持たない暮らしと買い物について改めて考える。

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 ミニマルライフ, 捨てる

今月は毎日1つ、何かを手放す月間です。

※追記 ゴールしました
参考 8月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

が、忘れないように買ったものも記録しておこうと思います。

といってもわざわざ記録するほどの買い物量ではないんですが。

備忘録ということで。



 

2014年7月に買ったもの

babushe

  • 室内用バブーシュ

以上。

もちろん、化粧品などの消耗品や食料品はのぞいてですが、ホントにこれしか買ってません。びっくり。

あ、ちなみにバブーシュ購入から1週間ですが、多少マシにはなったもののまだ全然臭います。臭い。無臭になる日が来るとは到底思えません。たまに思い出したように陰干ししてみたりはしますが、そのうち慣れるだろうと半ば諦めの境地です。

>>参考
モロッコバブーシュの臭い取り、対策。

モノを「なんとなく」増やさないという決断

以前は買い物をしなきゃ感性が鈍るんじゃないかとか、友達にケチだと思われるのがイヤだとか、そんな理由でモノを買っていたような気がします。今思えば、ですが。

今「本当に必要なモノしか持たない(=買わない)」生活を実践してみると…特段困ることも、ストレスになることもないですね。以前に比べて人前に出る仕事や用事が少なくなったのも大きな理由かもしれませんが、自分の意思でやっている生活スタイルなので、買い物をしていないことをみじめだとも思いません。あ、もしかしたら、やたらと買い物をしない目的が「節約」だとしたらちょっとみじめな気持ちになるのかなあ。だったら、ストレスなくコスト削減できるミニマルライフは節約方法としても優れていますね。

以前は「欲しいものを欲しいときに買える生活」こそが理想の暮らしだと信じていました。もちろん、その頃は本気でそう思っていたのでそれでよかったのでしょう。が、「欲しい」からじゃなくて

「なんとなくお金を使いたい気分」
「持ってたらちょっとカッコいいかも」
「羽振りのいい人に見られたい」

なんていう「見栄」で買っていたもののなんと多いことよ。自分はあまり人目を気にしないわが道を行くタイプだと思っていたのですが、この有様ですよ。ああ、恥ずかしい。

 

「お買い得中毒」から抜け出そう

sale

「モノを増やさない」とルールを決めてしまうと、「お買い得」に惑わされずにすむのも助かります。
ついつい手を出してしまうセール品。「欲しい、必要」じゃなくて「安いから、お得だから」買うって、よく考えたらヘンですよね。
実は先日、近所のスーパーが安売りの日で、野菜と果物が超お買い得だったんです。
ああ、桃もぶどうも100円ですって?!これは買わなきゃ~、なんて飛びついたのですが…。
よくよく考えると、その日は別にフルーツは食べたくなくて、野菜のほうがずっと食べたかった。
あれもこれも買うとうちの冷蔵庫のキャパオーバーしちゃうし…なんて考えた結果、買いませんでした、フルーツ。

って、これはちょっと極端というか、フルーツくらい買っても買わなくてもどっちでもいいんですが、「本当は別に今欲しくないのに安いから買ってしまう」という心理について改めて考えるよいきっかけになりました。
「お買い得中毒」、野菜や果物ならまだしも洋服とか鞄になるとちょっとした事件ですよ、スペース的にも経済的にもね。

 

本当の望みがわかるとモノに逃げなくてすむ

flower
昔からモノの少ないすっきりとした部屋で生活したい、と望んでいたのに、服や鞄はたくさん欲しいという矛盾がありました。服がたくさん入る大きなウォークインクローゼットがあるマンションに住みたい!と思っていたし。
思えばその頃は仕事も恋愛も生活もそれなりにうまくいっていたはずなのに、なぜかいつも心のどこかに不安を抱えていました。もしかしたら自分のやりたいこと、心から望んでいる環境と目先の喜びとの整合性のとれなさが精神的負担になっていたのかもしれません。結果、たいして欲しくもない高級品を買って身につけることで自信をつけようとしたり。

今この歳になってようやくいろいろな考えや欲望が自分の中で一本化されつつあるのを感じます。諸先輩方が「40過ぎるとラクになるよ」とおっしゃってたのは、こういうことなのかな。
もちろん若い頃はある程度の失敗も必要だし、今更大きな後悔はありませんけどね。

こうして日々どんどん大きな荷物を下ろし、必要なものを迎え入れていくことで、自分と自分の生きかたに自信が持てるようになるといいな、なんて期待しています。




関連記事

素焼きミックスナッツ

素焼きアーモンドに飽きたらミックスナッツがおすすめ。

乾きもの。 その言葉の意味を知ったのはまだ私が可憐な少女だった頃のこと。なんて大人っぽ

記事を読む

ミニマリスト 女性 ファッション

ミニマリスト女性の服とファッション。

本日は服とファッションのお話を。出来るだけモノを持たずに生活したい、とはいえ適当なものを選ん

記事を読む

By: Thangaraj Kumaravel

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

newbluebag

ナイロントートがものすごいスピードで汚れる。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、もしかすると、素材云々色どうこ

記事を読む

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

birdland_6

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

By: Martha Soukup

最小限の持ち物を最大限に活かす。

By: Martha Soukup[/caption] 昨日は週に1度の休肝日、そして休胃日

記事を読む

By: wsilver

今日捨てたもの イッチスクラッチサイクル。

By: Jason Trbovich[/caption] 得意のLINEスタンプ顏を封印して

記事を読む

money

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
【キャンセル待ち受付中】たくさんのお申し込みありがとうございました。

来年1月に開催予定のイベント「今から10年後の働き方を考えよう

さばの味噌煮献立
さばの味噌煮、豆腐と三つ葉のすまし汁献立。

さばの味噌煮。ど定番の和おかずですね。しかしよくよく考えてみ

snow
持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先

さばとわかめのねぎ酒蒸し
さばとわかめのねぎ酒蒸し、三つ葉奴献立。

さばの半身が驚きのお買い得価格で手に取らずにはおれませんでした

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

→もっと見る

PAGE TOP ↑