歯の治療は地獄の苦しみ。

公開日: : 健康と美容

ワンタフトブラシ

久しぶりに受けた歯科検診がきっかけとなり、ただいま絶賛治療中です。

関連 失くしてからの後悔を防ぐためにすべきこと。

いやー、よかった。いいタイミングで行ったわ、歯科検診。

5年前だったら面倒&恐怖でスルーしちゃってた気がするもの。

歯の治療は地獄の苦しみ

などと清々しい感じを醸し出してみてはいますが、その実情は悲惨そのもの。

治療初日は全体的なクリーニングと歯磨き指導という極めてライトな内容だったにも関わらず、ここは地獄だと思いました。

何せ病院通いに慣れていないもので緊張が凄い。歯石除去だけで汗だくですよ。大の大人が恥ずかしいったらありゃしない。

別のブース(っていうのか)で治療しているまさるくん(仮名・推定4歳)が頑なに口を開けようとせず先生が困り果てている様子を聞きながら、ああそうだよね、まさるくんの10倍の長さを生きてきた私ですらこの有様なんだから、まさるくんはずっとずっと怖いはず、おいそれと口なんか開けられないよね。わかる、わかるよ、がんばれまさる、と汗だくで支援テレパシーを送りましたがまさるには届かなかったようでギャン泣きしてました。

そりゃ泣くよなあ。と、届かなかったテレパシーを脳内にしまい込んでいるとふと幼い頃の記憶が蘇る。

超音波 歯石除去が痛い

まさる同様歯科医が苦手だった子crispyは初めての歯科通いで泣きはしなかったものの結構な抵抗をしたようで、恐怖に耐える健気な幼女を気の毒に思った先生が

「ごめんね、怖い思いさせて。先生ちゃんと責任とってcrispyちゃんお嫁さんにもらってあげるからね」

とかなんとか言って懸命になだめておられました。冷めきった幼女は

「痛い目あわされてその上なんでこのオッサンに嫁がなアカンのじゃ、そんなもんこっちが損してばっかりやないか」

とかなんとか考えていたのですが、激しく面食いの母が後々

「あの時の歯医者さんはいい先生だったわねえ、うふふふ」

とかまんざらでもなさそうに笑っていたところから察するに、若いイケメン先生だったと思われます。

しかしこの発言、40年前は微笑ましいエピソードとして淡々と処理されていたけれど、今だったら状況によってはなんとかハラスメントになるのかしら。Twitterあたりで暴露したら炎上したりして。しないか。

とかなんとかしょうもないことを懸命に考えながら現実から気をそらしておったわけですが、私があまりに痛がるため歯石除去は段階的にやりましょうね、ということになったのでした。ヘタレもここに極まれり。

ていうか、歯石除去ってこんな痛かったっけ?超音波でウィーンってヤツ。いや「こんなに」というほどの激痛では決してないんだけど、歯がピリッとしみるあの独特な感じは本当にイヤなものですね。ハァ。

ワンタフトブラシとY型フロスをすすめられる

dentalcare2

さて歯石除去を深追いせず(できず)後半は歯磨き指導へ。

いつもやっているように磨いてみてください、と言われて歯磨きテクを歯科衛生士さんに披露するのですが、これ、まあまあ恥ずかしいですね。よく考えたら歯磨きしているところを誰かにまじまじと見つめられる機会なんてそうそうないので当然といえば当然か。

歯磨き自体はなかなか上手くできている、とお褒めの言葉をいただき一安心。そりゃね、ここ最近私の中で空前の歯磨きブームが来てますからね。

が、最近使用を再開したデンタルフロスについては今使っている指巻きタイプではなくY型のものをすすめられました。

指巻きタイプではどうしても奥歯まで届かないので、柄がついているもののほうが使いやすいですよ、とのこと。そりゃそうだ。ちなみに歯磨き指導で用意された歯ブラシは現在私が使用しているものと同じものでした。

関連 いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

こりゃいい選択でしたね。さらに

「親知らずを抜かないとなるとかなり重要になるのでこれも使ってくださいね」

と、ワンタフトブラシもいただきました。

えええ、抜かなくてもいいの?と小躍りしそうになったのですが、多分そういうことじゃない。抜いたほうがいいとハッキリ宣告したにも関わらずこの女は決心がつかずにぐずぐずもじもじ迷っている、とカルテに書かれていたのでしょう。

実は抜歯するほうにかなり気持ちが傾いていたのですよ。コメントで親知らず抜歯についてのアドバイスをいただいたり、気になっていたドルツのレビューをいただいたりもして、ううむやはりここは思い切って抜いたほうがいいのでは、私もいけるんじゃない?って。

が、歯石除去ごときで汗だくになってみておいおい大丈夫か、とまたもや不安になったのでした。なんでこんなに痛みに弱いのかしら。それは本気で痛い目を見たことがないからだ。

まあその話は今日のところはうやむやにしておきましょう。

正しい歯磨きのすすめ

今回改めて指導された歯磨きのポイントは

  • 毛先を歯と歯茎の境目にきちんと当てる
  • 歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で磨く
  • 5~10mm幅を目安に細かく動かし1本づつ丁寧に磨く

の3点。鏡をしっかり見て丁寧にブラッシングして下さいね、とのことでした。

はい、素直にがんばります。

歯磨きって丁寧にやると結構面白いなあと最近になって感じています。洋服とか靴のお手入れもハマると楽しいっていうけれど、こういう感覚かもしれないなあなんて思ったり。

ミニマリストの持たない暮らし

ものを長く、大切に使うために必要なのは使い方とこまめなメンテナンス。それは人体でも同じこと、というか、体こそきちんとケアすれば応えてくれるものなんだ。と、信じて。

抜く、抜かない問題も含め、歯科通いネタはもう少し続きます。

 




関連記事

アトピーとほうれい線をにわかオイリー肌で改善する。

By: Ernst Moeksis[/caption] 日本を離れて早10日が経過しました。

記事を読む

ヒールを楽しむための対策、痛い魚の目の簡単な治し方。

旅の装いのため、そして手持ちのヒール活用のために先日購入した折りたたみシューズ。 旅の

記事を読む

おばさん愛用コスメはごま油とニベア。

By: Justus Blümer 最近、愛用化粧品について質問を受ける機会がありました。お

記事を読む

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

白髪を染めないという選択肢。

By: Melanie Tata[/caption] 白髪ケアが面倒くさいなあもう。

記事を読む

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予防の手洗いやアルコール消毒が原

記事を読む

今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

By: Magdalena Roeseler[/caption] 突然ですが、残念ながら今す

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

40代の今、エイジングケアよりシンプルケアを選ぶ理由。

By: Nadia Phaneuf[/caption] ここのところ基本部分の肌の調子はいい

記事を読む

素焼きミックスナッツ

素焼きアーモンドに飽きたらミックスナッツがおすすめ。

乾きもの。 その言葉の意味を知ったのはまだ私が可憐な少女だった頃のこと。なんて大人っぽ

記事を読む

Comment

  1. ケイコ より:

    Oh….
    歯石除去がアダとなりましたか…なんと。

    とはいえ既に暑くなってきましたので、10月1日あたりに抜歯予約をして、親知らずのことは3ヶ月ほど忘れておくというのはいかがでしょう。
    ええ、先送りです(笑)

    そういえば、私は幼少時から褒められるほど痛みに強かったのもあって、注射とか歯医者は痛くない&怖くないと思い込んでるフシがあります。
    歯石除去は「うっひゃー歯がキレイになる!もっと削れ!」とか思ってますし…

    …大事なのは思い込み力?

    とりあえず、歯石除去しながら歯医者に慣れていく感じですかね。
    ファイトです!

    • crispy-life より:

      ケイコさん

      お恥ずかしい…。終わってみれば歯がキレイになって嬉しいんですけどね。音が怖い。

      今年後半はまた旅の予定があり、国外にいる時に痛んだりしたら大変なので、早いうちに決めちゃったほうがいいんだろうなと思っています。

      思ってるんですけどね。

      どうにかして大丈夫なように自己暗示をかけます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑