砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

砂肝とねぎの塩炒め

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。

そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。私は、あります。

おかげさまで歯ごたえを楽しめるものが好きなので、砂肝を炒めて食べる時は固い銀皮を取り除いたりはしません。

なのに今日はなんとなく取ってみようかな、と閃いたのでした。

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけで家飲み

  • キャベツの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 焼きしいたけ
  • 砂肝のねぎ塩炒め

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

油揚げとたっぷりのキャベツが入った味噌汁は、もはやキャベツの味噌味煮浸し状態。出汁は昆布と砂肝。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、きゅうり、にんじん。

焼きしいたけ

焼きしいたけ

フライパンで素焼きしたしいたけを切ってうつわに盛り、粗塩を振ってすだちを添えます。

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め

砂肝は半分に切り銀皮を包丁でそぎ落とし、厚みのある部分に切り込みを入れます。油を引いたフライパンで砂肝を炒め、火が通ったら塩、胡椒、薄切りにしたピーマン、ねぎのみじん切りを加え炒め合わせ、最後にごま油で香りをつけたら完成。

銀皮はざっくり取り除いただけなのでところどころ歯ごたえも残る仕上がり。取り除いた銀皮はゆでて後日のつまみへの繰り越します。あくを取ったゆで汁は味噌汁に流用。添えるはひやの吟醸酒。ビールでもよかったかなあ。

ビールのおつまみ

銀皮つけたそのまんまのしっかりした歯応えも好きなんだけど、当然ながら取り除いたほうが確実に食べやすいですね。そして、銀皮を外してしまえば8個くらい入ったものを1パック使っても十分食べきれることが判明。外してみると銀皮ってかなりボリュームあるんだと今更ながらに認識しました。これからはこの方法もアリだなあ。

一人晩酌つまみ 砂肝の黒七味炒め、塩鮭と白菜のみぞれ煮。

砂肝欲が満たされて満足すると同時に、しいたけの旨さに悶絶寸前です。

しいたけ単体でも十分香り高くよろしいのだけど、すだちをキュッとやるとえらいことになりますね。これが松茸だったら、なんて思いません。しいたけにしいたけの良さがあるんだよ、ありのままでいていいんだよ、とやさしく言い含めてあげたい。しいたけに。

私の稚拙な調理技術を駆使してあれこれいじくりまわさなくても、塩パラっ、すだちキュッ、だけで立派な酒のつまみになるんだから、晩酌準備がシンプル化の一途をたどるのも無理はありません。

 




関連記事

新玉ねぎ卵炒め献立

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献

記事を読む

鰺のたたき

鰺のたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

今夜は冷しゃぶにでもしようかな。 と思いつつ鮮魚売り場も念のため巡回していると、まるっ

記事を読む

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

蒸し鶏となすのしょうが和え献立

蒸し鶏となすのしょうが和え、切り昆布のきんぴら献立

本日のメイン、正しくは「蒸し鶏と蒸しなすの香味野菜タレ和え」です。しかしあまりにも長ったら

記事を読む

カイチアオムーサップレシピ

ひき肉入りオムレツ、ピーマンの丸煮で晩酌。

発注していた日本酒が届かなかったので本日はビール縛りで。 ということはこの夏登場の少な

記事を読む

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

じゃがバターですよ、奥さん。長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでし

記事を読む

豆苗の冷豚しゃぶ

豆苗の冷しゃぶ、きくらげとザーサイの卵スープ。

献立には焼いたものとか煮たものとかいろいろあるほうがいいよね。 などと書いたそばから焼

記事を読む

れんこんチーズ焼き

れんこんチーズ焼き、梅えのき納豆献立。

元ネタは、フライパンで焼くチーズトーストです。 食パンをれんこんに変えても似たような焼

記事を読む

家飲み献立 10/12 秋刀魚のアヒージョと白ワイン。

昨夜はやや肌寒く、そして帰りが遅くなってしまったので簡単にスープでも…と思ったのですがいい材

記事を読む

カヴァで家飲み

牡蠣のオイル漬けとカヴァで家飲み。

大雪が降るって予報だったじゃないですか。 そっちがそのつもりなら私にだって考えがある。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑