会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

公開日: : 最終更新日:2019/08/30 これからの働きかた

Taichung-hotel-10

世は大副業時代。いや、「複業」時代。

社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため、本業以外の顔を持つ人の数は以前に比べて確実に増えているのでしょう。今はまだ着手していないけれど、準備が整えばアレコレしたい!と考えている副業予備軍も多い模様です。

独立起業なんてしなくても、フリーランスにならなくても、いろんな仕事にチャレンジできる。

なんて恐ろしい世の中になってしまったのでしょうか。

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖

tokyostation

怖い怖い、怖い時代だ。

なりたい自分になる、副業で人生を変える(日経doors)

日経doors読者アンケートでは、98%が副業に「興味あり」、66%が「副業している知人がいる」と回答。

何が怖いって「社会人エリート」の正社員がフリー案件市場に大挙してやってくることですよ。これまではフリーランス人材で回っていたエリアに大手企業で長年お勤めしている実績のあるスーパー助っ人副業人が参入してくるのですよ。

まるで勝てる気がしない。今も別に過酷な争奪戦には参入していないけれども、勝てる気がしない。

長年フリーで活動を続けている売れっ子の友人に以前、ピン芸人で成功する秘訣を聞いたところ

「きちんと連絡を取る、納期を守る、礼儀正しく対応する。これを守るだけでなんとかなる」

と断言されました。曰く、ストレスのないコミュニケーションができ、ミスやトラブルきっかけの着信拒否逃亡などせず、設定された締め切りの2日前に納品するだけで、クライアントから信頼され、これらを守れない他者をリードできた、らしい。

才能もスキルもある人の言うことなのでこれが全てではないし、無論謙遜も入っているのだろうけど、あながち的外れでもない気がします。締め切りぶっちぎって消息を立つフリーランサーなんて、そう珍しい存在でもないからね。

そう、フリーランスとは何も腕に覚えのあるスペシャリストばかりではなく、お勤めしたくないばかりに消去法で個人事業主という働き方を選んだ人間も多いのだ。

なんてことをいうとフリーの人に叱られそうだけど、少なくとも私自身がそちら側の人間であると認識しています。会社員経験はあるので、今でも頑張ればできるかもしれないけれど、同僚の足は確実に引っ張りまくる。

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

年齢もパフォーマンスも同等だとしても、謎のフリーランスと現役正社員で本業もバリバリのスーパー副業人のどちらに発注したいかと聞かれたら、後者じゃない?私ならそうするよ。なんか信用できそうだもの。

というわけで、2019年8月時点でのクリスピー総研の見解は「会社員の立場のままで、やってみたい仕事を副業として小さく始める、これ最強」であります。わたくしは目の前の締め切りを守ることに全力を注ぎます。

自分で仕事を作る方法、副業、複業、週末起業。

 




関連記事

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りでやや肌寒く感じるけれど、最後に

記事を読む

あまりにも充実したおこもり生活。

初めての在宅勤務に、戸惑っている。そんな人も多いのではないでしょうか。 急遽フルリモ

記事を読む

2020年の売り上げ金額、老後の不安。

2021年1月の最終日ではありますが、2020年の集計作業をしておりました。昨年は何しろ例

記事を読む

客筋のいい料理店、怖くてもやってよかった。

おっかなびっくりで主催したイベント、昨日無事開催いたしました。 働いている人も、働いて

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

【キャンセル待ち受付中】たくさんのお申し込みありがとうございました。

来年1月に開催予定のイベント「今から10年後の働き方を考えよう」。 人生100年時代、

記事を読む

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかな

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

今までと同じことができなくなる焦り。

この暑さのせいで仕事が進まなくて〜、というのは単なる言い訳。怠け者の戯言でしかありません(当

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

にじますのねぎ油蒸し
にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのち

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

→もっと見る

PAGE TOP ↑