たことわけぎのぬた、明太子豆腐献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

明太豆腐献立

赤い。

とにかく青くなりがちな晩酌風景が、やたらと赤い。とりわけ、紅芯大根は鮮やかすぎるほどの紅。

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

少し前に使った紫大根と比べてみると、色合いが全然違いますね。

たことわけぎのぬた、明太豆腐で家飲み

たことわけぎのぬた、明太豆腐

  • わかめの吸いもの
  • セロリの浅漬け
  • 紅芯大根のサラダ
  • 明太子豆腐
  • たことわけぎのぬた

わかめの吸いもの

わかめの吸いもの

昆布と鰹節で取った出汁を塩、しょうゆで薄く味付けした吸いもの。具はわかめオンリー。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリに塩を振り、保存容器に入れしゃかしゃか振ってそのまま放置しておいたもの。

紅芯大根のサラダ

紅芯大根のサラダ

薄切りにした紅芯大根をポン酢とオリーブオイルで和え、鰹節と千切りの大葉をのせたサラダ。

明太子豆腐

明太子豆腐

木綿豆腐を出汁で温めてうつわに盛ります。出汁にほぐした明太子を入れ、しょうゆを数滴たらしてから水溶き片栗粉でとろみをつけたあんを豆腐にかけ、海苔を添えたら完成。

たことわけぎのぬた

たことわけぎのぬた

ぶつ切りにした茹でだこと茹でたわけぎ、焼いた油揚げをうつわに盛り、酢味噌を添えます。

明太子豆腐がメインっぽい気もするけれど、ぬたをセンターに配置したほうがしっくりくるのでこの並びに。大根、明太子、たこと赤い食材揃い踏みでなかなか結構なビジュアルになりました。間違いなく酒が旨くなるつまみ群。

家飲みブログ

しかし大根、赤いなあ。

紅芯大根のサラダ

前回の大根は皮が白く、中身もピンクと白のミックスという感じだったけど、今回のは皮が緑で中はどピンク。その色のコントラストがやたらと鮮やかで楽しかったので、輪切りの状態でどうにかしたいと考えるも、そのままではあまりに大きすぎるので、結局いちょう切りに落ち着いたのでした。

どうせ地味な料理しか作らないんだからわざわざカラフルお野菜なんか使わずに、普通の大根にしておけばよいのでは、とお思いでしょうか。
鋭いですね。時々登場するこの手の珍しい野菜は、ほぼほぼ頂きものなのです。卑しい私に食べものを恵んでくれる友人知人のみなさま、いつもありがとうございます。これからも引き続きよろしくお願いします。

 




関連記事

1人暮らしの晩ご飯 8/8 にんじんだけで一品。

昨夜があまりにも緑ばかりの食卓になってしまったので、今夜は赤いものを食べる、と決めていました。

記事を読む

凍り豆腐と手羽先の煮もの

凍り豆腐と手羽先の煮もの、トマトとわかめのナムル献立。

凍り豆腐といえば乾燥状態で売られているアレがポピュラーですね。 きめ細かいしっとりした

記事を読む

休肝日ごはん 豚汁、かぶのしょうが炒め献立

酒を飲む人はどれくらいの頻度で休むのか。

休肝日ならぬ、休肝週を久しぶりに敢行。 酒を飲まない夜はそれ自体を「もの珍しいイベント

記事を読む

だし巻き献立

だし巻き卵、なすとししとうの焼き浸しで晩酌。

だし巻き飲み、ちょっと久しぶりでしょうか。 出汁のしっかりきいた卵焼きに辛口純米酒、と

記事を読む

榮川 純米吟醸生貯蔵酒

福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献立。

この季節は酒屋の冷蔵コーナーに陳列されている夏限定酒を見繕うのが楽しみです。アルコール度数低

記事を読む

家飲み献立 11/13 三つ葉と揚げの卵とじ他全5品で晩酌。

今に始まったことではありませんが、最近妙にお腹が空きます。寒くなってきたからでしょうか。

記事を読む

さばの梅蒸し献立

鯖の梅蒸し、ほうれん草としいたけの吸い物。

鮮魚売り場で鯖と目が合う。 一人暮らしの身としては半身で売られているのがベストなんだけ

記事を読む

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑