によかった。

今でこそ趣味的に異国でフラフラ長期滞在などをしておりますが、20代、30代の若い頃は長期休暇

記事を読む

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

By: ume-y[/caption] 先日久しぶりに浅草へ出かけました。 久しぶり、

記事を読む

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑