ファスティング(家断食)の記録 その6 ~ゴール目前の心境~

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 ファスティング(家断食), 健康と美容

japanesepic

今回の断食は、断食ジュース食(?)3日に回復食3日、と設定しています。よって明日の朝食で「普通のご飯」を解禁しようかと。

と、いうことは、今夜の夕食で回復食メニューは終わり!やったー!ゴール目前ではないですか。

回復食は朝・晩の2回だけ摂っているので、15時頃になるとかなり空腹感が襲ってきます。もちろんここでも生姜紅茶をのんで凌ぎました。糖分取らなきゃ仕事にならないので。

気になるサイズ変化ですが、体重は2~3kg減でいったりきたり、下腹部サイズは-3cmです。お肌の調子は相変わらずいい感じ!!これは想定外に嬉しい効果でした。

参考 ファスティング(家断食)の全記録

断食食最後の晩餐。

beerandage

厚揚げをグリルでこんがり焼いて、生姜を乗せて…あれ?なんか向こうに金色の液体が見えますね。

って、こんなのフツーの晩酌じゃん!!

というツッコミが聞こえてきそうですが、最後の晩餐らしくビール1杯だけ頂きました。恐らくファスティング施設ではこのタイミングでビール出ないでしょうが、まあこういうところが自宅断食の緩さってことでここはひとつ。

もちろん断食開始から今日まで一滴も呑まず、でした。
こんなに呑まないなんて、何年振り??というくらい、酒を口にしませんでした。ええ、わたくし毎晩晩酌しますから。

今夜の回復食メニュー。

実は焼き厚揚げはオードブルでありまして。

  • 5分粥
  • わかめと豆腐の味噌汁
  • じゃこおろし
  • 切り干し大根
  • 茄子の糠漬

うわぁ、だんだん豪華になってますね。いや、みなさんの夕食と比べれば全く豪華じゃないかもしれないけれど、断食明けの目からみるとこれは豪華すぎる食事です。だんだん普通の白米に近づいている感じがなんだか泣かせるじゃないですか!




関連記事

ファスティング(家断食)の記録と効果 その1~なぜ断食?~

もう随分と昔のことになりますが、一度だけ 「家断食」 にチャレンジしたことがあり

記事を読む

ヘアカラートリートメントで白髪ケア、の進捗状況。

夏頃から白髪対策として使い始めたカラートリートメントについて。 参考  【白髪ケア】ヘ

記事を読む

ワンタフトブラシ

親知らず抜歯痕に関する悲しいお知らせ。

もう行きたくない。だからこそ行く。それが、歯科検診というものです。 関連 痛みに弱い人

記事を読む

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

関連痛?抜歯痕以外の痛み 40代の親知らず抜歯記録。

By: Steve Snodgrass[/caption] 経過はすこぶる順調かに思われたの

記事を読む

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。 参考 おやつ

記事を読む

耳掻き依存症から抜け出すための対策。

By: Lisa Williams[/caption] 耳かきが好きです。 自覚してい

記事を読む

新橋ときそば細打ち

食べる量を減らしたくはない おなかぶよぶよ大作戦。

それはいいけどおまえの腹問題はどうなったのだ。 高らかに宣言しておきながらその後一切触

記事を読む

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブル登板」の皮膚科受診から、2週間が経過しました。4年ぶりの診察、

記事を読む

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑