こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

公開日: : ファッション

ny_dt_3

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかというワードがあります。

そしてそれらは主にファッション誌などでここのところよく目にするような気がしていて、なるほど、今の時代らしい言葉なのだろうなと思うわけです。

ファッションは多様化を極めていて、おしゃれ、と一口にいってもジャンルは把握しきれないほど多く、おしゃれな人の定義はジャンルによって異なる。

しかし、どんなスタイルを好む場合でもこなれている人はカッコよく見えるのかなと。

ユニクロばっかり着て、恥ずかしくない?

私と同年代の友人が、服はほぼユニクロのものしか持っていないという会社の若い後輩に

「ユニクロは人とかぶりやすいから、そういう時恥ずかしくない?」

と聞いたところ

「みんなが着てる=ダサくないってことだから、人とかぶるユニクロはむしろ安心する」

と返ってきて激しいジェネレーションギャップを感じたとうなだれておりました。

関連 少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

流行り物だからと安易に手を出すのはイヤだけど、他の誰かが着ているからという理由で自分が好きなものを選ぶことを我慢するのもおかしいよね、という考えに至った私ではありますが、その発想はなかったわ。

関連 洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

そうか、安心感か。この後輩くんがたまたまそういう考えなだけで、今の若い人がみんなユニクロを安心の種として使っているのかどうかはわからないけど、なるほどなあと。

こなれた着こなしを目指すライフハック

同じユニクロでも、「こなれた」着こなしでうまく自分のものにしている人もいれば、そうでない人もいる。究極の没個性、シンプルなアイテムこそがおしゃれだという昨今の風潮の中、ユニクロには使えるアイテムが多いのだろうけど、じゃあユニクロを着ていさえすればおしゃれに見えるのかといえばそうはいかない、というか、めちゃくちゃ難しい。

そう考えると前出の若者のユニクロ着てればダサくないから安心説は崩壊するのだけれど、これって別にユニクロに限った話ではなくて、誰が着てもおしゃれに見える服、なんてものはやっぱり、ない。

関連 私を幸せにしてくれるブランドのちから。

じゃあどうやったらこなれた着こなしなるものができるのよ、という話ですが、結局のところ服を着続けるのが最も確実な学習方法なのだろうなと。

ただ着るだけなら昨日生まれた赤ん坊からワシャいつ迎えが来ても後悔せんわいと腹をくくっている爺さんまで誰でも着ていますけどもそうじゃなくて、洋服を着る行為に興味を持ち、自分のものにするためにはどうしたらよいか、を考えながら着続ける。さらには、自分のことをよくわかっていて、キャラや体型、姿勢などのクセに合わせたアイテム選び及び着こなしができる人は、洋服をさらりと、いとも簡単に自分の味方につける(ように見える)。それがこなれ感なるものを演出しているのでしょう。

いや、知らんけど。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

「足首見せテクでこなれ感アップ」
「プチプラでも高見えするアイテムは?」

みたいな小手先テクニックを拝借しつつその場しのぎをし続けるのもひとつのライフハックだけど、割と本気で服が好きで、着るのが好きで研究に余念のない人や、そもそも服にはさほど興味がないけれど内面の成熟度が凄い人は、だいたいみんな見た目もこなれてくるなと感じる今日この頃。どんなブランドを着ていようがあまり関係なくて、着こなしどうこのレベルじゃなくて、なんせ人間がこなれている。

ミニマリストの持たない暮らし

長々と書いておいて今更こんな事言うのはアレですが、こなれ感に関する私の認識がズレている可能性もなきにしもあらず。ただ、おしゃれであれこなれ感追及であれスポーツであれ勉強であれ仕事であれ、なんでもコツコツと続けていたことをやめてしまえば途端に力が落ちてしまうよなあと実感中。足りない。良質なインプットが圧倒的に足りない。

 




関連記事

プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

By: Elvert Barnes[/caption] 本当に必要なものだけを所有して大切に

記事を読む

旅の荷物 普段使いのナイロントートで1週間の旅。

おかげさまで面倒ごとは全て片付きました。 旅支度より面倒になったこと。 この先は

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

久しぶりのヒール、流行らないブーツ。

先日、久しぶりにヒールを履きました。ヒールといっても華奢なパンプスの類ではなく、ヒールありの

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

クラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善する。

先日さんざん比較検討した末にようやくオーダーした白のクラフトボックスが本日到着しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑