ルームシューズの寿命、臭い。

公開日: : 最終更新日:2017/07/28 ミニマルライフ, 捨てる

simpleroom

底が抜けました。

いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが、はて次はどんなヤツにしようかと考えていたら、底が抜けました。

ここらでいい加減買い換えます。

というわけでどうでもいい検証をば。

今日捨てたもの

臭くないバブーシュ

臭くない、ってこれまた酷い言い草ですが、先々代のルームシューズが鼻もげ案件だったもので。

関連 モロッコバブーシュの臭い取り、対策。

我慢できないほどの獣臭かといえば我慢はできるけれど、我慢したいかと聞かれればNOと答えたい、そんな香りでありました。

迷った末に選択した臭くないバブーシュ、というかルームシューズ。記録によれば昨年6月に購入しているので、約1年使用にて完走となりました。

1年。短くないか?

先々代、臭いバブーシュの購入履歴を調べてみると2年弱で力尽きている。やはり臭いものは丈夫なのか。いや、臭いは無関係だろうが、原因はなんだ。

ルームシューズの寿命

今回ルームシューズを1年で買い換えることになった要因として考えられるのは

  • 製品自体の耐久性
  • 部屋の床素材
  • 私の室内行動

など。

昨年秋に引っ越しして環境が変わっているので、旧住まいよりも現住まいの床材のほうが靴底に負担のかかる素材なのではとかなんとか。後は運動不足は日常の細かな動きで取り戻せとばかりに家の中でチョロチョロと動きまくっているのでそれもあるかもしれない。あ、もしや踊り?

関連 線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

が、そんなことより製品自体の耐久性の問題が大きいと思われます。当然か。

ならばもっと丈夫そうなものを選ぶべし、とあれこれ見回ってみたものの、結局同じものを追加注文してしまいました。同シリーズの別バージョン、プレーンステッチにも心惹かれたんだけどね。

まあモノ自体は気に入ってるのだからよしとしましょう。

ミニマリストの持たない暮らし

でも、調べてみたらルームシューズとかスリッパの類は半年~1年で買い換えるご家庭が多いらしくなんだこれが普通なのかと思った次第。2年でも3年でも使えて当然という謎感覚はおそらくほとんど家にいなかった、そして室内で微動だにしなかった頃の名残り、なのかもしれません。

 




関連記事

40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

昨年の夏にスキンケアに関する記事を書きました。 参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を

記事を読む

海外在住日本人、外国人へのお土産を選ぶ。

By: Brian Jeffery Beggerly[/caption] 週末にお土産品を調

記事を読む

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

臭くない、匂わないバブーシュを購入する。

By: Tristan Schmurr[/caption] バカスカ買ってじゃんじゃん捨てる

記事を読む

考え方がコロコロ変わる迷惑な人。

長らくブログを続けていると、過去の記事にもコメントをいただくことがあります。先日も2014年

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

指先がパックリ割れる季節になりました。

乾燥! いやー、こうもいきなり寒くなるとかないませんな。乾いた女には厳しい季節がヒタヒ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑