元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道, 食べること ,

hyoutan

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。

それは「焼き餃子を味噌ダレで食べる」というもの。

昔はそれを特に変わったことだとは認識していませんでしたが、他の地域ではあまり見られなかったこと、そもそも「餃子と酒しか置いていない餃子専門店」自体が全国的にそう多くないと知ったのは随分大人になってからでした。

餃子の街として知られる地域は浜松や宇都宮など各地にありますが、神戸の餃子は町おこし、観光PR資源というよりは限りなく自然発生的なもの。ゆえに派手さは全くありません。



実は初めての瓢たん

hyoutan2

元町を歩いていてたまたま餃子店の前を通りかかると時間が早かったからか店内はかなり空いている。食べるつもりはなかったのだけど、せっかくだから久しぶりにとついその気になったのでした。

が、うっかり現金を使い果たしてしまい財布の中に千円札1枚しかなかったことに気付き慌てて銀行へ。再び戻るとさっきより2組増えていましたが、まだ空席がありました。よかった。

さてこちらの「瓢たん」元町店。
神戸の餃子専門店として真っ先に名前が挙がる店のひとつなのですが、実は、初めて。
いや、もしかしたら子供の頃家族で来たり、お土産でいただいたりしたことはあったかもしれませんが、自分の意思で入った記憶がありません。若い頃は「赤萬」ばかり行ってたからかなあ。

この後別に食事をする予定があったので軽く1人前とビールで。
混雑時には追加オーダーができないケースがあるので、おなか具合でよく相談してオーダーしましょう。
ビールは先?それとも餃子と一緒に出す?と聞いてくれるので餃子と一緒にとお願いしましたが、夏だったらビールを飲みながら待つのもいいですね。何しろ、注文が入ってからじっくり焼き上げるので、結構時間がかかります。焼いている鉄板を観察しているとかなり水を多めに入れている模様。あれだけの水分を加えてじっくり蒸し焼きにするんだから、少々時間がかかって当然ですね。

カウンターにはしょうゆ、にんにくしょうゆ、酢、赤味噌、ラー油がセットされています。これで好みの具合のタレを自作するのです。あまりにも久しぶりすぎて、昔どんな調合をしていたかすっかり忘れてしまいましたが、今の私の好みを反映してやや酢を多めに配合してみました。

味噌ダレ餃子は「コテコテ」に非ず

hyoutan3

こういうカウンターだけのちいさなお店って写真NGの場合も多いので聞いてみると快くOKして下さったので久しぶりの神戸の餃子をパシャリ。でも、せっかくの焼きたて、早く食べないと失礼にあたる気がしてほんの数秒で撮り終えたのでなんだかよくわからない構図です。ははは。

さて、食べてみてあー、そうか、そういうことか、と妙に納得しました。

焼き餃子ってそもそも結構しっかりした味がついているのにそこにさらに味噌ダレをつけて食べるってかなりこってり味だったけなあ、などと記憶が曖昧になっていたのですが、違った。
ものすごーくあっさりしていました。
焼き目も薄めで皮も餡もふんわりとしたやさしい味の餃子をしっかり味の味噌ダレで食べる、そっかそっか、そうだったか。などと思いながら思わずラー油を追加してタレ再調合。

うんうんなるほどと頷きながら食べ進めていましたが、もちろん味付けはお店によるところも大きいはず。
餃子専門店ではないけれど、同じく餃子を味噌ダレで食べる三宮の台湾料理店「金山園」なんかは餃子自体がかなりパンチの効いた味付けだし油多めでしっかり焼かれたタイプ。「赤萬」はどうだったかな、もう忘れてるなあ…などと神戸のあちこちのお店を思い起こすのも楽しいもので。

ささっと食べて呑んで、お会計は780円?だったかな。
一人前+小ビンだったからとはいえ、こんな安かったっけ?とわざわざ銀行に寄った自分を笑ったのでした。

瓢たん元町本店
078-391-0364
兵庫県神戸市中央区元町通1-11-15

今回は残念ながら赤萬や金山園、そして大好きなベトナム中華料理の「鴻華園」に行くことはできなかったけれど、また次回は今の自分にとっては既に新しく感じるであろう懐かしの神戸中華をあちこち回ってみたいものです。




関連記事

パシフィックセブリゾート 桟橋

パシフィックセブリゾート滞在記録 セブ・マクタン島。

セブ・マクタン島にあるパシフィックセブリゾートの滞在記録。 今回はリゾートを楽しむ旅ではな

記事を読む

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

マドリード王宮

スペイン・マドリードの旅2015。

念願のスペイン旅行。 バルセロナから移動してマドリードに来ています。 なんとなく

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

凍みこんにゃくのごま味噌炒め

シチュー、凍みこんにゃくのごま味噌炒め献立。

シチューはご飯のおかずになるか? 或いは、ご飯にかけるか? このあまりに平和すぎる論争は、

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え献立。

以前晩酌献立シリーズをお読みいただいているどなたかに、えらい細かく食材使い回しますよね、との

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、梅オクラ納豆献立。

毎度おなじみ卵炒め。 野菜ひとつと卵ひとつで立派なおかずになるので軽めかつメインも張れ

記事を読む

141024d2

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

鶏団子ときのこのスープ

鶏団子ときのこスープ、ふだん草のおひたし献立。

珍しく結構なボリュームのランチを食べてしまった日の夕方、当然お腹が全然減らない。 減ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑