酒を飲まない1週間 もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2017/07/12 一人飲み, 親知らず抜歯

桃とカヴァ

抜歯のせいでなんと1週間も酒が飲めませんでした。

関連 食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

いや、本当はここまで酒を抜かなくてもよかったんだけど、こういう機会はそうそうないので一度試してみたろかいと思った次第。どうせ3日4日あたりで飲みたくなって飲んじゃうだろうなと思いきや、意外にも酒なし生活は穏やかに過ぎていきました。

飲みたいのは飲みたいんだけど、我慢できないほどではない。みんな私が酒に依存してると思ってたでしょ?そんなことないんだからね。

もう酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない

モアルボアル レストラン

実は妙に仕事が立て込んでおりまして。
こんな時に悠長に歯なんて抜いてる場合か、という状態だったのですが、その分酒を飲まずにいたので時間に余裕があり、サクサク進められて我ながら驚きました。

そうか、酒さえ飲まなきゃ1日はこんなにも長いのか。

毎週休肝日を取っているので、もちろん感覚としてはわかっていたけれど、飲まない生活が1週間も続けばもうすごい。時間に余裕ができたからか処理できることが多すぎて、自分が急に優秀になったような錯覚すら覚える。錯覚だけど。

さらには当然目覚めも良く、肌の調子もよく、腹もヘコんでいる。

いいことずくめの酒ナシ生活、もうこのまま飲まない生活に移行してもいいんじゃない?と思わなくもありません。

参考 350ml缶ビールを週に9本以上飲むと脳の海馬が萎縮する? 英研究(NewSphere)

ですよね。大量じゃなくても、習慣になってるとマズい、と。

別にキッパリやめるとか大げさなことをせずとも、外食の時だけ飲むとか、週末だけ家飲みを楽しむとか、そういう方法を取ってもいいんだし。もうこれまでみたいにやたらと酒を飲んでいる場合ではないのかもしれない。

残された時間は多くない

大はし

そんなことを考えながら久しぶりに一人北千住へ向かい大はしの暖簾をくぐり、煮込み豆腐と1合瓶を並べて真剣な面持ちで飲む。大将のしゅたたたたという足音とやや小さくなった気がするものの相変わらず小気味好い掛け声を聞きながら、ここ最近、これほどまでにシリアスに酒を飲んだことがあっただろうか、というほどに真剣な面持ちで。

そして、考える。ちゃんと飲もう、と。

食べるのも、飲むのも好きだからこそ、1食1飲を比較的大切に扱っているつもり、ではあったけれど、それでも時に納得のいかない飲食でお茶を濁してしまう場面もあり。

そこに忙しいからとか急いでたからなんて理由があるならまだマシというもので、私の場合はそんな大義名分はなく、ただ単になんとなく済ませている、ことがないとは言い切れない。少ないけど、ゼロじゃない。多分月に1~2回はあるんじゃないかと思う。

酒をスッパリ止める云々を考えるより先に、そういういい加減な飲食こそ止めようではないか。ダラダラと飲み続けたり、適当なものを食したりしている時間の余裕は、もう自分にはさほど残されていない。だって今のこの平々凡々な毎日ですら、歯の1本2本抜いただけで途端に立ち行かなくなるほど脆弱なものなのだから。

関連 食べることが楽しみ、は虚しいか。

そんな風に考えてぴしゃりと適量にとどめ酒場を後にし、上機嫌で歩き始めたというのに宿場町通りのど真ん中で派手に転びました。イタタタ、とかやっていたら、どこからともなく可憐な女子中学生らがささっと寄ってきて、私の手を取り起こしてくれる。情けないやら、可愛らしいやら嬉しいやら。

酒は適量。次の日には響かせない、記憶飛ばさない、転ばないをモットーに、これからも細々と清く正しい酒飲み道を歩んでいこうと思います。ああ、なんという振り出しに戻る感。いや、それでも私はもう抜歯前の私ではない、と自負しています。

 




関連記事

ワンタフトブラシ

親知らず、抜いただけでは終わらない。

月初に書いた記事にて大円団となった一連の治療記録。 関連 親知らず4本抜歯 かかった時

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。 が、今確

記事を読む

夜の巣鴨を歩く、そしてときわ食堂。東京散歩・豊島区

1回で終わるはずだったのにまさかの3分割となった東京散歩・豊島区編。 参考 巣鴨地蔵通

記事を読む

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

珍しくスーツを着なくちゃいけない仕事があり、これまた珍しく黒のラウンドトゥパンプスなぞを引っ

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

痛みに弱い人間は、余計な時間がかかっている。

では、次回は来年の2月に。 この一言をどれだけ待ち焦がれたことでしょうか。 関連

記事を読む

青物横丁 丸富で鰻串を楽しむ。

先日の品川散歩の続きです。 駅前を横切る通りの名はご覧の通り妙にハイカラ。青物横丁になぜ突

記事を読む

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑