京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,




英勲 秋上がり

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。

家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

デパ地下をパトロール中におねえさまから試飲を勧められ秋の酒を飲み比べ。晩酌のお供にぴったりですよ、とのお言葉にのっかり京都の酒をいただいて帰りました。

京都の酒 英勲 秋あがり

英勲秋上がり

どかんと赤く光る「秋上がり」の文字がいいですね。

参考 会社概要(齊藤酒造)

いにしえより酒づくりの中心は京都でした。このはるかな時の流れを背景に齊藤酒造が誕生したのは、明治二十八年のことです。齊藤家の先祖は元禄の頃に泉州より当地へ移り、井筒屋伊兵衛として呉服商を営み、酒造業に転じるまで八代にわたって老舗を受け継ぎ守りました。

酒造業に転じるきっかけはなんだったのでしょうか。まあ商売は時代とともに変化していくものですけども、呉服の次は酒や!となった要因はなんだったのか妙なところが気になります。

とにかく秋の味をいただきましょう。おお、ふんわり香ります。
晩酌のお供としては香り豊かな吟醸酒よりも辛口の純米酒を選ぶ派なのですが、最近この手のタイプはご無沙汰だったのでいい感じです。おねえさんのおすすめはひやだったけれど、サイトによると軽く燗つけるのもよし、とのこと。確かにぬる燗にするとより香りが立ちそうです。

京都の酒 英勲 秋あがり データ

蔵元 齊藤酒造(京都府・京都市伏見区)
種類 吟醸
精米歩合 60%
日本酒度  +4
酸度  1.3
アルコール度  15度

 

まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え献立

一人晩酌 鮪あら塩焼き

  • ぬか漬け
  • キャベツの塩昆布和え
  • 蕪の煮浸し
  • まぐろあら塩焼き

ぬか漬け

一人晩酌つまみ ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、蕪、なすの3種盛り。蕪大活躍。

キャベツの塩昆布和え

一人晩酌つまみ キャベツの塩昆布和え

ちぎったキャベツを塩昆布とごま油で和えたもの。久しぶりにまつのはこんぶを購入したのでさっそく晩酌メニューに投入です。

蕪の煮浸し

一人晩酌つまみ 蕪の煮浸し

こちらは先日の残り物。蕪大活躍。

まぐろあら塩焼き

一人晩酌つまみ まぐろあらの塩焼き

まぐろのあらをフライパンで塩焼きに。たっぷりの大根おろしとすだちを添えていただきます。

日本酒購入後魚売り場で見つけたまぐろのあら。アラとかカマとかにめっぽう弱いので迷わず選んでしまいました。まぐろだからこってり甘辛く煮付けたりニンニクとあわせてステーキっぽく焼くのもいいなあなんて迷ったのですが、お兄さんが塩焼きもいい、と言うのでここはシンプルに。結構身がたっぷりで大満足でありました。

日本酒にあうおつまみレシピ

酒が秋上がりだというのにさほど秋らしくない献立になってしまったけれど、なんだか久しぶりに作った気がする魚の塩焼きににっこり。作った、といっても焼いただけですが、焼いた魚はやっぱり旨い。日本酒の瓶眺めながら魚をつつく幸せたるやもう、という感じでまたまたにっこりの夜でした。

ああ、家飲みは楽しいな。毎日お気楽でどうもすみません。

 




関連記事

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

家飲み献立 11/12 大根と手羽中の煮物、トマトのしょうが蒸しなど。

今日は寒かったですね。 昼から晴れるという予報だったので信じていましたが、結局さほど気

記事を読む

きのこディップ

きのこディップで赤ワイン。

連日暑苦しいシチューネタで失礼します。 酒粕を使ったクリームシチューが思いの外シチュー

記事を読む

宮崎の酒千徳カップ

宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐、焼き枝豆献立。

さすがにホイホイ発見できなくなってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

春日野道 お好み焼き「えみちゃん」暫定1位店は神戸にあり。

By: JOHNNY LAI[/caption] お好み焼きが好きです。 関西でお好み

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

卵ときくらげの炒めもの

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

ここ数年できくらげと親密になりました。 昔は殆ど使ったことがなかったきくらげ、乾物で賞

記事を読む

鶏もも肉と桃と泡。

小ぶりな桃が店頭に並んでいたので思わず手に取る。 果物は全般的に好きですが、桃は中でも

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

にじますのハーブ焼き

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。 馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだ

記事を読む

Comment

  1. パンツ より:

    いつも楽しく拝読しております。
    引っ越しされたんですね。次はどういった基準で街や住まいを選ばれたのでしょうか、気になります。

    • crispy-life より:

      パンツさん

      いつもお読みいただきありがとうございます。
      引越し無事完了いたしました。今回の引越しの経緯に関してもまたおいおい書いていきますので今後とも宜しくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。
砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だ

枝垂れ桜
これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まって

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

→もっと見る

PAGE TOP ↑