40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 ファッション

mikli

サングラスが好きです。

「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

私は出掛ける時には必ずサングラスを着用します。ファッションアイテムとして好きだからというのもありますし、目から入る紫外線を防ぐ為でもあるのです。

参考 強さ増す紫外線。あなたの目は大丈夫?(NHK News watch 9)

 

PRADAのコレクションで使用されたサングラス

mikli2

このサングラスを手に入れたのはかれこれ20年近く前でしょうか。
PRADAのコレクションでスタイリングされていたベージュに赤の組み合わせの大振りサングラスがあまりにも素敵だったので、あちこち調べてみて初めて知ったアイウエアブランドが「alain mikli」。今まで見たこともないようなグラマラスなシェイプや艶やかなカラー使いに夢中になりました。

ランウェイでモデルさんが掛けていたサングラスは既に完売・廃盤でしたが、探して探してやっと手に入ったのがこの色違いの同型モデル。

が、若かりし日の私がかけると肩に力が入りまくってるというか、めちゃくちゃお洒落を頑張ってますよ!感が否めなくて、モノはいいのに私が使うとクールじゃないなあ、せっかく探しまくって手に入れたのになあ、なんて残念に思っていました。

が、先日久しぶりにかけてみたら、あら、不思議と似合うじゃない。
しかも頑張ってる感は皆無で、とてもナチュラルな雰囲気を作れている自分に驚きました。

この感覚は我がブログのアイコンでもあるジャックルコーの帽子に感じたことと酷似しています。

参考ファッションアイテム、捨てる/捨てないの基準。

そうか、これは酸いも甘いも経験した大人の女性にこそしっくりくるアイテムだったんだ。と、ようやく理解できました。

40代女性のファッション

そして、そう感じられることこそが「年の功」の喜びかもなあなんて考えながら、ちょっと笑ってしまいました。

うーん、年を取るって悪くないね。

 




関連記事

10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

夏の断捨離キャンペーン実施月間と比べるとさほど大きな動きはありませんが。 参考 8月

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

遅刻をしても服に迷う女でいたい。

By: Ted Sullivan[/caption] 「会社に遅刻しても服に迷う女でいたい」

記事を読む

ラクな服、これでいいのか。

台風まで来てしまったし、今回はやや失敗気味だったか。 関連 重視すべきは大きさよりも重

記事を読む

もう、おしゃれを諦める。

諦めました、あなたのことは。 どうも、ナオコです。ナオコ、寒いです。 ここのとこ

記事を読む

冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。そう書いてから早4年が経過しておりました。

記事を読む

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

By: Sam Churchill[/caption] へええ、と思ったのですが。 参考 女の

記事を読む

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なの

記事を読む

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑