元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

公開日: : 最終更新日:2017/09/12 旅人への道, 食べること

hyoutan

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。

それは「焼き餃子を味噌ダレで食べる」というもの。

昔はそれを特に変わったことだとは認識していませんでしたが、他の地域ではあまり見られなかったこと、そもそも「餃子と酒しか置いていない餃子専門店」自体が全国的にそう多くないと知ったのは随分大人になってからでした。

餃子の街として知られる地域は浜松や宇都宮など各地にありますが、神戸の餃子は町おこし、観光PR資源というよりは限りなく自然発生的なもの。ゆえに派手さは全くありません。




実は初めての瓢たん

hyoutan2

元町を歩いていてたまたま餃子店の前を通りかかると時間が早かったからか店内はかなり空いている。食べるつもりはなかったのだけど、せっかくだから久しぶりにとついその気になったのでした。

が、うっかり現金を使い果たしてしまい財布の中に千円札1枚しかなかったことに気付き慌てて銀行へ。再び戻るとさっきより2組増えていましたが、まだ空席がありました。よかった。

さてこちらの「瓢たん」元町店。
神戸の餃子専門店として真っ先に名前が挙がる店のひとつなのですが、実は、初めて。
いや、もしかしたら子供の頃家族で来たり、お土産でいただいたりしたことはあったかもしれませんが、自分の意思で入った記憶がありません。若い頃は「赤萬」ばかり行ってたからかなあ。

この後別に食事をする予定があったので軽く1人前とビールで。
混雑時には追加オーダーができないケースがあるので、おなか具合でよく相談してオーダーしましょう。
ビールは先?それとも餃子と一緒に出す?と聞いてくれるので餃子と一緒にとお願いしましたが、夏だったらビールを飲みながら待つのもいいですね。何しろ、注文が入ってからじっくり焼き上げるので、結構時間がかかります。焼いている鉄板を観察しているとかなり水を多めに入れている模様。あれだけの水分を加えてじっくり蒸し焼きにするんだから、少々時間がかかって当然ですね。

カウンターにはしょうゆ、にんにくしょうゆ、酢、赤味噌、ラー油がセットされています。これで好みの具合のタレを自作するのです。あまりにも久しぶりすぎて、昔どんな調合をしていたかすっかり忘れてしまいましたが、今の私の好みを反映してやや酢を多めに配合してみました。

味噌ダレ餃子は「コテコテ」に非ず

hyoutan3

こういうカウンターだけのちいさなお店って写真NGの場合も多いので聞いてみると快くOKして下さったので久しぶりの神戸の餃子をパシャリ。でも、せっかくの焼きたて、早く食べないと失礼にあたる気がしてほんの数秒で撮り終えたのでなんだかよくわからない構図です。ははは。

さて、食べてみてあー、そうか、そういうことか、と妙に納得しました。

焼き餃子ってそもそも結構しっかりした味がついているのにそこにさらに味噌ダレをつけて食べるってかなりこってり味だったけなあ、などと記憶が曖昧になっていたのですが、違った。
ものすごーくあっさりしていました。
焼き目も薄めで皮も餡もふんわりとしたやさしい味の餃子をしっかり味の味噌ダレで食べる、そっかそっか、そうだったか。などと思いながら思わずラー油を追加してタレ再調合。

うんうんなるほどと頷きながら食べ進めていましたが、もちろん味付けはお店によるところも大きいはず。
餃子専門店ではないけれど、同じく餃子を味噌ダレで食べる三宮の台湾料理店「金山園」なんかは餃子自体がかなりパンチの効いた味付けだし油多めでしっかり焼かれたタイプ。「赤萬」はどうだったかな、もう忘れてるなあ…などと神戸のあちこちのお店を思い起こすのも楽しいもので。

ささっと食べて呑んで、お会計は780円?だったかな。
一人前+小ビンだったからとはいえ、こんな安かったっけ?とわざわざ銀行に寄った自分を笑ったのでした。

瓢たん元町本店
078-391-0364
兵庫県神戸市中央区元町通1-11-15

今回は残念ながら赤萬や金山園、そして大好きなベトナム中華料理の「鴻華園」に行くことはできなかったけれど、また次回は今の自分にとっては既に新しく感じるであろう懐かしの神戸中華をあちこち回ってみたいものです。






関連記事

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

taiwan-foods6

台湾一人旅でもちょっと一杯したい!台湾一周一人旅の食事 その2。

少し時間が空いてしまいましたが、台湾の食まとめ第2弾。 関連 台湾一人旅でもローカルフ

記事を読む

NY ホテルエジソン

ニューヨーク タイムズスクエア近くどこへ行くにも便利なホテル。

今回のニューヨークの旅は珍しく航空券とホテルがセットになったパッケージツアーを選択しました。

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

160713ienomi_9

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

winterbeer

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

black-coat
40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕

青菜のナンプラー炒め献立
青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょ

minatoku6
誰も知らない、向こう側。

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死

手羽元と白菜の煮込み献立
手羽元と白菜の煮込み、ピーマンの塩昆布和え献立。

黒酢煮を作ろうと考えて、手羽元を仕入れる。 なのに夕方に

newbluebag
汚れた女が、驚きの早さで。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、

→もっと見る

PAGE TOP ↑