去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

公開日: : 最終更新日:2016/09/14 ファッション, ミニマルライフ

meguro17

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。

あれこれ他のことに気を取られているせいか

「さて、今年の秋ファッションはどうしましょう?」

というテンションにはまだなっていないのですが、ぐずぐずしてると本格的に秋がやってきそうですね。ちょっと考えよう。

偏愛アイテム未だ現役

code1

秋ファッションといえば2年前に愛用品について熱く語っておりました。

関連 秋のファッションと定番アイテム

あれからもう2年、と考えると過ぎ行く年月があまりに恐ろしく一体この2年何をしていたんだろうかとうっかり走馬灯を回し始めてしまいますが、とにかくこれらのアイテムは全て未だ現役であります。

といっても10年選手、15年選手たちと合わせるアイテムやらコーディネイトやらは年々少しづつ変化しているので、2016年も今の自分らしいやり方で使い続けるつもりです。相変わらず物持ちよくてすみませんね。

秋も着回す長袖カットソー

そして去年の秋といえばなんだか全然服買ってなかったなあ、としんみりしておりました。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

あれからもう1年、と考えると過ぎ行く年月があまりに恐ろしく一体この1年何をしていたんだろうかとうっかり走馬灯を回し始めてしまいますが、そういや今年は夏の盛りに新しく導入したアイテムがあったのでした。

少ない服で着回す秋

ベージュの薄手ニット、というかカットソー。クルーネックのシンプルなシルエットなんだけど、袖口と裾周りにスリットが入っていたりと若干デザイン加工されています。

これ、7月のセールで入手したものなので夏場は白のキャミソールを入れてさらっと着ておりました。インナーを長袖にしたり薄手のタートルを入れたり、写真のように首元にスカーフを巻いたりして秋も引き続き活用する計画です。

ちなみに購入場所はZARA。このカットソーと一緒に冬用のあったかストールもゲットしたのでした。ファストファッション系では一番好きなZARAだけど、買い物したのは一体何年ぶりだったろうか。去年末はスペインのZARAで買う気満々だったのに、これってものが見つけられなかったしね。

関連 欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

まだまだ本格的な秋でもないし大掛かりなお買い物計画はありませんが、秋冬もののトップスを追加で購入するならば長袖にする、とだけは決めております。去年あれだけ書いたのでさすがに七分袖の呪縛からは脱することができたようです。

ミニマリストの持たない暮らし

クローゼットに大きな変化はないけれど、去年の私はもうおらず、今年は今年の自分と付き合う。2016年秋、どこから手をつけていきますかね。とりあえず髪でも切りにいくか。

 




関連記事

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

洋服が少なくて本当によかったと思った話。

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。 リュックサックしょって街に出ない。 抜群の

記事を読む

40~60代、おとな女性の一人暮らし。

10/30に主婦の友社から「自分らしく、ひとりで暮らすということ」が発売になりました。

記事を読む

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

先日仕事で某企業主催の説明会に参加してきました。 社内の会議室を利用して開催されたものです

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

MacBook Air '11

MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

By: Alejandro Pinto[/caption] そろそろパソコンを買い替えたい。

記事を読む

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不思議な事件が起こったのは、今年

記事を読む

最小限の旅の洋服。暑い場所でストレッチスカートを着回す。

By: Garry Knight[/caption] 今回の旅は「増やさない」がコンセプトだった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑