捨てるのすら面倒なもの、ストックでこころ豊かになるもの。

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 ミニマルライフ, 捨てる

cebu-diary-06-2

久しぶりに整理して、何もない状態になりました。何もない。文字通り、ゼロ。

郵便受けにチラシやら何やらたまるのがすごくイヤで、ほぼ家に持ち込むことはありません。

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

しかし同じ役目のものでも現実問題スペースを取らないとなると、途端に捨てるのが億劫になるのはなぜなのか。

空っぽの受信トレイ

chiayi-hotel-12

キレイさっぱりゼロになったのはメーラーの受信トレイ。

近頃はちょっとしたやりとりはメッセージアプリを利用するのでメールの送受信はめっきり減りましたが、メール文化もまだまだ現役バリバリ。基本的に現在進行中とか要返信のものだけ受信箱に表示されるようにしておいて、その他は即削除、またはアーカイブするスタイルであります。

が、この作業を数日怠ると未読も既読もそのままの状態で受信トレイにどんどんと溜まっていき、だんだん分別が億劫になり、次第に手がつけられなくなる。当然、手がつけれれないのだから、つけない。結果、カオスとなる。

本日はたまたま気が向いたので、カオスに挑んだというわけです。

せっかく挑んでおいてこんなこと言うのもなんですが、削除したメールの90%以上が未読かつもはや不要なメールじゃなかろうかと思う。

銀行とかクレジットカードの利用リマインダメールあたりのセキュリティ関連は開封せずとも不要ではないが、本来読んでなんぼのインフォメーション、メルマガ系はほぼ読んでない。じゃあ購読止めろよという感じだけど、その作業を思うだけでげんなりするのです。

各社メルマガ担当者のみなさまには申し訳なく心苦しいし、自分の書いたメルマガが同じ目にあっていたらと思うと涙が溢れそうだけれど、今後その手のメールは別フォルダに振り分けてざっくりいってしまおうと考えた次第。

でも、初めてマイMacがインターネットに繋がった20年前のメルマガ(ってその頃あったのか)をまだ保存していたら果たして、とも考える。どんなだったか、ちょっと読みたい気もする。特に有益な情報なんてないだろうけど、こう、歴史資料として。迷惑メールの遍歴あたりもなかなか味わい深そうだもの。

ストックでこころ豊かになるもの

hongkong-foods-2

話は変わって、ストックについて。

日用品と呼ばれるものの予備は一切スタンバイしておりません。

予備って、例えば歯磨き粉とか洗濯洗剤とかシャンプーとか石鹸とか、そういう細々としたストック。2個セット売りだとか、キャンペーン的な何かでたまたまもうひとつついてきた、なんてケースは別として、予備がないと不安だからという理由にて買い増すことはありません。

まあこれはストックせずとも困りはしない都会の便利さに乗っかってるだけだけども。

依存ありきの儚いシンプルライフ。

よって、買い置きがないと不安だという人の心理はイマイチ理解できません。しかし、ああこういうことね、と思うこともあり。

それは、酒。酒のある暮らしの安心感は異常。

例えば、一升瓶。例えば、ビールの箱買い。例えば、ワインの複数本大人買い。オーダーしていたこれらが家に届いたときのとんでもない満足感。こういうのが豊かな暮らし、心の平穏に繋がるのね、と真剣に思う。

洗面所の棚に歯磨き粉を何本もストックしている人もきっと同じ気持ちなのでしょう。歯磨き粉が心の平穏に繋がるのであれば、まあそれもいいではないですか。少なくとも酒よりは健康的でしょう。磨けば。

なぜこんなことを書いたのかというと、今バッグインボックスの包容力に夢中だから。2Lとか3Lとか入ってて、レバーをピーってやるとワインがダーって出てくるやつ。もちろん誤解に過ぎないんだけど、永遠に注ぎ続けてくれそうなこの感じ、なんだかめちゃくちゃ幸せじゃないですか。

軽いし、酸化しないし、捨てるの簡単だし、ボトルワインとはまた異なる次元で、満たされる。

キッチンで蛇口ひねったら生ビールが出ればいいのになあと夢見たことは一度や二度じゃないけれど、そんな夢に似た喜びがバッグインボックスには宿っている。ということを、今、誰かに伝えたかったのです。ボックスつながりの受信ボックスのくだりも今となっては単なる前フリです。

ミニマリストの持たない暮らし

そして今夜の音は、room335。

 




関連記事

ミニマリストとスーツケースの選び方。

ミニマリストとスーツケースはなんだかセットで語られることが多いような。荷物を詰め込んで即飛び

記事を読む

収納のない部屋用にストレージボックスを買ってみた。

先日から検討していた収納問題について、ようやく一歩前進しそうです。 >>参

記事を読む

スマートフォンのない生活 ’19

このままでは、画面を見つめるだけで人生が終わってしまう。 眼精疲労と腱鞘炎風の何かにや

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

「ドライヤーなし生活」継続決定、その理由。

By: _Tophee_[/caption] 秋口にドライヤーを購入するかどうするか迷ってい

記事を読む

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

宅配で買取不可になったブランドアイテムを実店舗に持ち込んでみた。

先日宅配買取で「お断り」をくらってしまったブランドアイテムたち。 参考 ZOZO US

記事を読む

人間より、モノのほうが信じられる。

ここのところ訳あって依存に関する書物を読み漁っています。 その中で 「人間は人(

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

トートバッグをポットカバーに

いただきものの第二の人生。

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える式にシフトしてからずいぶん経ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑