都合の良い思い込みを活用しながら生きていく。

公開日: : 最終更新日:2018/07/20 健康と美容

checkup.min

健康診断の結果が送られてきました。

40代の婦人科検診、そろそろ、そろそろ。

毎年真夏に受けている定期健康診断。今年はやや早めの受診となったのは、去年の検査結果を踏まえてのことでした。

つまり、受けろと言われた再検査をすっ飛ばしていたのでやや早めた、と。

リベンジ健康診断2018

nakano-st4

健康体だけが取り柄の私をあざ笑うかのようなC判定を食らった昨年の定期診断。ちくしょう、見てろよ。必ずや再検査で驚きの数値を叩き出してやる!と意気込んだものの、まさかのスケジュールミスで空回る。

再検査、3ヶ月計画は企画倒れ。

その後は異国滞在で炭水化物や添加物にまみれたり、1月は正月で酒が飲めるぞーと歌ってみたりしていましたので、再検査コンディションとしては最悪だったと言えましょう。まあ、結局受けなかったんですが。

で、肝心の結果。ありがとうございます、通常モードを取り戻しました。惜しくもオールAとはいきませんでしたが、優等生に戻りました。

今回受診した16項目のうち、B判定(基準値から外れているけど心配なし)だったのは

  • BMI値
  • 心電図
  • 血液検査

以上の3つ。

BMIと心電図はもう毎度おなじみ、骨細ゆえの低体重と右軸変位。おそらく今後もここは変わらないんでしょう。

心電図に所見あり。右軸偏位、BMI値、健康診断の結果が出た。

血液に関してはヘモグロビンとヘマトクリットが基準値より少しだけ高めの模様。そして昨年C判定(要再検査)とされた脂質については逆転A判定でした。数値自体はそんなに変わってないのに、判定基準が変わったのでしょうか。よくわからん。

何より愛おしさを感じるのは我が肝機能であります。備考欄に添えられた「毎日飲酒」の注釈を物ともせずのピカピカのA判定が、眩しい。

ありがとう、マイラバーならぬ、マイレバー。これからも手に手を取り合って共に戦おうではないか。

都合の良い思い込みを活用して生きていく

sumida_54

なんだかんだで健康ネタを書く機会が増えてきた気がするこの頃。ジャンクフード連打、などという無茶はさすがにしないとしても、厳選食材をお取り寄せするでもなく、普通に手に入るもので好きなものを作って好きなように食べてるし、残念ながら運動も苦手。ゆえに、健康に気を使っています、とは口が裂けても言えません。

それでもまあなんとかなるでしょう、なんてどっかり構えていられるのは、生まれ持った健康体のおかげか、それとも思い込みの力か。

健康とお金に関しては、相変わらずそんなに心配してないんだよなあ。なんでだろうか。

一生お金に困らない自信とその方法。

これは「自分だけは大丈夫」とか「うちの子に限って」に代表されるまさか私が的理論とも異なり、信念と言うかもはやおまじないの域なのかもしれません。まだ起こってもいない不幸を思い悩み鬱々とするよりも、明日の酒について考えるほうがよっぽど大事って、兄さんも言ってたわ。

頑張らないあの人の朝ごはん。

しかしそこはそれ。病を患った友人から検診はしっかり受けておけと強く言われたし、あれだけ痛い思いをしても万全ではないマンモグラフィ検査だけでなく超音波検査も受けるように指示があったし、私だってやる時はやりますよ。

今自分ができることをしっかりやりつつ、不安を先取りしてやきもきする暇がない程度の忙しい毎日を過ごせれば上出来ですな。

 




関連記事

グレーのプルオーバー

男の子は黒、女の子はグレー。

すっかり夏の風物詩となった、年に一度の健康診断に行ってまいりました。早いもので、このネタを

記事を読む

耳読書のありがたさ、中年世代におすすめの機能。

しつこいようですが本当に目が見えづらくてですね。 「らくらくホン」の衝撃。 この

記事を読む

皮膚科で受けるパッチテスト 肌トラブルの原因を探る。

By: Jan Jablunka[/caption] ひどい状態になってしまった手湿疹をちゃんと

記事を読む

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

健康診断所見あり。3年ぶりのC判定は、婦人科系。

夏の恒例行事である健康診断の結果が届きました。検診当日にも結果は一部伝えられていましたが、

記事を読む

ほうれい線対策。寝てる間に深くなるのを防ぐ寝方は?

By: Brenda Clarke[/caption] できるこことならいつだって上を向いて

記事を読む

失くしてからの後悔を防ぐためにすべきこと。

By: Steve Snodgrass[/caption] 失ってはじめて後悔するものとは何

記事を読む

おばさん愛用コスメはごま油とニベア。

By: Justus Blümer 最近、愛用化粧品について質問を受ける機会がありました。お

記事を読む

湯シャン生活3ヶ月、白髪に効果はあったのか?

その後も、シャンプーを使わない生活を続けています。 参考 シャンプーやめました。湯シャ

記事を読む

残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑