持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ミニマルライフ, 冷え性改善

snow

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて

「おまえは寒い寒いとうるさい割にいつも薄着なのはなぜだ。バカなのか」

と罵られたので、ああ私そういうとこあるよねと我が家の暖房環境を説明したらばさらにバカにされまして。

ひどいじゃないか。でも、言動と行動が伴っていない自覚はあるのです。

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒

2yutanpo

冒頭の友人に披露して呆れられた現在の暖房環境とは湯たんぽと布団のツートップ。

椅子に座っていると容赦なしに襲ってくる足元の冷えには主に湯たんぽの「親」で対応し、

湯たんぽで足をロックする季節になりました。

就寝時のお供には湯たんぽの「子」を愛用。

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

寒がりのくせに毛布も使わないなんて信じられない、と散々言われたけれど、ペラペラ布団も「子」を忍ばせれば汗ばむほどに暖かいのですよ。

持たない暮らし、毛布のない家。

もちろん極寒時期にはエアコンも使用しますが、基本はこのツートップ、いや、スリートップ?ツーポイントファイブトップ?でここ3年間戦ってきたのです。

現在の住まいは蓄熱性に優れており、晴れた日は暖房いらずでぽっかぽかだからなんとかなるのだ。と、いくら説明すれど、住まいのあちこちに複数台を設置し華麗に操るセラミックファンヒーターの魔術師からは同意を得られませんでした。そりゃそうか。

冷え性の冬 セラミックファンヒーターを導入した3つの理由

セラミックファンヒータの快適さと素晴らしさを語る魔術師宅では、ミニサイズのヒーターを部屋にはもちろんキッチン、浴室の脱衣スペース、トイレ等にそれぞれ設置しているという。さすがにそれは多すぎやしないかと思うけど、何を快適と感じるかは人ぞれぞれですからね。台数について論じることに意味はない。

さて、今回得た情報をきっかけとして突如セラミックファンヒーター導入に踏み切った理由は3つ。

  • 早朝に身支度をする機会が増えた
  • 小型のものでもそれなりに効果があるらしい
  • 安価で返品可能なものがあった

今月に入ってから仕事の都合で早朝から身支度を整えねばならない機会が増えまして。

忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

もともと早起きなんだけど、ご近所ファッションでだらりと過ごす日と一応ビジネス仕様に整えねばならない日とではかける時間も気持ちの持ちようも異なります。よって、瞬時に足元を温めてくれる器具があれば日が昇る前、暗くて寒い時間の起床と準備がラクになるかなと思った次第。

ふたつめの理由は、サイズ。今までノーマークだったもので、シーズンオフにはクローゼットにぽいっと入れておけるくらい小さいヒーターがたくさんあることをこの度初めて知りました。それなら邪魔にならないからいいかと。

早速検索してみるとお手頃価格で返品可能なものがあったので物は試しと導入に踏み切りました。優柔不断で買い物にやたらと時間がかかる私ですが、今回はかなりの即決め即買い。実物がイマイチだったら面倒がらずにちゃんと返品しようと考えての行動であります。

収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

湯たんぽメインで突っ走るかと思われたところに急遽投入されるニューフェース。これで我が家の暖房環境はいよいよ完璧になったと考えているのですが、言い過ぎでしょうか。こんな小さいヒーター買ったくらいで調子に乗りすぎでしょうか。

ずいぶん前に電気ストーブを手放して以来のエレクトリカル足元暖房器具の実力はいかに?しばらく使ったのちにまたレビューします。




関連記事

なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。 スマホの話です。 ス

記事を読む

今日捨てたもの 8/5 ティファールの鍋セット。

「これ、もういらないかも」 それまでは全く捨てるつもりがなかったものでも、突然そんな風に感じる

記事を読む

持たない生活と鞄の中身。

今日の午後は打ち合わせで青山方面へ。 日中はまだまだ汗ばむ陽気。 けれど夜は肌寒

記事を読む

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

寝坊した日に選ぶ服。

うっかり寝坊してしまった朝。 ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パン

記事を読む

ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

By: Diana Parkhouse[/caption] 決まらない、決まりません。

記事を読む

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

靴下が片方ない(怒)

By: Eden, Janine and Jim[/caption] 子供って生意気ですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メ

長きに渡るご利用、誠にありがとうございました。

苦節6年、とうとう乗り換えに成功しました。今年の春こそ環境改

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

→もっと見る

PAGE TOP ↑