なぜ私たちは、自分のことを話すのが好きなのか。

公開日: : 生き方と考え方




charge_cafe

自分のことばかり話してしまったら、あ、なんかつまらないことまで喋っちゃったな、とか、言わなくていいことを言ってしまった気がする、などと、後でちょっと後悔したり、恥ずかしくなったりする。

しませんか。

会うたびに落ち込む友人関係。

人の話を聞くのはさほど苦にならないのだけど(もちろん、内容にもよる)、対話って難しい。でも、人間は基本的に自分のことを話すのが好きらしいって本当ですか。

なぜ私たちは自分のことを話すのが好きなのか

161223ny2

ずいぶん前の記事になりますが。

なぜわたしたちは自分のことを話すのが好きなのか?:研究結果(WIRED)

ハーヴァード大学社会的認知・情動神経科学研究所(Harvard University Social Cognitive and Affective Neuroscience Lab)の科学者たちはこのことを研究し、人は自分自身について語るときには、生理学的に快感を得られることを発見した。その理由は、その行為が脳の快楽や満足に関係する脳の神経領域を活性化させるからだ。

快楽や満足に繋がる、となればやはり、我々は自分のことを話すのが好きなのでしょう。「話す」のみならず「書く」についても同じだとしたら、話すのが下手な私も頷ける話。実際この記事はSNSにも言及しているので、自らの思考を開示しがちなブロガーなどは、モロ当てはまるような気がします。毎日嬉々として書いているもんね。

快感があるからこそ人は「自分語り」などと揶揄し、自分のことばかりを話すのはいささか恥ずべき行為であると認識しているのかしら。

そして聞き役がいようがいまいが、話す快感は得られるというのはなんとなく物悲しい。快感が得られたとしても、ひとりごと、一人語りというのはそうよろしくない習慣な気がするのですがどうなのか。

建設的な自分語りのための瑣末リスト

hi-sukhumvit-hostel19

少し前の記事でひとりごとを言いがちであると書いたけれど、最近になっていよいよ増えた気がする。我ながら漫画かよ、と思うくらい。

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

よっこいしょなどの掛け声のみならず、多種多様なひとりごとバリエーションをストックしており、最も厄介なのはふと浮かぶ恥に対する魂の叫び。恥自体も、叫ぶ行為も恥ずかしいんだけど、過去に自らが検証した通り、新たな恥によって過去の恥は色褪せていく。

つらい過去を忘れる方法。

そして新たに生み出した恥が、めでたく我が人生の恥ランキング上位に食い込んでも、数年後にはまた笑い話として「自分語り」して、昇華していくのかしら。

意気揚々と語りたいようなエピソードや、ぜひ覚えておきたいネタ、やりたいことなどはあっという間に忘れ、忘れたいことは忘れられず。その繰り返しではなんだかソンした気分になるので、先日よりEvernote内で「瑣末リスト」を開始しました。

愛用中のToDoリストマネージャを教えてください。

取るに足らないことだけれどもやりたいこと、覚えていたいことを、このリストにどんどん放り込み記憶し、日々を充実させるのだ。

今のところリストアップしたのは

  • コロッケそばにチャレンジする
  • スニーカーをコインランドリーで洗ってみる

の2点。あれ、なんだか話の方向性が突如変わった気もしますが、私はいつだって真剣です。

 




関連記事

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

「ため込む生活からミニマリストになった方、教えて」

もう2年ほど前のトピックですが、納得できる部分があったのでシェアします。 >&g

記事を読む

恋するボディビルと結弦ファイル。

筋肉を愛でる女性が増えているとかいないとか、テレビで見ました。 筋肉。己のそれではなく

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑