砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

砂肝とねぎの塩炒め

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。

そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。私は、あります。

おかげさまで歯ごたえを楽しめるものが好きなので、砂肝を炒めて食べる時は固い銀皮を取り除いたりはしません。

なのに今日はなんとなく取ってみようかな、と閃いたのでした。

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

  • キャベツの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 焼きしいたけ
  • 砂肝のねぎ塩炒め

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

油揚げとたっぷりのキャベツが入った味噌汁は、もはやキャベツの味噌味煮浸し状態。出汁は昆布と砂肝。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、きゅうり、にんじん。

焼きしいたけ

焼きしいたけ

フライパンで素焼きしたしいたけを切ってうつわに盛り、粗塩を振ってすだちを添えます。

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝は半分に切り銀皮を包丁でそぎ落とし、厚みのある部分に切り込みを入れます。油を引いたフライパンで砂肝を炒め、火が通ったら塩、胡椒、薄切りにしたピーマン、ねぎのみじん切りを加え炒め合わせ、最後にごま油で香りをつけたら完成。

銀皮はざっくり取り除いただけなのでところどころ歯ごたえも残る仕上がり。取り除いた銀皮はゆでて後日のつまみへの繰り越します。あくを取ったゆで汁は味噌汁に流用。添えるはひやの吟醸酒。ビールでもよかったかなあ。

ビールのおつまみ

銀皮つけたそのまんまのしっかりした歯応えも好きなんだけど、当然ながら取り除いたほうが確実に食べやすいですね。そして、銀皮を外してしまえば8個くらい入ったものを1パック使っても十分食べきれることが判明。外してみると銀皮ってかなりボリュームあるんだと今更ながらに認識しました。これからはこの方法もアリだなあ。

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

砂肝欲が満たされて満足すると同時に、しいたけの旨さに悶絶寸前です。

しいたけ単体でも十分香り高くよろしいのだけど、すだちをキュッとやるとえらいことになりますね。これが松茸だったら、なんて思いません。しいたけにしいたけの良さがあるんだよ、ありのままでいていいんだよ、とやさしく言い含めてあげたい。しいたけに。

私の稚拙な調理技術を駆使してあれこれいじくりまわさなくても、塩パラっ、すだちキュッ、だけで立派な酒のつまみになるんだから、晩酌準備がシンプル化の一途をたどるのも無理はありません。

 




関連記事

トルティージャの献立

トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日は、スペイン風オムレツ・トルテ

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、オクラ長いもポン酢献立。

青魚食べたい。 最近店先で丸々とした鰺を見かけるたびにそう思っていたのですが、現在の調理環境は

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

葱と卵の炒めもの献立

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

困った時の卵炒めです。 葉野菜の値段にぶるぶる震える中、大好きな白葱がいい感じの太さに

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

しめじと大根の味噌汁 ぬか漬け しらたき明太 なすのにんにく炒め

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

我慢ならずに今日はなす。 憧れ?のなすのにんにく炒めです。 妄想で作り上げる、大

記事を読む

ねぎとベーコンのチャーハン献立

休肝日ごはん ねぎとベーコンのチャーハン献立。

ノンアルコール週間のため、そして新しいうつわの盛り実験のため、似たような構成の献立と写真が延

記事を読む

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

家飲み献立 12/14 野菜たっぷりの蒸し鍋。

今日は衆議院選挙投票日でした。 みなさん投票行きましたか? 夕方は東京でも雪が降った

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑