元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道, 食べること ,

hyoutan

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。

それは「焼き餃子を味噌ダレで食べる」というもの。

昔はそれを特に変わったことだとは認識していませんでしたが、他の地域ではあまり見られなかったこと、そもそも「餃子と酒しか置いていない餃子専門店」自体が全国的にそう多くないと知ったのは随分大人になってからでした。

餃子の街として知られる地域は浜松や宇都宮など各地にありますが、神戸の餃子は町おこし、観光PR資源というよりは限りなく自然発生的なもの。ゆえに派手さは全くありません。

実は初めての瓢たん

hyoutan2

元町を歩いていてたまたま餃子店の前を通りかかると時間が早かったからか店内はかなり空いている。食べるつもりはなかったのだけど、せっかくだから久しぶりにとついその気になったのでした。

が、うっかり現金を使い果たしてしまい財布の中に千円札1枚しかなかったことに気付き慌てて銀行へ。再び戻るとさっきより2組増えていましたが、まだ空席がありました。よかった。

さてこちらの「瓢たん」元町店。
神戸の餃子専門店として真っ先に名前が挙がる店のひとつなのですが、実は、初めて。
いや、もしかしたら子供の頃家族で来たり、お土産でいただいたりしたことはあったかもしれませんが、自分の意思で入った記憶がありません。若い頃は「赤萬」ばかり行ってたからかなあ。

この後別に食事をする予定があったので軽く1人前とビールで。
混雑時には追加オーダーができないケースがあるので、おなか具合でよく相談してオーダーしましょう。
ビールは先?それとも餃子と一緒に出す?と聞いてくれるので餃子と一緒にとお願いしましたが、夏だったらビールを飲みながら待つのもいいですね。何しろ、注文が入ってからじっくり焼き上げるので、結構時間がかかります。焼いている鉄板を観察しているとかなり水を多めに入れている模様。あれだけの水分を加えてじっくり蒸し焼きにするんだから、少々時間がかかって当然ですね。

カウンターにはしょうゆ、にんにくしょうゆ、酢、赤味噌、ラー油がセットされています。これで好みの具合のタレを自作するのです。あまりにも久しぶりすぎて、昔どんな調合をしていたかすっかり忘れてしまいましたが、今の私の好みを反映してやや酢を多めに配合してみました。

味噌ダレ餃子は「コテコテ」に非ず

hyoutan3

こういうカウンターだけのちいさなお店って写真NGの場合も多いので聞いてみると快くOKして下さったので久しぶりの神戸の餃子をパシャリ。でも、せっかくの焼きたて、早く食べないと失礼にあたる気がしてほんの数秒で撮り終えたのでなんだかよくわからない構図です。ははは。

さて、食べてみてあー、そうか、そういうことか、と妙に納得しました。

焼き餃子ってそもそも結構しっかりした味がついているのにそこにさらに味噌ダレをつけて食べるってかなりこってり味だったけなあ、などと記憶が曖昧になっていたのですが、違った。
ものすごーくあっさりしていました。
焼き目も薄めで皮も餡もふんわりとしたやさしい味の餃子をしっかり味の味噌ダレで食べる、そっかそっか、そうだったか。などと思いながら思わずラー油を追加してタレ再調合。

うんうんなるほどと頷きながら食べ進めていましたが、もちろん味付けはお店によるところも大きいはず。
餃子専門店ではないけれど、同じく餃子を味噌ダレで食べる三宮の台湾料理店「金山園」なんかは餃子自体がかなりパンチの効いた味付けだし油多めでしっかり焼かれたタイプ。「赤萬」はどうだったかな、もう忘れてるなあ…などと神戸のあちこちのお店を思い起こすのも楽しいもので。

ささっと食べて呑んで、お会計は780円?だったかな。
一人前+小ビンだったからとはいえ、こんな安かったっけ?とわざわざ銀行に寄った自分を笑ったのでした。

瓢たん元町本店
078-391-0364
兵庫県神戸市中央区元町通1-11-15

今回は残念ながら赤萬や金山園、そして大好きなベトナム中華料理の「鴻華園」に行くことはできなかったけれど、また次回は今の自分にとっては既に新しく感じるであろう懐かしの神戸中華をあちこち回ってみたいものです。




関連記事

鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し

家飲み献立 2/15 鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し、茹でキャベツの卵ソース。

外食が続いてしまったので久しぶりの自炊、と思ったけど、家で食べなかったのはたった2日間だけだった

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

鶏むね肉のトマトだれ献立

鶏むね肉トマトだれ、わかめのねぎ和え献立。

トマトだれ、という表現も如何なものかと思いますが、ソマトソースと呼ぶには少々気がひける。よっ

記事を読む

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に向かって

記事を読む

英語ができない、海外一人旅は無理なのか。

By: Mark Hillary[/caption] 旅先でトラブルがあった時のことを考えて

記事を読む

無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました。 細々と続けていた東京

記事を読む

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

塩鶏と水菜の酒蒸し

晩酌メニュー 塩鶏と水菜の酒蒸し、葱の卵炒め。

食事の準備が終わってからテーブルを見て 「あれ?今夜はちょっとボリュームが少なめだった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑