馬鹿とはお茶できない。

公開日: : 生き方と考え方




daikanyama15

茶飲み友達。

文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人に対して使われる言葉のようです。結構曖昧な印象のある言葉ですが、親友と呼ぶほど密な付き合いではないけれど、そこそこ気も合うし、話も弾む間柄、ってところでしょうか。

この先年を重ねるにあたって、重要な役目を担うような気がする登場人物、茶飲み友達。

気軽に付き合えるいい関係、ではある茶飲み友達だけど、さて作りましょうとなるとかなりハードル高くないですか。

馬鹿とはお茶できない

spainfood26

というのも私、ここしばらく友達と純粋にお茶なんて飲んだことがないのです。はて、前回「お茶」したのはいつのことだったかと考えてみれば、この時。

関連 ヒールを履けない女、毎日ヒールを履く女。

でも、この日も最終的には酒を飲んでいる。

もちろん打ち合わせとか、仕事絡みであればコーヒーなぞ飲みながら話したりもするけれど、それ以外に茶だけを飲み語って終了する会合などない。飲み物といえば限りなく100%に近い確率で酒。酒ばっかり。日本酒だったりビールだったりワインだったりという違いはあれど、いずれの飲料ももれなくアルコールを含んでいる。

まあ周りがみんな酒飲みだもんねえ。と、茶飲み友達皆無問題についてさほど深く考えてはいなかったのだけれど、つい先日、とある対談記事に出てきたフレーズ

「馬鹿と酒は飲めてもお茶は飲めない」

に目が止まり、言葉を失う。

曰く、酒の席で話す内容なんてほぼどうでもいいことばっかりで寝て起きたら忘れてるし、忘れても何ら差し支えないものだが、お茶はそうはいかない。例えつい昨夜楽しく酒を酌み交わした間柄であっても、素面で茶を飲みながらでも同じように話が弾むかといったらそんなことはない。酒には不要である最低限の知的レベルが茶には求められる、とか。

すごくわかる気がする。

私がここしばらく茶飲み友達の一人もいなかったのは酒飲みに囲まれているからだけでなく、さては己の馬鹿さ加減が原因であったか。

新たな発見に、膝から崩れ落ちるような思いです。

茶飲み友達のハードルが高すぎる

そうか、そうかもしれん。と、しばし頭を抱え、我が身を省みる。

あれもこれも書きたいけれどどうもまだうまくまとまらないし、さて、今日は何を書きましょうかね。そうだ、こういう時は去年の今頃の記事をチェックして何か糸口を。などと考えて過去記事繰ってガッカリ。

関連 大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

つぼ焼き。つぼ焼きて。

貝がどうしたこうしたという心の底からどうでもいいネタに費やすこと1,500文字超。これぞ酒場の与太話、優雅にお茶を飲みながら繰り出す話題じゃないよなあ、一事が万事こんな感じなのだから、そりゃ高尚な会話を純粋に楽しむ茶飲み友達なんてできないわ。と、ほとほと自分が嫌になる。

関連 大人になってから、友達はできますか。

極度に恥ずかしがり屋さんで物静かな私に酒飲み友達がいることもほとんど奇跡で極めてありがたいこと。なのだけれど、人付き合いのパターンが偏りすぎているのは厄介な問題だ。いい加減リスク分散すべきなのだ。酒が飲めなくなったら一巻の終わりじゃないか。

いくら孤独耐性強めでも、時には誰かとの会話が必要になる場面はあるし、私だって人並みに茶が飲める大人でありたいし。

ああ、また将来的な大目標ができてしまった。私、お茶の飲める大人になるわ。一体何をすればスマートに飲めるようになるのかわからないけど、お茶くらいは嗜めるようになりたいわ。と、ワインをがぶがぶ飲みながら考えています。つまみは相変わらずの素焼きナッツ。

 




関連記事

寝ても寝ても眠い寝たきりの日曜日。

台風のせいでもありますが、ほとんど活動できませんでした。 10月ラストの日曜日、日中の

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

威厳のマツコのお墨付き。

「お墨付き」という言葉があります。 特定の商品やサービスの品質の高さや安全性をユーザー

記事を読む

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっ

記事を読む

働き盛りの40代、仕事のストレス要因は。

By: frankieleon[/caption] 最近仕事でものすごくストレスが溜まってい

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

迷惑をかけない老後を送るために、一番大切なこと。

By: Christian Scheja[/caption] 先日こんな記事を書いたからでし

記事を読む

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑