京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

英勲 秋上がり

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。

家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

デパ地下をパトロール中におねえさまから試飲を勧められ秋の酒を飲み比べ。晩酌のお供にぴったりですよ、とのお言葉にのっかり京都の酒をいただいて帰りました。

京都の酒 英勲 秋あがり

英勲秋上がり

どかんと赤く光る「秋上がり」の文字がいいですね。

参考 会社概要(齊藤酒造)

いにしえより酒づくりの中心は京都でした。このはるかな時の流れを背景に齊藤酒造が誕生したのは、明治二十八年のことです。齊藤家の先祖は元禄の頃に泉州より当地へ移り、井筒屋伊兵衛として呉服商を営み、酒造業に転じるまで八代にわたって老舗を受け継ぎ守りました。

酒造業に転じるきっかけはなんだったのでしょうか。まあ商売は時代とともに変化していくものですけども、呉服の次は酒や!となった要因はなんだったのか妙なところが気になります。

とにかく秋の味をいただきましょう。おお、ふんわり香ります。
晩酌のお供としては香り豊かな吟醸酒よりも辛口の純米酒を選ぶ派なのですが、最近この手のタイプはご無沙汰だったのでいい感じです。おねえさんのおすすめはひやだったけれど、サイトによると軽く燗つけるのもよし、とのこと。確かにぬる燗にするとより香りが立ちそうです。

京都の酒 英勲 秋あがり データ

蔵元 齊藤酒造(京都府・京都市伏見区)
種類 吟醸
精米歩合 60%
日本酒度  +4
酸度  1.3
アルコール度  15度

 

まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え献立

一人晩酌 鮪あら塩焼き

  • ぬか漬け
  • キャベツの塩昆布和え
  • 蕪の煮浸し
  • まぐろあら塩焼き

ぬか漬け

一人晩酌つまみ ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、蕪、なすの3種盛り。蕪大活躍。

キャベツの塩昆布和え

一人晩酌つまみ キャベツの塩昆布和え

ちぎったキャベツを塩昆布とごま油で和えたもの。久しぶりにまつのはこんぶを購入したのでさっそく晩酌メニューに投入です。

蕪の煮浸し

一人晩酌つまみ 蕪の煮浸し

こちらは先日の残り物。蕪大活躍。

まぐろあら塩焼き

一人晩酌つまみ まぐろあらの塩焼き

まぐろのあらをフライパンで塩焼きに。たっぷりの大根おろしとすだちを添えていただきます。

日本酒購入後魚売り場で見つけたまぐろのあら。アラとかカマとかにめっぽう弱いので迷わず選んでしまいました。まぐろだからこってり甘辛く煮付けたりニンニクとあわせてステーキっぽく焼くのもいいなあなんて迷ったのですが、お兄さんが塩焼きもいい、と言うのでここはシンプルに。結構身がたっぷりで大満足でありました。

日本酒にあうおつまみレシピ

酒が秋上がりだというのにさほど秋らしくない献立になってしまったけれど、なんだか久しぶりに作った気がする魚の塩焼きににっこり。作った、といっても焼いただけですが、焼いた魚はやっぱり旨い。日本酒の瓶眺めながら魚をつつく幸せたるやもう、という感じでまたまたにっこりの夜でした。

ああ、家飲みは楽しいな。毎日お気楽でどうもすみません。

 




関連記事

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

末廣 山廃純米 ひやおろし

福島の酒 末廣 山廃純米 ひやおろしで家飲み 白菜と豚肉の重ね蒸し、さつまいものにんにくソテー。

せっかく毎晩呑んでるんだから、いろんな地方のお酒を試してみましょう。 そんな風に思いつ

記事を読む

焼きかぶ

焼きかぶ、春菊納豆献立。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお得感から、ついつい手に取ってし

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

豚肉とれんこんの塩焼き献立

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

れんこんを縦方向に切ってみて、ちょっと多かった、と思う。 丸ままの状態ならば楽勝でいけ

記事を読む

まぐろ納豆献立

まぐろ納豆、小松菜の梅和えで晩酌。

外食が続いて胃が少々お疲れ目の週末。 あっさりした献立で軽めに家飲みしましょうねと考え

記事を読む

家飲み献立 9/13 さんまのアヒージョと白ワイン。

失敗ナシ、さんまのアヒージョの簡単レシピです。 今夜は秋刀魚だ!と朝から決めていた本日

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

Comment

  1. パンツ より:

    いつも楽しく拝読しております。
    引っ越しされたんですね。次はどういった基準で街や住まいを選ばれたのでしょうか、気になります。

    • crispy-life より:

      パンツさん

      いつもお読みいただきありがとうございます。
      引越し無事完了いたしました。今回の引越しの経緯に関してもまたおいおい書いていきますので今後とも宜しくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑