自分のことばかり考える家族。

公開日: : 最終更新日:2016/07/03 生き方と考え方

夏休みにどこかリゾートでも行きたいなあ。

と友達が言っていたことをふと思い出し、先日夏休みの予定お伺いの連絡をしたところ

「今年は帰省することにした」

との返信が。

なんでも未だ現役でお仕事されているお父様がいよいよ引退されるらしく、家業の今後を考える家族会議が開催されるのだとか。
おおお、それは確実に帰らねばなりません。

夏休みの計画

だからというわけではありませんが、私もこの夏は帰省することにしました。

別件で用がある、というのが最大の理由ですが、基本的に年1回しか帰省しないスタイルをそろそろ年2回くらいにしようかなあとも考えておりまして。そのきっかけとなったのが我が皮算用シートの数値でした。

関連 70歳のライフプランシート。

把握していなかったわけではないのだけど、両親の年齢を改めて確認しておおもうそんな歳だったか、となんだか驚いてしまったのです。

慎ましい生活ながらも日々ストレスなく伸び伸び楽しそうに生活している両親の状況は娘としてはありがたい限り。けれど今日明日何が起こっても不思議ではない年齢になっているのは確実なので、メンバーが揃っているうちに1回でも多く共に酒でも呑んでおきたいね、と思ったのであります。

あ、父親は数年前大病をしたのであんまり呑ませちゃいけないんだけど。

自分のことばかり考える家族

40過ぎて定職につかないばかりか定住すら危うい暮らしをのほほんと楽しんでいる私。そんなことじゃ親御さんが泣いているよとか親の顔が見てみたいわなどと言われるかもしれませんが(被害妄想)、両親は私同様自分のことにしか興味がないのでとっくの昔に成人した娘がどこで何をしていようと知ったこっちゃありません。

いや、別に仲違いしているわけではないのでそれなりに気にかけてはくれているだろうし、私だって両親に元気で長生きしてほしいなあとは思っているけれど、自分のことを差し置いてまで家族のために云々かんぬんということはあり得ないのです。

20代の終わりくらいまで、私は自分が本当にしたいことができないのを親や家の事情のせいにして過ごしていました。
今考えれば本当にしたいのならすればよかったのですが、自分以外の誰かや何かに責任を擦りつけることで自分自身の行動力のなさを誤魔化すという高等テクを若くして身につけてしまっていたのです。やりたいけど事情があって叶わないかわいそうな私、を演じながら。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

もう大人なんだから家とか親とか言ってないで自分のやりたいように生きればよくて、その分責任は自分で取らなくてはいけないのだ。そう悟ったのは30歳を過ぎてからだったような気がします。遅いな。

人生の自給自足

自分が生きたいように生きればよい。
そう考えるようになってからは本当に好き勝手に生きてきて実際に親を泣かしたこともありますが(しかもつい最近)、それでも家族のために自分を犠牲にしようとか我慢しようとは考えなくなりました。

だって、私を幸せにできるのは結局のところ私しかいないのだし、家族は私の幸せを願っていて、私は家族の幸せを願っているのだから。

関連 母が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

先日友人と呑みながら今の日本はどうだとか社会情勢がとか延々語り合った挙句に

「個人個人が自分で自分を幸せにするのが世界平和の一番確実な方法だよね」

という結論に至りました。

もちろん自分の力では如何ともし難い問題を抱えている人だっているし、幸せとは、なんて生ぬるいことを言ってられない生きるか死ぬかの状況にある人もたくさんいる。好き勝手に生きられる自分がとても恵まれているのは承知の上だし、酒の席の会話とはいえものすごく乱暴なことを言っている自覚もありますが、あながち大外れでもないような。

簡潔に言葉にするのは難しいけれど、人生の自給自足とでも言いましょうか。単に身勝手に振る舞うわけじゃなくて、自分の人生の満足度を上げるために自分自身でできることは全力でやろうじゃないか、というシンプルな考え、なんですが。

ミニマリストの持たない暮らし

ああ、夏休みの計画の話からまたとんでもないところに行き着いてしました。毎度のことではありますが。

とにかく、今年は私も数日間の夏休みを取ろうと思っています。まあ自分勝手に生きている今の生活は毎日が夏休み、みたいなものなんですけどね。

 




関連記事

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

しなかった、できなかったことで得たもの。

たとえ襟足を刈り上げたとしても、3ヶ月も経過すれば結べる長さになる。つまり、失敗しても時が必

記事を読む

NY地下鉄の乗り方

キレイなおばあさんは好きですか。

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょ

記事を読む

大満足の年の瀬に。

香港旅行記がまだ途中ではありますが。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過ごし方。

記事を読む

大人になってから、友達はできますか。

若い人と話すの、結構好きだなあ。最近になってそう気付きました。 40代半ば。年齢も見た

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    1.タイトルを読んだ時点
     「えっ、あかんの?」
    (独身で我が子がおらず、家族全員大人という事もあり。。。すみません)

    2.途中の「親や家の事情のせい・・・」
    30代頃、親は完璧な人間でなく普通の人なんですよ、という本を読んで、成人女性の激しい感情の塊を完璧でない親におっ被せるって違うな、と気付いた事を思い出しました。
    お陰さまで、親に対するドロンドロンはほとんどなくなりました。

    3.途中の「父親は数年前大病」(親近感?)
    40代にすっかり馴染み肥満道を着実に歩みだした頃、父が大病になり数か月入院。
    その間に健診で「痩せ気味」判定になるまで、ダイエットせずに減量していました。
    父ちゃん、ありがとう!!
    今は絶賛リバウンド中です。
    大病後ガクンと親の老人度がアップしたので、私に「年とったらこんな風になるよ。」という事を教えてくれていると感じる、今日この頃。

    4.読後
    できるだけご機嫌で元気な状態でいてほしいと親に思うように、私もそうありたい。
    そして、できれば世界も平和になってほしい。

    夏休みの予定から帰省、世界平和の方法提案の幸せの自給自足。
    話が広がった分、タイトルと読んでる途中と読後に思う事が移り変わり、いつもながら楽しませていただきました。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      ありがとうございます。タイトルがちょっと釣りっぽかったですかね(汗

      >私に「年とったらこんな風になるよ。」という事を教えてくれていると感じる

      確かにそうですね。
      私の場合は父親がガチの酒飲みでして、「私はこの人の血を引いているのだから無茶をしてはならぬ」という戒め的な存在になっております。が、若い頃からあんなに呑んでてもこの年まで普通に長生きできるのか、と不思議に思う部分もあり、健康管理とはなんぞや、と考えることも。

      毎度話の落とし所を決めずに書き始めて書きながら着地点を探している状態なのでお読みいただいている方の思考もあっちこっちへ引っ張ってしまいますが、今後もおつきあいいただけると嬉しいです。

  2. カワ より:

    人生の自給自足、なんかいい言葉ですね!

    • crispy-life より:

      カワさん

      ありがとうございます。
      なんかもう少しいい表現ないのかって感じですが…精進いたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑