会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

公開日: : 最終更新日:2019/08/30 これからの働きかた




Taichung-hotel-10

世は大副業時代。いや、「複業」時代。

社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため、本業以外の顔を持つ人の数は以前に比べて確実に増えているのでしょう。今はまだ着手していないけれど、準備が整えばアレコレしたい!と考えている副業予備軍も多い模様です。

独立起業なんてしなくても、フリーランスにならなくても、いろんな仕事にチャレンジできる。

なんて恐ろしい世の中になってしまったのでしょうか。

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖

tokyostation

怖い怖い、怖い時代だ。

なりたい自分になる、副業で人生を変える(日経doors)

日経doors読者アンケートでは、98%が副業に「興味あり」、66%が「副業している知人がいる」と回答。

何が怖いって「社会人エリート」の正社員がフリー案件市場に大挙してやってくることですよ。これまではフリーランス人材で回っていたエリアに大手企業で長年お勤めしている実績のあるスーパー助っ人副業人が参入してくるのですよ。

まるで勝てる気がしない。今も別に過酷な争奪戦には参入していないけれども、勝てる気がしない。

長年フリーで活動を続けている売れっ子の友人に以前、ピン芸人で成功する秘訣を聞いたところ

「きちんと連絡を取る、納期を守る、礼儀正しく対応する。これを守るだけでなんとかなる」

と断言されました。曰く、ストレスのないコミュニケーションができ、ミスやトラブルきっかけの着信拒否逃亡などせず、設定された締め切りの2日前に納品するだけで、クライアントから信頼され、これらを守れない他者をリードできた、らしい。

才能もスキルもある人の言うことなのでこれが全てではないし、無論謙遜も入っているのだろうけど、あながち的外れでもない気がします。締め切りぶっちぎって消息を立つフリーランサーなんて、そう珍しい存在でもないからね。

そう、フリーランスとは何も腕に覚えのあるスペシャリストばかりではなく、お勤めしたくないばかりに消去法で個人事業主という働き方を選んだ人間も多いのだ。

なんてことをいうとフリーの人に叱られそうだけど、少なくとも私自身がそちら側の人間であると認識しています。会社員経験はあるので、今でも頑張ればできるかもしれないけれど、同僚の足は確実に引っ張りまくる。

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

年齢もパフォーマンスも同等だとしても、謎のフリーランスと現役正社員で本業もバリバリのスーパー副業人のどちらに発注したいかと聞かれたら、後者じゃない?私ならそうするよ。なんか信用できそうだもの。

というわけで、2019年8月時点でのクリスピー総研の見解は「会社員の立場のままで、やってみたい仕事を副業として小さく始める、これ最強」であります。わたくしは目の前の締め切りを守ることに全力を注ぎます。

自分で仕事を作る方法、副業、複業、週末起業。

 




関連記事

50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が出てきて驚く。それは、あれ?こ

記事を読む

人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね。まだ全然馴染んでないのに、令

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

40代残りの20年、その先の20年。

ざっと残りは20年、ってとこか。 その言葉に、思わず顔を見合わせる。 「まあまあ、長

記事を読む

自分のことになると途端にわからなくなるという話。

おそらく誰しもそうでしょうが、この人と会う時のメイントピックスはコレ、みたいなのありますよね

記事を読む

枝垂れ桜

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作

記事を読む

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑