黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

公開日: : 世界の音楽と芸術, 生き方と考え方

itunes151126

Another Day of Sun.

初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなかったわけですが、結局機を逃してしまったので自宅にて鑑賞。

賛否両論、かなり好みが分かれる模様のLA LA LAND

オープニングだけでも大きなスクリーンで見る価値あるなあと思いました。




そのままでも素敵だけど、服って大事

正直なところ、本編よりも大迫力のオープニングのほうが印象に残りまくりなわけですがこのシーン、なんと全カットの恐れもあったそうで。

参考 【徹底特集】『ラ・ラ・ランド』奇跡のオープニングはいかに撮影されたか(THE RIVER)

それから監督らは、オープニングシーンそのものをカットし、「あのオープニングは初めから無かったもの」として数ヶ月冷ましたそうだ。

いやいやいやいや、それは惜しいにも程がありまくりでしょ。間奏で荷台が開くところも、黄色いドレスの女の子のパンツが丸見えになるところも、残ってくれてよかった。

ところでこのオープニングシーンとリハーサルをiPhoneで撮影したものとの比較動画を見ると、服って大事だなと思う。ダンサーは普段着でもみんなちゃんとカッコイイんだけど、本番の衣装を着たクールさとは次元が違うもんね。あの女の子のパンツだってしっかりと大きくて黄色いからいいんだよ。ちっちゃいセクシーパンツじゃだめだ、履き直せ。

選ばなかったもうひとつの道

音楽に惹かれて観るのを決めて一切の情報を入れずにここまできたもので、始まってからああこういう話だったのかと知る。

ストーリー自体は大きな捻りもなくままありがちなものではありますが、まさに今夢を追いつつ惚れた腫れたで奮闘している若い世代の感じ方と、選ばなかったもうひとつの道が頭を過るであろう中年の感じ方は全く異なることでしょう。ていうかこれ、ロマンチックなラブストーリーとかなんとか言われてた気がするけども、ラブストーリーじゃないよね。

選ばなかった、もうひとつの道。

人生是選択の連続。人間誰しもが要所要所でいろんな選択をし続けた結果、今この状態にあるわけで。我が選択にはただのひとつたりとも間違いはなかった!と断言できる人なんているのだろうか。もしも今、30年くらい巻き戻してそこからやり直すとしたら、私なんか絶対別の選択する自信あるけど。だって、Side-Bのストーリーも見てみたいじゃないか。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

違う選択をした先に広がる別の人生が、現状とは比べものにならないくらい眩く刺激的なものであったとしても、あー、元の生活もあれはあれで結構気に入ってたんだよなー、などと時々懐かしく思い返すであろう程度には、今この現実を堪能できている。なんてことを、怒涛のラストシーンで考える。

何にもなくても、まあまあ愉快なside-A。幸せのハードルが低くて何よりです。

ミニマリストの持たない暮らし

オープニングといえば、Across 110th Streetに痺れるJackie Brownも最高に好きで何回も観てしまう。しかしこれ、もう20年前の作品なのか。20年で私はこのオープニングを一体何回見たのか。でも本編は2回くらいしか観てないかも。プライムきてるし、久しぶりに観てみるか。

LA LA LANDのオープニングもレンタル期間中に何度もリピートしてしまいそうな気配がします。人生はリズムだ。

 






関連記事

tainandog6

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

NYfoods_38

好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。 何にでも言える事ですが、

記事を読む

By: Jared Tarbell

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

spanishsky

一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

なるほど、と思ったブログ記事をシェア。 多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力が

記事を読む

brazil

初秋になおグッとくる、2つのSaudade da Bahia。

ワールドカップの影響というわけでもないのですが、この夏はブラジルものばっかり聴いてました。

記事を読む

150117k3

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

By: dave.see

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

By: Johan Larsson

自分の名前、好き?嫌い?

By: Paul Joseph[/caption] 先日初対面の方に自己紹介したところ

記事を読む

nightbuilding

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

By: IvanWalsh.com

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑