さばの味噌煮、豆腐と三つ葉のすまし汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さばの味噌煮献立

さばの味噌煮。ど定番の和おかずですね。しかしよくよく考えてみれば、今までここにさばの味噌煮が登場したことはただの一度もありません。

晩酌献立を綴り続けて早4年。掲載献立数800パターン超。さばは好きな魚なのでそれなりの頻度で食べている。なのに味噌で煮込もうとしなかったのは一体なぜなのか。

その理由は全くわかりません。そして本日突然味噌煮を作りたくなったきっかけも謎です。

謎は謎のままで置いておくとして、久しぶりに食べたさばの味噌煮はなかなか結構なつまみとなりました。

さばの味噌煮、豆腐と三つ葉のすまし汁で晩酌

さばの味噌煮献立

  • 豆腐と三つ葉のすまし汁
  • 漬もの
  • 小松菜の柚子胡椒和え
  • さばの味噌煮

豆腐と三つ葉のすまし汁

豆腐と三つ葉のすまし汁

メインが味噌味なので、味かぶりを避けて汁ものはすまし汁に。汁鰹節と昆布でとった出汁に塩としょうゆで薄く味をつけ、豆腐と三つ葉を入れました。

漬もの

漬もの盛り合わせ

本日の漬ものは紅芯大根の甘酢漬けとキャベツのぬか漬け。

小松菜の柚子胡椒和え

小松菜の柚子胡椒和え

ゆでた小松菜をオリーブオイル、柚子胡椒、ポン酢で和えます。

さばの味噌煮

さばの味噌煮

フライパンに水、酒、みりん、しょうゆ、薄切りのしょうがを入れ煮立て、霜降りをして皮目に切り込みを入れたさばを入れて落し蓋をして煮ます。さばに火が通ったら3cm長さに切った白ねぎと少量の煮汁で溶いた味噌を加え、スプーンで煮汁をさばにかけながらとろりとするまで煮詰めたら完成。

前に作ったのが一体いつだったか思い出せないほどにお久しぶりのさばの味噌煮。こんなもん酒に合わないわけがないよねえ、ということで本日添えるはひやの純米酒。ごはんに合うおかずは酒にもうれしいのですよ。

日本酒にあうおつまみレシピ

過去記事を繰ってみると、さば+味噌の組み合わせの料理は作っておりました。さばと言っても、缶詰だけど。

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

なんというデタラメ料理。

こういうことになるのはそもそもが食材ありきの献立作りだから。メニューを決めて買い物するスタイルではなく、買い物に行った先の品揃えで今夜の晩酌つまみを決めているのです。よって、名もなきつまみを量産することになる。

たまに収集つかない組み合わせになることもあるけれど、大らかな性格の自分には計画性のないこんな食生活がお似合いかと思います。

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

 




関連記事

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

家飲み献立 9/8 花に嵐のたとえもあるぞ、中秋の名月に。

すっかり秋を感じる1日でした。 今日は中秋の名月でしたか。 そうと知っていれば日

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

にんじんの煮物献立

晩酌献立 にんじんと牛肉の塩煮、小松菜のからし和え。

台南で牛肉湯という料理を初めて食べました。 関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

家飲み献立 きくらげと卵の炒めもの、焼きなす。

豚肉シリーズラスト。 きくらげと卵の炒めものは結構好きなおかずでよく登場します。卵の炒

記事を読む

鶏肝煮 献立

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

久しぶりにレバーが食べたい。 そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっ

記事を読む

家飲み献立 11/23 ベーコンと白菜のスープ。

今夜は少し遅くなってしまったので昨日に引き続き軽めのディナーです。 軽め、といっても酒は呑

記事を読む

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め

里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかなか面倒な里芋。こういうぬめりの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑