旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

そろそろ旅の準備をしなければ。

なんて言いつつも、旅は好きだけど準備は面倒な私。ウキウキいそいそと早くからあれこれ持ち物を整えておく、ということができません。持ち物の総量を減らしたおかげか、準備自体は随分簡単になったんですけどね。

今回の旅は海外経由で国内の約1ヶ月。「約」がついているのはまだ戻る日程を正確に決めていないからです。いい加減だなあ。

ここしばらくはカジュアル一辺倒でも問題ない旅が多かったのですが、今回は人に会う機会もありややフォーマルな装いも必要。

さて、どうしましょうか。

旅のファッションを考える

冬の旅はどうしても衣類がかさばるのが面倒ではありますが致し方なし。荷物が少なくともスーツケースは持参するので防寒対策をケチることはしないでおきましょう。

関連 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

軽くしたがために薄手の服を選んで風邪ひいたらバカバカしいもんね。

基本的には

  • 黒のパンツ
  • 厚手のトップス
  • カーディガン
  • カシミヤストール
  • スニーカー

このあたりを持参して着回す予定です。かさばるダウンジャケット、大判ストール、ブーツ、ニット帽、デニムなどはいつものように移動時に着用して「着て運ぶ」作戦。

カジュアルのみでOKならこれで十分なのですが、問題はフォーマルです。

フォーマルといっても別にドレスを用意しなればならない場に行くわけではなく、ほんの少しきれい目のスタイルで十分。よって、カーディガンとパンツでもいいかなと思うのですが、かさばらないものを1着持って行こうかと思案中。

カジュアルな旅はパンツスタイルが多いのでたまにはスカートでも着ようかなあ。

洋服は現地調達、は正解か

さて、旅の荷物を減らす方法として有効なのは

「必要なものを現地で調達する」

という考えを取り入れること。

もちろん行き先にもよりますが、都会への旅であればあれこれ持って行かずとも現地で手に入る場合が多いです。洗面道具やちょっとした身の回りのものなどは特にこれじゃなきゃ!というこだわりがないならば行った先で購入するのも楽しいもの。旅の荷物を減らすためにも有効なアイデアだと言えるでしょう。

洋服にしても同じこと。
どうせ旅先でたくさん洋服を買うんだったら、わざわざ持っていかなくていいじゃない、という考えもあります。

手ぶらで行って予定に応じて現地調達。
いいですね。なかなか理想的な旅のスタイルではないでしょうか。

今回の旅は買い物が楽しめそうなエリアにも出向くので同行する友人は買う気満々。モノをあまり増やさない生活をしている私も素敵な出会いがあれば迷わず手にいれる予定です。別に買わない生活をしているわけでもお金を使わない暮らしにチャレンジしているわけでもないですからね。

が、必要なモノが足りないがゆえに応急処置的なモノを買うのは避けたいと思うのです。

とりあえず、のモノは増やさない

例えば旅先で観劇の予定があるのにフォーマルなアイテムを持参していなかった場合は自ずと現地調達になります。
お気に入りのワンピースがすぐに見つかればいいけれど、旅の間中ワンピースを探してばかりもいられないし、必要な時に必要なモノがドンピシャで見つからない場合も多々あるわけで。

限られた時間の中で必要に迫られて仕方なく

「きっとその場限りになってしまうであろう使い捨てアイテム」

を選ばざるを得ないのは本意ではありません。

もちろん予期せぬハプニングで必要になった必須アイテムとなれば話は別だけれど、前もってわかっている予定に必要な最低限の準備はできますよね。

旅先で出会った素敵な何かと仕方なく調達した本当はいらないモノ、同じ旅先での買い物でもこのふたつは大違い。
旅行やイベント毎に焦って服を買って失敗した経験を山のように経てきた今だからわかるんです、これで手を打っちゃえ的な買い物には将来性がないことを。

「それはお前が単に買い物下手で上手く現地調達できないだけだ」

と言われるとそうですよねすみません失礼しましたと言わざるを得ないのですが、ここ最近は目に入るものあれこもれも素敵、手に入れたい!という感じではなくなってきていて、本当に欲しいものだけが欲しい。ただそれだけなのです。

よって全日程に必要なコーディネイトをクリアできる最低限のアイテムは準備しようと考えています。

ミニマリストの持たない暮らし

ちなみに、基本的に買い物は一人でしたいタイプですが、旅先での友人の買い物には楽しく付き合いますよ。

関連 持たない暮らし、友達と一緒に買い物に行ったらどうする?

友達が買ってるから同じように買わなきゃ、なんてこともなければ、みんなが買わないなら欲しくても我慢しなくちゃダメ、なんてこともない。

旅先でモノを買うか買わないかは私にとって、旅の充実度を図る材料にはならないのです。

 




関連記事

mashiko-2015

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

tainan_34

どこも行けなくて・夏。

奥さん、8月です。 真夏です、盛夏です。今年も残すところあと153日となりました。

記事を読む

140831lg.min

ブランド買取の相場って?リサイクル店は結構良心的だと思った。

夏の終わりに、ブランドアイテム買取サイトで買取不可と判断されたアイテムを実店舗に持ち込んだ、

記事を読む

170314lg

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

daikanyama34

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

outbath

湯シャン生活5ヶ月目の髪、頭皮、そして白髪について。

シャンプーを使わなくなってから5ヶ月が経過しました。 ちょっとびっくり。5ヶ月って結構な期

記事を読む

amazon

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

夏物狙いでセールに挑んだけど、何も買えませんでした。という無意味な報告をしたあのセールではな

記事を読む

bottles.min

今日捨てたもの 8/29 使わない香水の処分方法。

毎日何かひとつを捨てるルールを設定している今月。 残すところあと2日となりました。

記事を読む

snow

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

By: Hide

3月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Hide[/caption] またまた月初の定例ポストです。 どんどんモノを減

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんのきんぴら献立
れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しており

ひとりぜいたく晩酌帖
自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたの

accessories_4
イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来

玉ねぎの卵炒め献立
玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかな

award
2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑