バーボンロードとかまたえん 蒲田駅西口を歩く 東京散歩・大田区

公開日: : 東京散歩

ota_39

大田区散歩で蒲田駅周辺を歩いています。

関連 虹の都 光の港、蒲田駅周辺を歩く 東京散歩・大田区。

蒲田と直接は関係ないのだけれど、なんとなく前日に蒲田行進曲を見たりして。

京急蒲田駅からふらふら行きつ戻りつしてJR蒲田駅東口に到着いたしました。

JR蒲田駅、メインの出口はどっちだ

ota_14

JR蒲田駅の東口はかなり賑やかしい通りに面しており、こちら側がメインになるのかな?と思わされます。

ota_30

東口のすぐ目の前に三州屋もあるし。

ota_31

銀座の店にはちょくちょく行っている三州屋、蒲田が本店だとは知りませんでした。

関連 カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

こちら本店ももちろん昼酒上等仕様ゆえにうっかり入店しそうになったけれど、いやいやもうちょい街を散策せねばとぐっと堪えて先へ進みます。

ota_32

そして西口へ出てみる。

ota_54

こちら側の出口も出てすぐ目の前にアーケード。

ota_55

ota_36

ota_34

なかなかローカル感溢れる面構えの店多し。

ota_33

23区内にもシャッター街と化した商店街は多いけれど、蒲田のアーケードはどこもそれなりに賑わっていますね。東口、西口共に表側という印象を受けたのですがどうなんでしょう。地元ではやっぱりメインはこっちってのがあるのかな。

バーボンロードとかまたえん

ota_38

アーケードを出て東急線の線路沿いを歩いてみるとナイスなネーミングの通りに遭遇。

ota_41

バーボンロードですって。

晴天の真昼間に通っちゃったのでバーボン的匂いが皆無の爽やかな写真になっておりますが、いいね、バーボンロード。正式名称は蒲田東急駅前通り会という商店街らしいのですが、バーボンロードの由来に関する情報はWEBでは見つけられず。バーボンというより焼酎お湯割りって感じの店が多い気もしますが、ガード下からガンガン煙が出ている焼き鳥やら個人的に気になる鰻串焼きなど魅力的な店が並んでいました。夜はまた雰囲気ガラッと変わりそうですね。

ota_40

猫に撮影拒否されつつ次の目的地へ向かう。

ota_42

バーボンロードから見えていて、おおそうだ、蒲田にはこれがあったよと思い出しました。

ota_44

東急プラザの屋上にあるかまたえん。

ota_43

ota_47

天気がよかったからか、思ったよりも大勢のちびっこが集っておりました。

参考 屋上かまたえん(東急プラザ蒲田)

都内唯一の屋上観覧車として、蒲田のランドマークに。
この度、「東急プラザ蒲田」に復活する「屋上観覧車」は、1968年に設置され、「東急プラザ蒲田」が一時閉店した2014年3月までの45年間、地域の人々に愛され続けてきました。(中略)2014年3月の閉店の際、閉鎖の危機を迎えましたが、皆様から存続を望む応援の声を頂き、2014年10月のリニューアルでは、カラーリングを新たに復活しました。

ota_45

かなりこじんまりとしたサイズの観覧車ではあるけれど青空によく映えてなんとも気持ちいい。一昔前は当たり前のように存在していたデパートの屋上遊園自体が既に絶滅危惧種。都内のデパート屋上に観覧車があるのは今ではこのかまたえんのみだそうです。

ota_48

しかし今日日大人が一人でこんなところでにこにこしながら子供の様子を眺めてたらちょっとした「事案」になりかねませんね。以前もふらっと遊園地に入ったりして本人は写真を撮るから一人でこういうところに来るのにあんまり抵抗ないんですが、カメラも注意しないとそれこそ怪しい感じになるでしょうか。

ota_49

もちろんほとんどがお子様連れでしたが、私と同様陽気に誘われて登っちゃった感のある大きなお友だちの姿もちらほらありました。

蒲田の大箱で一杯、そして夜の蒲田

ota_60

そろそろ夕方近くなってきたので暗くなる前にどこかで1杯飲んで帰ろうと西口散策を再開。

ota_52

ota_58

このぞわぞわとごちゃついた感じ、悪くありません。

ota_56

大箱発見。最近こういうベタな大箱居酒屋の存在を見直し中の私、ここに決めました。

ota_57

小さな店はもちろん大好きなんだけど人気店だとすぐいっぱいになって入れないじゃないですか。一人居酒屋で飲むのに予約して出かけることなんてまずないし、こういう大型店の包容力ってつくづくありがたいよなあと近頃改めて感じているのです。

2階のカウンター席に通され周りの常連さんにならって「サービス」なるものと生ビールをオーダー。サービスとはその日のサービスメニューのことらしく、本日はひらまさのお刺身が200円でした。そりゃまさに大サービスですね。

toriman

かなりの席数があるにも関わらず明るい時間から既にほぼ満席。その熱気とややあたりの強いおねえさんに圧倒されたか、せっかく地元大衆酒場にトライしたというのにことごとく外す私。この写真からしてもう間違ってるもんね、うっかり生頼んでしまったけど少々冷えてきた夕刻、刺身を食べるなら初っ端は熱燗にすべきだった。 そしてお隣の先輩がオーダーしていた小鍋へと流れるべきだった、などと後々反省。

一人居酒屋の満足度というのは自分の腹具合と酔い具合を見計らいつつきちんとキレイに飲み食いできる分量をバランスよくオーダーできるかどうかにかかっている。こういうメニューの多い店では特に迷いは禁物なわけですよ。

ううむ、まだまだ修行が足りん。悪いのはお店じゃなくて私です。

ota_64

戦い破れた蒲田の夕暮れ、涙を拭って別の店にてリベンジをなどと考えるもここは深追いせずに潔く負けを認めて帰ろうと駅に向かう。

ota_62

駅前の商店街もすっかり夜の顔。

ota_63

ota_65

そこそこ長時間過ごしたというのに何一つ盛り上がらなかった蒲田散歩。でもこういうどうしようもないのが結構好きだったりします。

ota_67

帰りはJR蒲田駅から。

ota_68

ota_69

蒲田駅の発車メロディは蒲田行進曲。電車に乗り込みふと見上げると

ota_70

あ、銀ちゃん。

思い返せば銀ちゃんに始まり銀ちゃんに終わった大田区蒲田散歩。東京散歩も佳境に入ったというのにこの地味な感じはどうなんでしょう。まあいいか、散歩に派手も地味もあるかって話。

つまらない街歩きがなんとなくできる日々というのはありがたい。と、こんな日は改めて思うのです。

 




関連記事

かかし 清洲橋通り

大江戸線にならって、清澄通りを歩く。東京散歩・江東区

何度も足を運んでいるけれど、同じ場所でも訪れる時間が違えば街の表情は変わるのだな、などと考え

記事を読む

水道橋駅から皇居周辺、そして東京駅を歩く。東京散歩・千代田区

近くの旅でも旅は旅。 ということで、改めて都内各地に出かけています。 関連 東京

記事を読む

生まれも育ちも葛飾柴又。東京散歩・葛飾区

近場であっても旅は旅。 ということで改めて東京を巡ることを思いつき。 参考 東京散歩。近場の

記事を読む

東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

旅が好きです。 海外もいいけど、日本国内でまだ行ったことのない場所もあるなあ、というこ

記事を読む

駅前歩き、ブロードウェイと自家製ビール。東京散歩・中野区

中野区散歩の続きです。 関連 神田川を越えて新宿から中野へ。東京散歩・中野区 こ

記事を読む

70’S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

青物横丁 丸富で鰻串を楽しむ。

先日の品川散歩の続きです。 駅前を横切る通りの名はご覧の通り妙にハイカラ。青物横丁になぜ突

記事を読む

新橋ときそば

新橋ときそばでひとり昼酒、蕎麦屋酒 東京散歩・港区

港区散歩の続きです。 関連 浜松町駅から東京タワーを歩く 関連 東京タワーから新

記事を読む

飛鳥山公園あじさいの小径を歩く 東京散歩・北区。

今年はなんとなく、紫陽花が気になるな。 桜に対してはそれなりに心を砕き、毎年恒例の酒盛

記事を読む

秋の目黒川

権之助坂に酉の市。東京散歩・目黒区

近くの旅でも旅は旅。 ということで、長く住んでいるのにイマイチきちんと向き合ってこなかった感のあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑