千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること

千切りにんじんの塩炒め献立

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。

とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、ビールも買っておけばおかったなと後悔しました。

とうもろこしにはやっぱりビール!と思ってしまうのは、味のバランス云々の問題ではなく、とうもろこしのあまりの夏野菜らしさによる印象操作なのではないか、などと疑いつつ、かじる。

せっかく準備が整ったので慌てて買いに走ることはしなかったけれど、とうもろこし、旨いです。

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌

千切りにんじんの塩炒め献立

  • ぬか漬け
  • 豚汁
  • 小松菜しらすおろし
  • ゆでとうきび
  • 千切りにんじんの塩炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラ、大根葉、大根。

豚汁

豚汁

こちらは先日の残りもの。具がさみしくなっちゃった。

小松菜しらすおろし

小松菜しらすおろし

茹でた小松菜に大根おろしとしらすをあわせたもの。酢をちょろっとたらしてさっぱりといただきます。

ゆでとうきび

ゆでとうきび

とうもろこしは塩茹にしてかぶりつく。

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め

千切りにしたにんじんを油で炒め、塩、胡椒、酒で味付け。最後にネギを投入して風味をつけます。元ネタはいつもお世話になっています、ウー・ウェンさんのレシピです。

メインがにんじん炒めというなんともあっさりした晩ご飯。実は作り始めるまではにんじんは塩炒めじゃなくて、卵とツナを入れてボリュームを出す予定でした。でも、豚汁だし、しらすだし、とうもろこしもあるし、メインはもっとシンプルでいいかしら、と千切り中に方針を変更したのでした。

でも、こうやってみると別にどっちでもよかった気もする。何をそんなにビビっているのだ、私なんだか臆病になっているみたい。

おつまみレシピブログ

晩酌献立を記録し続けて早3年。近頃はすっかりマイ晩酌スタイルが出来上がっており、使ううつわのパターンも決まってきているからか、つまみの量もほぼ一定になっています。以前に比べれば多少食が細くなってきたかな、と思うものの、まあまあきちんと食べているほうではないでしょうか。

が、やはりご飯を食べない夕食というのは炭水化物大好きな両親にとっては理解し難いらしく、帰省すると、少食すぎる、もっと食べろと言われてしまうのです。

野球部員じゃないんだからそんなに食べられないよ、と思うのだけど、昨日送られてきた実家の夕食風景写真に写ったそうめんマウンテンに我が目を疑う。一体何把茹でたのかと。育ち盛りかと。

お元気そうでなによりです。

 




関連記事

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

家飲み献立 11/19 手羽先とキャベツの蒸し焼き、しいたけと三つ葉の和え物他全5品。

寒くなってくると、野菜類が俄然頼もしくなってきますね。 近所の市場の八百屋さんはいい野

記事を読む

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

こんにゃくステーキ献立

こんにゃくステーキ、豚汁で家飲み。

おなかがぶよぶよだから整腸のために、というわけではないけれど、こんにゃくです。 こんに

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/27 キャベツの煮浸し。

贅沢に昼ワインを楽しんだあとはお昼寝。 目が覚めて暫くすると、雷が鳴り始めて夕立がきました

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

すっぴんるみ子の酒

三重の酒 すっぴん るみ子の酒 9号酵母で晩酌。鰤と小松菜の梅昆布蒸し。

またまた日本酒に強い酒屋を発掘しました。 これでますます日本酒ツアーが快適になるという

記事を読む

玉ねぎの卵焼き、キャベツと海苔の白和え。

3連休ですか。 暦とは全く連動しない日々を送っている私は休日に特別な感情はないのでいつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑