1月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

昨日に引き続き月初の定例まとめポスト。

1ヶ月間に捨てたもの、そして買ったものを記録し続けています。

関連 捨てたものリストと買ったもの

別にたいして大きな動きもなければ断捨離やらお片づけがこのブログのメインテーマでもなく日々内容がとっ散らかっているありさまなので、もう捨てたものリストのまとめは書かなくてもいいんじゃないかと思わなくはありません。

どうなるんでしょうか。まあ考えます。

1月に捨てたものリストと買ったもの

今日捨てたもの

「量」としてはかなり捨てましたね。なんせ本類が大量でしたから。まあこれは全て自分のものというわけではないのですが、一応含めることとします。

ちなみにこれらは書籍に強そうなところ、漫画に強そうなところ、音楽CD専門にしているところ、といろいろわけて下取りに出したのですが、ダンボール4箱分の買取額はなんと1,000円ちょっと!でした。

古い本とかCDばっかり、しかも当時かなり人気のあるタイトルで市場に多く流通しているものばっかりだったから、そんなもんでしょうねえ。ずっと気になっていた荷物を無料で引き取ってもらえただけでもありがたいってもんです。

1月に買ったもの

  • ナシ

毎度のことですがもちろん消耗品等は含めず。先月はあちこち出かけたり外食したり飲み食いできるお土産物買ったりばっかりだったから、他のモノは何にも買いませんでした。

あ、枕カバーがあった。
捨てたと同時によさそうなのを通販で発見してオーダーしたんですが、色が合わなくて返品してしまったんですよ。

って、白の枕カバーに色が合うもへったくれもあるかって話なんですが、シーツの色と合わなかったんですね。シーツがオフホワイトなのに枕カバーは病院のベッドのごとき真っ白で。頼む前に気付けよ。

枕カバーに合わせてシーツも白くしてしまうという手も考えたのですが、ただでさえ殺伐とした部屋が余計に寒くなりそうなのでやはりオフホワイトを探すことにして今はタオル敷いて寝てます。ちなみに10年ほど前に住んでいた部屋に友人が遊びに来たときの第一声は

「なにここ、病院?」

でした。
あの部屋、床も壁も扉も何もかもが真っ白で、天井高が3mくらいあって、白いベットとソファしか置いてなかったもんなあ。懐かしい思い出。

ミニマリストの持たない暮らし

しかし枕カバーひとつちゃちゃっと決められないとはかなり痛々しいですな。
でも仕方なく使ったり側に置いたり妥協したり、という行為を今年はできる限り排除していきたいので、これもひとつの試金石と捉えてめげることなく暮らそうと思います。

 




関連記事

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

パソコンはもういらない?PCを処分してスマホで全てをまかなえるか。

By: Yutaka Tsutano[/caption] いやー、もうすっかりスマホなんです

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

持たない暮らしのデメリット。

By: David Hilowitz[/caption] 「多くのモノを持たない今の生活のデメリ

記事を読む

ブランド買取の相場って?リサイクル店は結構良心的だと思った。

夏の終わりに、ブランドアイテム買取サイトで買取不可と判断されたアイテムを実店舗に持ち込んだ、

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

今日捨てたもの 8/25 使用期限切れの薬。

毎日何かひとつ手放していく試み。 早いもので、残すところあと1週間となりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑