「ドライヤーなし生活」継続決定、その理由。

公開日: : 最終更新日:2016/08/24 ファッション, ミニマルライフ

秋口にドライヤーを購入するかどうするか迷っていました。


参考
必要か、不要か。現在思案している2つのモノ。

…これ、10月に書いてますね。
寒くなるのがよっぽど怖かったんでしょうね。

寒さに怯える割には決断を先延ばしにしているところにずぼらさが発揮されています。

さて、どうしようどうしようといいつつそのまま真冬になりましたが、購入しませんでした。

 

ドライヤーが必要ない髪型になった

理由は簡単、髪を切ったから。

40代のヘアスタイルについてはロングはそろそろ無理があるとか、ショートだとおばさん化に拍車がかかるとかいろんな説(?)がありますが、私が髪を短くする最大の理由は、白髪です。

参考 ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

かなり短めにしたい、とオーダーしてもなんだかんだ断られること数回。
この度晴れて冬場でもタオルドライで不安がない位のショートにすることができました。

とはいえ、「きちんとセットするならドライヤーは持つべきですよ」とスタイリストさんに言われましたけどね。

もちろんドライヤーを持ちたくないがためにショートにしたわけではありませんが、床に髪が落ちるのも気にならないし、ラクだし、今のところ気に入っています。

 

洋服が似合わなくなるのは髪型のせいもあるのかも

また、先日服に迷っているという話をしました。

参考 靴と鞄に求めるものが変わってきたのを実感する40代。

これ、髪を切って少し解消された気がしています。

髪を切ったおかげでまた似合うようになった!なんていう単純なことでは決してないのですが、ちょっと手が伸びなくなっていたアイテムにも再び注目するように。

特に、「ちょっと派手かな」と感じ始めていたものが大丈夫になりました。
おそらく頭周りが地味になったせいでバランスが取れるようになったのでしょう。あくまでも「自分の中で」でしかないですが。

逆にニット+デニムというようなシンプル過ぎるコーディネイトはショートヘアになるとさらに怖いです。自分の内面の稚拙さが剥き出しになるような恐ろしさ(大げさ)。カバーしてくれるものは何もない、という感覚に陥るのは、非常に怖くもあり、もっと成長しなくてはと考えさせられる精神鍛錬のようなものでもあり。

たかが服、考えすぎですかね。

 

着るものに迷ったら、髪を変えるのもアリ

40代はファッションの転換期であることは間違いないと思います。

が、「何を着てもしっくりこない」のは、もしかしたら服のせいだけじゃなくて髪型の影響もあるかもしれません。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

今の自分と気分に似合う髪型を発見できれば、お気に入りのアイテムが再び輝く可能性も無きにしも非ず。

長年同じ髪型で定着している人ほど、ヘアスタイルを変えることに抵抗があるかもしれません。でも、あまり深刻に考えなくても大丈夫、髪は切ってもまたすぐ伸びるから、ね。

 




関連記事

フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

これ、観に行こう。 ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノ

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

憧れのキッチンワゴンは導入できず。引っ越し散財日記その3。

奥さん、お盆です。 台風が来るとかこないとかいう噂もあったので、相変わらず新居の整理

記事を読む

持たない暮らし、引越し作業は20分。

By: John Benson[/caption] 家もいいけどまわりもね。 ということで、新

記事を読む

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

サングラス

アクセサリーはどう使う?これからのコーディネイトを考える。

By: liz west[/caption] もともとジュエリー的なものに興味はないのですが。

記事を読む

暑すぎる夏、Tシャツに足すアイテムは。

長い長い梅雨が明けてからは暴力的な暑さが続いております。よって、今年も頼るは当然Tシャツ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑