砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

砂肝とねぎの塩炒め

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。

そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。私は、あります。

おかげさまで歯ごたえを楽しめるものが好きなので、砂肝を炒めて食べる時は固い銀皮を取り除いたりはしません。

なのに今日はなんとなく取ってみようかな、と閃いたのでした。

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

  • キャベツの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 焼きしいたけ
  • 砂肝のねぎ塩炒め

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

油揚げとたっぷりのキャベツが入った味噌汁は、もはやキャベツの味噌味煮浸し状態。出汁は昆布と砂肝。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、きゅうり、にんじん。

焼きしいたけ

焼きしいたけ

フライパンで素焼きしたしいたけを切ってうつわに盛り、粗塩を振ってすだちを添えます。

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝は半分に切り銀皮を包丁でそぎ落とし、厚みのある部分に切り込みを入れます。油を引いたフライパンで砂肝を炒め、火が通ったら塩、胡椒、薄切りにしたピーマン、ねぎのみじん切りを加え炒め合わせ、最後にごま油で香りをつけたら完成。

銀皮はざっくり取り除いただけなのでところどころ歯ごたえも残る仕上がり。取り除いた銀皮はゆでて後日のつまみへの繰り越します。あくを取ったゆで汁は味噌汁に流用。添えるはひやの吟醸酒。ビールでもよかったかなあ。

ビールのおつまみ

銀皮つけたそのまんまのしっかりした歯応えも好きなんだけど、当然ながら取り除いたほうが確実に食べやすいですね。そして、銀皮を外してしまえば8個くらい入ったものを1パック使っても十分食べきれることが判明。外してみると銀皮ってかなりボリュームあるんだと今更ながらに認識しました。これからはこの方法もアリだなあ。

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

砂肝欲が満たされて満足すると同時に、しいたけの旨さに悶絶寸前です。

しいたけ単体でも十分香り高くよろしいのだけど、すだちをキュッとやるとえらいことになりますね。これが松茸だったら、なんて思いません。しいたけにしいたけの良さがあるんだよ、ありのままでいていいんだよ、とやさしく言い含めてあげたい。しいたけに。

私の稚拙な調理技術を駆使してあれこれいじくりまわさなくても、塩パラっ、すだちキュッ、だけで立派な酒のつまみになるんだから、晩酌準備がシンプル化の一途をたどるのも無理はありません。

 




関連記事

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し、紅芯大根サラダ献立。

本日は景気良くお頭つきの鯛、じゃなくて、お頭だけいただきます。 「あら」や「かま」に弱

記事を読む

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

I'm back. 恥ずかしながら、帰ってまいりました。 あんなことを言っておきなが

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

鶏むね肉の梅おろし和え

鶏むね肉の梅おろし和え、ピーマンの焼きびたし献立。

食欲の落ちる夏にぴったりの、さっぱりとした鶏肉料理。 などとそれっぽい書き出しでスター

記事を読む

塩豚ときのこの黒酢スープ

塩豚ときのこの黒酢スープ、キャベツの辛み蒸し献立。

今宵の献立をありあわせの材料で間に合わせるという行為は、家庭料理、中でも一人晩酌においては中

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなっていると感

記事を読む

家飲み献立 12/2 鶏肩肉の香味ダレ、白菜とツナの蒸し煮他全5品。

冷え取り対策のウォーキングに出かけていて発見してからとても気に入って通っているスーパー。そこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑