ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ。

公開日: : 最終更新日:2017/12/24 ミニマルライフ, 旅人への道

cebu-esl-1w3

この4週間書き続けてきた滞在日記。最初から計画していたわけではないのだけど、途中からは意図的にタイトルをつけておりました。その結果、今回の日記群は

「ないないシリーズ」

として完結。

最終回宛ていにいただいたコメントを拝読し、おお、気づいてくれたのね、とちょっと嬉しかったりして。

ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ

cebu-diary9_3

タイトルに「ない」をつけ続けたのはほんの思いつきのお遊びだったけれど、実際の生活の方も文字通りないないづくし。今回の旅の荷物は参考書類のおかげで思いのほか重くなってしまったものの、必要最低限の生活用品だけ詰めたスーツケースをお供に、テレビもない、冷蔵庫もない、がらんとした部屋で過ごすのは実に久しぶりの経験でした。

荷物の量だけで言えば、鞄ひとつだけを持って出かけた昨年の台湾一周旅行のほうが断然「ない」状態だったけれど、あれは毎日移動を続けるスタイルの旅。

関連 台湾一周 一人鉄道の旅

今回のようにまとまった期間同じ部屋で過ごすのとはちょっと種類が違うというか、同列には語れない。

服は少数精鋭で同じアイテムを日々ローテーションするスタイルだったし、今回の目的には洗面道具や化粧品、勉強道具以外にさほど必要なものもない。

関連 服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月

よって、部屋は散らかりようもなく、退寮のための部屋の片付けもパッキングもあっけなく終了。あれこれ考えずにただただやるべきことだけしていればよかったこの1ヶ月。そりゃまあ慣れない留学生活は大変なこともあったけれど、正直なところ、すこぶる快適でした。

何もなくても人生は十分複雑だから

cebu-diary-122

スピーキングの授業やグループレッスンのお題で度々モノの量に関する話題が取り上げられました。例えば、モノはたくさん欲しいか、買い物は好きかとか、旅の荷物は多い方がいいか、それとも少ない方ががいいか、など。

当然ながら私は「少ない方が快適派」の立ち位置。それは普段からここで散々語り尽くしているネタであるのでさほど苦労することなくポイントを伝えられたのだけど、中でも一番ウケたのがこの内容。

関連 身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

確かに、人生においては考えること、しなくちゃいけないこと、そしてしたいことが山ほどあるのだから、いらないモノの整理にばかり時間を取られている余裕なんてもはやないよね。と、このフレーズをやたら気に入って笑う講師もいました。

ウケてよかった。ブログもたまには役に立つじゃないか。

複雑な人生を軽やかに生き抜く知恵

cebu-esl-1w6

ところで今回の滞在が思った以上に快適だったのは、幸い部屋が気に入っていたから。

壁の塗装があちこち剥がれている部屋はお世辞にもきれいとはいえないし、おしゃれでもない。シャワーの水圧も温度もギリギリ許容範囲内といったところだし、リネン類のセンスもどうかと思う。けれど、ガランとしたシンプルな部屋は妙に落ち着くし、天井の高さもありがたい。何より、大きな窓から見える山並みと大きな青空のコントラストはそれだけで十分清々しく、ベッドに寝転んだ状態でそれを眺めるのは何もない部屋でのちょっとした楽しみになっていました。

何も持っていなくても、楽しいこと、お気に入りの瞬間は見つけられる。すべてが完璧に理想通りじゃなくても、これはいいね、いいよいいよ、悪くない、と賞賛できるポイントを見出し、愛でる能力は、複雑な人生を軽やかに生き抜くための知恵となり得る、かもしれない。

ミニマリストの持たない暮らし

なんていいながら、自宅に戻って我が日常と身の回りのものたちと再会したらばホッとするはず。それはそれでまた、愛しい瞬間なのだけどね。

 




関連記事

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

大人の短期語学留学体験記 出発前に絶対にすべきこと。

フィリピン・セブ島にて1ヶ月の短期語学留学体験中です。 関連 大人の短期英語留学記録

記事を読む

ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

ホーチミンから寝台列車に乗って、ニャチャンに到着しました。 ホーチミンからニャチャンへ

記事を読む

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

持たない暮らしのデメリット。

By: David Hilowitz[/caption] 「多くのモノを持たない今の生活のデメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑