1年で捨てる、早いか遅いか。

公開日: : ミニマルライフ, 捨てる

臭くないバブーシュ

検証結果、1年でした。

ルームシューズの寿命、臭い。

1年でダメになるって早くない? といいつつ気に入っていたので再購入したルームシューズ。同じく1年で底が抜けました。

2回連続で耐久1年となれば、これはもう個体差云々の問題ではない。かなり信頼できるデータでしょう。

足ぐせの謎

特に劣化が激しいのは、右。右の内側の損傷が抜きん出て目立っており、なんなら左はまだしばらく戦えるのではなかろうかという状態です。

こうなると前回検証時に詳しく書き残しておかなかったのが悔やまれる。が、多分同じだったような気がする。やっぱり右だけが劣化していたような、いや、どうだろう。今となっては真実は闇の中。

靴のかかとの減り具合で歩き方のクセがわかるというけれど、私の場合外履きにはさほど極端な現象は見られず、大きな歩き癖はないと思われます。しかしルームシューズの片方の内側だけがやたら擦り減るとはこれいかに。家にいるときだけ歩き方を変えるような器用さは持ち合わせていないし、足は極力組まないようにしているし。

足を組む癖をなおしたい。

なんだろう。座っている時に右足だけ踏ん張っている、とかでしょうか。どんな体勢だ。

新たなお気に入りを探すのが面倒ということもあり、結局今回も同じものをオーダーする無精な、いや、ルームシューズに一途な愛情を注ぎ続けるピュアな私。来年の夏もまた、右の内側が減っているのかいないのか?検証する楽しみができました。

気の毒なほどにしょうもない楽しみですね。

1年で捨てるのは、早いのか遅いのか

sarushima_85

ルームシューズが1年でダメになるのは早過ぎると思っていたのですが、どうやらこれくらいが普通みたいです。同商品のレビューを見ると半年で底が抜けたという人もいたし。

もちろんものによって耐久性は違うし、家にほとんどいないとか立ち仕事をするしないによって大きく変わるでしょうが、大体は数ヶ月〜1年くらいで買い換え時がくるもの、なのでしょう。

なんの根拠もなしに1年で買い替えるなんて早い、もっと保つだろうと思い込んでいたのは、買い替えサイクルを長めに設定しがちな習性によるところが大きい。

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

さらには今までルームシューズの耐久性について考えたことなどなく、過去の経験から2~3年は使えるんじゃない?というぼんやりとした印象を持っていたこと。そして1年という時間に対する感覚の変化も影響しているのだろうなと思う。

アレですよ、年とると1年が早くなるってヤツ。

10代の頃の1年と、40代の1年とでは、時間経過の体感スピードは変わる。人生でほんの10数回目の夏休みと、すでに50回近く経験している夏の長さの感じ方が違うのと、ルームシューズ耐久感覚のズレも、似たようなものではなかろうかと。

今回底が抜けたルームシューズが私にとって何代目のそれであったかなどもう確かめる術はないけれど、10足、20足じゃきかない数のスリッパなりを履きつぶしてきたのは確かなのだから、まあそういうことなのでしょう。

あれ?どういうことだ。

しかし、見事に覚えてない。自分が選んで、買って、履いてきたというのに、我がルームシューズ遍歴を全然思い出せないという事実にびっくり。これが服や靴ならば、もう少し鮮明に記憶していそうなものなのにね。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/9 カセットテープを処分。

今月は毎日1つづつ何かを手放す月間です。 本日で9個目ですが、また凄いものが出てきましたよ

記事を読む

暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連 家飯 一人晩酌献立 手

記事を読む

今日捨てたもの

ポケットにものを詰め込みがちな女。

凍えそうな両手を突っ込みながら、あれえ、なんかやたらもぞもぞするなあと思い、帰宅後に確認。

記事を読む

小さい折り畳み傘

片付ける度に出てくる、妙なもの。

比較的時間はあれど、ずっと雨続きの週末。 わざわざ出かける気にもなれず、なんとなく部屋

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

増税前に買ったもの、画面見つめすぎ警報。

「モーニングセット 398円〜」の表示を見かけて、増税を実感する10月。もちろん、ドトールの

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立
鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立

新年最初の更新ではありますが、平常運転の晩酌献立ストック投下

→もっと見る

PAGE TOP ↑