今年風の着こなし、今っぽいシルエットの是非。

公開日: : 最終更新日:2017/04/23 ファッション, ミニマルライフ

1507senjyu3

すっかり春らしい気候になりました。

といっても陽が落ちればぐっと気温が下がるのが今の季節のお約束。年中元気な男子小学生諸君でも半袖半ズボンで勢いよく外出するには時期尚早といったところです。

さて、半ズボンもといショートパンツなんてワードローブにはない40代の私ですが、今週は珍しく夜間の外出が多かった。

秋とか春、シャツ一枚で外出するにはやや心許ない季節には、さっと羽織れる薄手のコートが活躍しますね。




春に活躍するコートは15年もの

black-coat

最近よく登場している黒のステンカラーコート。

新宿あたりのセレクトショップで購入したという記憶が正しければ、かれこれ15年選手です。いやあ、長持ち。愛用10年越えアイテムのなんと多いことよ。

細身のシルエットでカラーは黒、とくればきちんと感のあるアイテムかと思いきやこれ、袖と裾が切りっぱなしなんですね。

black-coat2

ゆえに完全なるカジュアル仕様、ビジネスには不向きです。

サイズ感もぴったりで、何よりスタンダードなタイプとみせかけての切りっぱなしというハズし感が気に入っていて長年かなりの頻度で愛用しているアイテム。でも、着方、合わせ方は年々変化しています。

先日は黒のワイドパンツに白Tシャツ、そしてこのコートの上から派手目のプリントストールをだらりと垂らし、足元は白のスニーカーという脱力系コーデで外出。かなり気温が下がった深夜は、ストールを首に巻いて防寒仕様にて帰宅したのでした。

脱力系と言っても基本色は白と黒なのでカジュアル過ぎる印象にならないところがよかったなと自画自賛。

おいおい、黒は苦手になったんじゃないかという話ですが。

関連 コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

今回みたいにシルエットは細身だけど切りっぱなしのコートにスニーカー、パンツはセンタープレスのきれい目ラインというミックス系コーディネイトならば黒は全然アリだなあと再認識中。ただただキレイに黒を着るんじゃなくて、ちょっと褪せた黒をこなれた感じで着こなせる年になってきたかしら。

今年っぽさか、自分らしさか

MIHARA YASUHIRO

さてこのコーディネイト、コートが細身じゃなくてオーバーサイズならばもっと今っぽいスタイルになるんでしょうが、貧相な体格にガバッとしたサイズのコートを羽織るのって着られてる感満載であまりカッコよろしくないし、そもそもあんまり好きじゃない。ニットとかプルオーバーを大きめにゆるっと着るのは好きなんだけど、コートはなあ。

とか言って着慣れたシルエットに固執するところが時代遅れのおばさんファッションなんだよ、と言われればそれまでなんですが。

関連 そこそこの長さ生きているとトレンドが恥ずかしくなる。

今年っぽさとか今っぽさを演出するためにはコートやパンツのシルエットはかなり重要だけれど、トレンドよりも自分のキャラや体型に映えるアイテムを今の気分で着こなすほうが気持ちいい。よって、コートに関してはこれでいいか、と思うのです。

もちろんふた昔前のいい女風毛皮のコートとか、どう工夫したって使いこなせないアイテムもあるけれど、着こなし方、合わせ方を変えれば長く活躍してくれる洋服は存在するよね、と未だ手持ちアイテム活用ブームは継続中です。

ミニマリストの持たない暮らし

力技で似合わせられるものはこれからもガンガン寄せていこう。但し、合わせ方はどんどん進化させますよ。

 






関連記事

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

By: db Photography | Demi-Brooke

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経

記事を読む

By: Mike Kniec

12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Mike Kniec[/caption] 新年2日目ですがまたまた定例ポストを。

記事を読む

By: Hamed Saber

人生を変えたいなら環境を変えればいい、は真実か。

By: Hamed Saber[/caption] 少し前に記事に対するご質問をいただいてい

記事を読む

deskwork

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

suma1608_25

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

fashionitem

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

By: Moyan Brenn

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

By: Nafis Ahmad[/caption] 案ずるより産むが易し、という言葉がありま

記事を読む

heartcake

年末恒例 自分へのご褒美。 それ、ホントに嬉しいの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

減らす計画、掃除機はいるのかいらないのか。

By: Ohio Redevelopment Projects - ODSA[/caption]

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

161223ny2
47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘ

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し
豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に

→もっと見る

PAGE TOP ↑