耳掻き依存症から抜け出すための対策。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 健康と美容

耳かきが好きです。

自覚していますが、ほぼ依存症だと思います。

以前友人にもらった手づくり竹耳かきにどハマりして大事に愛用していたのですが、作り手のおじさんが引退したとかでもうあのクオリティの耳かきは二度とは手に入らなくなってしまいました。

致し方なく2年ほど前にドラックストアで購入した耳かきを愛用していましたが、それもとうとう紛失。

だって、あまりに極細でズボラな私がいかにも失くしそうな代物だったんだもの。

簡単には見つからないお気に入り

できるだけモノに依存したくないこともあり

「コレでなきゃダメ!」

というこだわりはさほどないほうなのですが、思えば耳かきに関してはうるさい。
うるさい、というか、耳に合う耳かき以外は耳かきとしての体を成さないのでそれはもはや耳かきではないとすら思っています。

もともと耳かきフェチではありましたが、件の手作り、手削り耳かきが、細さ、しなり、質感、カーブ、どれをとっても最高の出来であったことが私の耳かき好きに拍車をかけました。

それは市販されておらず、友人の実家のご近所に住むおじさん(遠い)が、せこせこ自作されていたそれをたまたま数本分けてもらったもの。超極細の繊細な作りであったことから

「長持ちはしないから、何本かスペアを持っておくといいよ」

とまとめていただいたのでした。

あまりに気に入って大切に使っていたのだけれど友人の予言通り長持ちはせず、フィリピン滞在時に最後の1本を折ってしまった時の悲しさ、そしてフィリピンでの耳かき探しの難しさといったら。
あてもなく街を徘徊し雑貨屋やドラックストアに入るたびに耳かきはあるかと聞いて形状を確かめ、落胆する耳かきジプシーの日々は懐かしくも辛い記憶です。

それでも結局は耳かきなしで暮らすことなどできず、全くもって納得できない品を不本意なまま使いながら

「やっぱり日本の耳かきは最高だな」

などと無駄な愛国心を発揮したものですが、優れていたのは日本の耳かきではなくおじさんの技術であったのは言うまでもありません。

耳かき依存症の恐怖

その後どうにかこうにか探し当ててようやく愛用するに至った極細耳かきを紛失した今。
これで再び耳かき難民となったわけですが、この際少しだけ新しい耳かき導入を我慢してみようかと思っています。

私だって知ってるんですよ、耳かきし過ぎちゃダメだってことくらい。

関連 耳掃除中毒にご用心! 医師直伝の耳かき方法をマスターしよう(共同通信)

「やり過ぎると、悪循環で余計かゆくなる『外耳道湿疹』や、細菌が入って感染を起こす『鼓膜炎』、『外耳炎』、カビが生えてしまう『外耳道真菌症』といった病気を引き起こすことがあります。また、そのような疾患を繰り返すと、鼓膜に穴が開いてしまうケースも。

おじさんの耳かきに出会ってからというもの、耳かき頻度は毎日どころか1日3~5回になっていた私。
これはどこからどう見ても明らかに依存症です。

幸いにも大きなトラブルにはなっていませんが、行き過ぎた耳かき好きのせいで通院を余儀無くされた友人の近況を目にした今日この頃。このタイミングで耳かきがなくなったのは

「もうそろそろヤバイぞ」

という耳かき神の采配なのかもしれません。

13,000画素のイヤスコープとか超楽しそう、なんて興味が湧かなくもないけれど、私が耳かきに求めるのはトレジャーハントの楽しさやサルベージする達成感ではなく、単なる快楽。痒いから掻きたい、それだけでした。

合うか合わないかはわからないけれど、その気になれば週明けにでも手元に配送されるであろう極細耳かき。
ここはほんの少しだけ、あえて我慢してみよう。

ミニマリストの持たない暮らし

でもなあ。
ここで我慢して、耳かき依存症から脱却できるのかしら。

しばらく我慢できたとしてもいつか新しい「逸品」を迎え入れた時には

「ああ、耳かきのない人生なんて」

と再びハマってしまうのかしら。
いけないとわかっているのに止められない。依存って怖いね。

 




関連記事

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続するとかなんとかの情報を目にして、

記事を読む

夜中に足がつる。こむら返り予防に効果があった3つの簡単対策。

先日、就寝中に足がつると書きました。 寝ている時のこむら返り、痛いし、辛いし、焦るんで

記事を読む

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりました。 厳密にはニキビな

記事を読む

夕食を抜いて得る満足感。

久しぶりに夕食を抜きました。以前は休肝日と合わせて胃腸も休ませるべく、週1で夕食を抜く「休

記事を読む

NY地下鉄の乗り方

キレイなおばあさんは好きですか。

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょ

記事を読む

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

健康診断の心電図「洞性徐脈」って何?

別室に連れて行かれたのは、単なるオペレーションの変更によるものでした。 健康診断終了後

記事を読む

キラリ ムース

カラートリートメントで白髪は染まらないのでは疑惑。

白髪ケアはもうそろそろやめてもいいのではないか。そう感じつつもしつこく白髪と戦いを繰り広げて

記事を読む

本気の冷え性対策記録 1日目 簡単なことから。

今年の冬こそは治す!と宣言した末端冷え性。 そもそも一冬頑張ったくらいで症状が改善するもの

記事を読む

Comment

  1. カワ より:

    1日3回は耳かきしてます。これから減らそうと思います。
    セブンイレブンで10年ぐらい前に買った耳かきがしっくりきて未だに使ってます。

    • crispy-life より:

      カワさん

      お気に入りの1本が長持ちしていて羨ましいです。
      耳かき、おそらく方法さえ間違っていなければ頻度が高くても大丈夫なのだとは思いますが、手元に極細があると絶対に我慢できそうにないのでしばらく遠ざけてみます。切ない。

  2. ぴよこ より:

    耳かき依存、どうやら私も全く同じ症状です。マイベスト耳かきが、画像貼ってあった匠の技です。これが最強だと思ってましたが、それ以上を知っているとはホント羨ましい。
    blogずっと読んでます。あまりのシンパシーに我慢できず初めてコメントしました(^^)

    • crispy-life より:

      ぴよこさん

      コメントありがとうございます。

      耳かき、なんで止められないんでしょうかねえ。。。

      匠の技耳かきを昨日薬局で見かけてかなり迷いましたがもうしばらく我慢しようかと。

      耳かき依存症の方、結構多いと思うんですよね。耳かきの快感を捨てずに安全にかける方法ってないもんでしょうか。

      今後ともどうぞ宜しくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑