こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

公開日: : ファッション

ny_dt_3

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかというワードがあります。

そしてそれらは主にファッション誌などでここのところよく目にするような気がしていて、なるほど、今の時代らしい言葉なのだろうなと思うわけです。

ファッションは多様化を極めていて、おしゃれ、と一口にいってもジャンルは把握しきれないほど多く、おしゃれな人の定義はジャンルによって異なる。

しかし、どんなスタイルを好む場合でもこなれている人はカッコよく見えるのかなと。

ユニクロばっかり着て、恥ずかしくない?

私と同年代の友人が、服はほぼユニクロのものしか持っていないという会社の若い後輩に

「ユニクロは人とかぶりやすいから、そういう時恥ずかしくない?」

と聞いたところ

「みんなが着てる=ダサくないってことだから、人とかぶるユニクロはむしろ安心する」

と返ってきて激しいジェネレーションギャップを感じたとうなだれておりました。

関連 少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

流行り物だからと安易に手を出すのはイヤだけど、他の誰かが着ているからという理由で自分が好きなものを選ぶことを我慢するのもおかしいよね、という考えに至った私ではありますが、その発想はなかったわ。

関連 洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

そうか、安心感か。この後輩くんがたまたまそういう考えなだけで、今の若い人がみんなユニクロを安心の種として使っているのかどうかはわからないけど、なるほどなあと。

こなれた着こなしを目指すライフハック

同じユニクロでも、「こなれた」着こなしでうまく自分のものにしている人もいれば、そうでない人もいる。究極の没個性、シンプルなアイテムこそがおしゃれだという昨今の風潮の中、ユニクロには使えるアイテムが多いのだろうけど、じゃあユニクロを着ていさえすればおしゃれに見えるのかといえばそうはいかない、というか、めちゃくちゃ難しい。

そう考えると前出の若者のユニクロ着てればダサくないから安心説は崩壊するのだけれど、これって別にユニクロに限った話ではなくて、誰が着てもおしゃれに見える服、なんてものはやっぱり、ない。

関連 私を幸せにしてくれるブランドのちから。

じゃあどうやったらこなれた着こなしなるものができるのよ、という話ですが、結局のところ服を着続けるのが最も確実な学習方法なのだろうなと。

ただ着るだけなら昨日生まれた赤ん坊からワシャいつ迎えが来ても後悔せんわいと腹をくくっている爺さんまで誰でも着ていますけどもそうじゃなくて、洋服を着る行為に興味を持ち、自分のものにするためにはどうしたらよいか、を考えながら着続ける。さらには、自分のことをよくわかっていて、キャラや体型、姿勢などのクセに合わせたアイテム選び及び着こなしができる人は、洋服をさらりと、いとも簡単に自分の味方につける(ように見える)。それがこなれ感なるものを演出しているのでしょう。

いや、知らんけど。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

「足首見せテクでこなれ感アップ」
「プチプラでも高見えするアイテムは?」

みたいな小手先テクニックを拝借しつつその場しのぎをし続けるのもひとつのライフハックだけど、割と本気で服が好きで、着るのが好きで研究に余念のない人や、そもそも服にはさほど興味がないけれど内面の成熟度が凄い人は、だいたいみんな見た目もこなれてくるなと感じる今日この頃。どんなブランドを着ていようがあまり関係なくて、着こなしどうこのレベルじゃなくて、なんせ人間がこなれている。

ミニマリストの持たない暮らし

長々と書いておいて今更こんな事言うのはアレですが、こなれ感に関する私の認識がズレている可能性もなきにしもあらず。ただ、おしゃれであれこなれ感追及であれスポーツであれ勉強であれ仕事であれ、なんでもコツコツと続けていたことをやめてしまえば途端に力が落ちてしまうよなあと実感中。足りない。良質なインプットが圧倒的に足りない。

 




関連記事

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

仕事ファッション、同僚とGUのトップスが丸かぶり。

今日はトップスが丸かぶりだから2人で並ぶとちょっと照れますね。そうですね。 取引先で2

記事を読む

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

少ない服のコーディネイトと衣替え。

By: Rubbermaid Products[/caption] 3月から4月をすっ飛ばし

記事を読む

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。 なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂し

記事を読む

少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを羽織る。秋ですね。 男性

記事を読む

スヌードコーデ

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

By: TownePost Network[/caption] 旅の間は手持ちの洋服をぐっと

記事を読む

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑