どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

公開日: : 最終更新日:2018/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

edogawa38

来る夏が不安になるほどにとんでもなく日当たりのいいベランダで湯たんぽを乾かす。

関連 冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

同時に干しておいたらあっという間にふんわり乾いた洗濯物を取り込みながら、あれっ、と二度見。

ヘビーローテーションで酷使しましたねえ。



今日捨てたもの

170429lg

  • 靴下

冷え性対策として冬場に大活躍のぬくぬく靴下。

暖かい部屋に引っ越したし、毎晩湯船に浸かるようになったしで、震えあがるような地獄の寒さからは解放されました。

関連 外より寒い家は、ある。

それでも冷え性の足元に厚手のハイソックスは欠かせない。ホントにお世話になっております。

少数精鋭で洗濯を繰り返すスタイルゆえに劣化が早いのは致し方なし。時期的に今すぐ買い替えは必要ないので、また次の秋にでも新調するとしましょうか。

しかし靴下を捨てたネタを一体何回書いただろうか。

消耗品として考えてもおかしくはない靴下の処分について毎度記録するならば、一体この先何度同じ話を書くことになるのだろう。少々気が遠くなる話だけれど、今日捨てた靴下と10年後に捨てるであろう靴下にはまた違うエピソードが宿ることでしょう。

関連 いただきもの、思い出の品を捨てること。

10年後も書き続けるかどうかは定かではないけれど。

どうせ捨てるのなら、買わないほうがいいか

141107lg

10年後に捨てるものにはまた違うエピソードが宿る。

そう書いて、ここ数年は減るばかりで増えてはおらず、素敵エピソードを宿す箱がないじゃないかとふと思う。けれどそう感じるのは今は今この瞬間を生きているからであって、10年後に振り返れば靴下ひとつ、Tシャツひとつ手放す時にさえ何らかの出来事を思い出すのでしょう。

なんて、いちいちセンチメンタルな気持ちに浸ってはいませんけどね。

そして物質面で随分と身軽になった今はもう、使わない、いらない、欲しくもないものをガンガン買おうとは思わないけれど、消費行動や買い物自体を極度に否定する気もありません。

どうせ〜なんだから〜しないほうがいい、とか言い出したら究極はどうせ死んじゃうんだから懸命に生きてたって仕方ない、って話だもんね。

関連 犬のこと。

結果として使いこなせなかったとしてもその瞬間は必要であったり、どうしようもなく欲しかったりするのならば迷わず手に入れ、その後にやれこの買い物は失敗であったとか少々無駄遣いが過ぎるなどと反省したり後悔したりする可笑しさや切なさやもまた、よい。

ミニマリストの持たない暮らし

ただ、何を見て、考え、選び、買い、使うかといったなんでもなさそうな行為こそが自分自身を構成しているのだ。と、最近になって強く感じているのです。

 




関連記事

By: Steve Snodgrass

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

parentshouse

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

mostsimply

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も

記事を読む

girlsbe

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

By: David Goehring

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

tmt1

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。 「うん、まあ」

記事を読む

sakura4

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。 毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑