行動せずに、見ただけで満足してしまう人。

公開日: : 最終更新日:2019/08/22 ミニマルライフ, 生き方と考え方

takamatsu_43

先日某社より

「株主優待の申し込み期限が切れる前にお引き換えください」

なる案内ハガキが届きました。

優待目当ての保有ではないけれど、選べる商品群の中に生活必需品があるのがありがたく、毎度欠かすことなくいただいている。今回もすぐに申し込んだはずなのに、そういやまだ届いておりませんでした。あれ?

行動せず、見ただけで満足してしまう人

その会社は優待用サイトが用意されており、毎回郵送で送られてくるパスワードでログインして希望の商品を申し込むシステムです。この手の紙書類はすぐさま処分する習慣があるものですから、今回もすでに手元にパスワードは残っておりません。

捨てるのすら面倒なもの、ストックでこころ豊かになるもの。

不思議に思って電話で問い合わせをしてみたところ、問い合わせ窓口のおねえさんに

「crispyさまのアカウント履歴を確認しましたところ、確かにパスワード発行後すぐにログインはいただいておりますが、申し込みされずにそのまま退出されたようです」

と告げられ、我ながら唖然。チラ見しただけで、貰った気になっている。なんなんだ、一体。

パスワードの再発行を平身低頭にて依頼し、今度こそはと申し込み画面に進んで、ようやく思い出したのでした。

そうだそうだ。今回、迷ったんだった。

決められない問題の答え

160910lg

パスワードが発行されるたびに同じ商品を同じ数だけ申し込む。これがお決まりのスタイルでした。

が、今回はいつもと違う商品が投入されており、たまには違うものをお願いしてみようか。いや、でも結局はいつものアレのほうが使い勝手はいいか。などと悩んだのです。悩んだ末に決断できず、面倒になって放置。しかし放置した事実を忘れ、すでに決断を下したものと勘違いし、用紙を破棄しておったのでした。

悩む。これすなわちどちらでもいい、ということ。結局再チャレンジとなった今回は「いつもの」と「新しいもの」を半分づつ申し込んだのでした。最初からそうすればよかったでしょうに、なぜとっとと決めないかな。

毎度馬鹿馬鹿しいお話で恐縮ですが、「面倒になって、放置」なる技が得意すぎてどしようもありません。しかし本問題については、過去の自分がすでに答えを出しています。

決められない理由と優柔不断を治す方法。

結局のところ優柔不断を治す方法はないのか、それとも自分のように聡明でもなく理論的な考えもできない人間はいっその事直感を頼って動物的に生きていくのが合理的なのか。それさえも決められないまま今世を終えそうな気がしてなりません。

なるほどこれは間違いなく、終えるな。と脱力した出来事でありました。

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

 




関連記事

ブランド買取体験談

“BRAND COLLECT” の買取査定額が確定した。

ZOZOとBrandearに引き取ってもらえなかったブランドアイテムをBRAND COLLE

記事を読む

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

美魔女とマニアと身軽な人生。

By: Jenn Durfey[/caption] 白髪問題について散々書いていますが。

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

センスのない人に知識と経験が教えてくれること。

By: Jared Tarbell[/caption] センスがないから、は経験(=学習)す

記事を読む

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

Another Day of Sun. 初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなか

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

年が明けて、またひとり。

年末は帰省ついでにあちこち遊びに出かけて、ついでに食べたり飲んだりももちろん盛り込んで、忙

記事を読む

Comment

  1. 平山貴玖仁 より:

    案内はがきは私もしてちゃいます♪
    優柔不断にも思い当たる節有です。
    直せないものか?
    諦めちゃうかも?

    • crispy-life より:

      平山貴玖仁さん

      コメントありがとうございます。

      2020年の今も相変わらず優柔不断な毎日です。郵便物はさっさと捨てられるんですけど、多数ある選択肢の中からひとつ選ぶという作業がどうにも苦手。大きな支障はないので、これもひとつの個性と捉えて生きていくべきでしょうか・・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑