いわしの梅煮、にらの海苔和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの梅煮献立

午前中から抱えたままの魚気分を携えて魚屋へ行くと、本日の目玉は丸々と太ったいわしだと言う。

春鰯、煮るか。

くださいな、と親父に声をかければ、丸々とした軍団の中でもとびきり目を引くかわいこちゃんを選んで袋に入れ、無言で差し出してくれました。

言葉じゃなくて態度で示す親父。イカす。

いわしの梅煮、ニラの海苔和えで晩酌

いわしの梅煮、ニラの海苔和えで晩酌

わかめと玉ねぎの味噌汁

玉ねぎとわかめの味噌汁

わかめ、玉ねぎ、油揚げの味噌汁。最近味噌は近所の味噌屋で調達したものを使っています。出汁はいりこ。

にらの海苔和え

ニラの海苔和え

茹でて切りそろえたにらを塩、ごま油、すりゴマ、ちぎった焼き海苔で和えたもの。

いわしの梅煮

いわしの梅煮

フライパンに水、しょうゆ、みりん、薄切りのしょうが、梅干しを入れ煮立て、頭とお腹を取って四等分したいわしを並べます。落し蓋をしてしばらく煮たら、最後に煮汁をいわしにかけながら軽く煮詰めて完成。

かなり大きめのサイズだったから一尾にしたけれど、二尾でもいけたかな。いや、このくらいの量をちまちまつつくのがいいのかな。純米酒をひやでちびちびとね。

家飲みレシピブログ

さんまと比べてしまうと少々地味な存在ではあるものの、気のいい近所の兄ちゃん的な大衆魚であるいわしも好きな魚の一つです。が、振り返ってみたらばちょっと久しぶり。前回は同じく梅を合わせた蒲焼にしておりました。

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

いわしに梅。煮ても焼いても最高ですね。

以前はいわしを圧力鍋でしっかり煮て骨ごと食べる、なんてこともやっていた記憶がありますけども、もう圧力鍋も持ってないし、時間のかかる料理ともとんとご無沙汰。近頃の魚料理はこういうさっとできる煮魚か酒蒸し、オイル蒸しばかりになってしまいました。

調理バリエーションのなさは素材にカバーしてもらうとして、今の魚生活にもそれなりに満足しています。

一人暮らしの魚料理 

酒を飲むことを前提とした魚料理ってのは、ありがたみ度合いが全然違ってきますね。それが例え特売のいわしであっても、ああ今夜は魚で一杯か、と考えるだけでほんの少し体温すら上がるような、このよろこび、胸のときめき。

言い過ぎでしょうか。

 




関連記事

家飲み献立 9/15 砂肝塩焼き、にら月見、ザーサイ奴など。

今日は連休最終日ですか。 みなさんお出かけしました?私はどこへも行きませんでしたが、そろそ

記事を読む

焼きにんじん

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

記事を読む

一人暮らしの家飲み

家飲みメニュー 5/28 塩豚とキャベツの煮込み、鯖納豆。

あれ、なんかちょっとたんぱく質が多いなあ。 冷蔵庫の中身を脳内で確認してふと思った夕方

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

宮崎の酒千徳カップ

宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐、焼き枝豆献立。

さすがにホイホイ発見できなくなってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

家飲み献立 10/15 塩手羽大根と日本酒。

いやー、困った。これは困ったことになりましたよ。 現在の住まいは天井が高く窓も大きいので、

記事を読む

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

とうもろこしの唐揚げ、甘長の焼き浸し献立

とうもろこしの唐揚げ、甘長唐辛子の焼き浸しで晩酌。

わあい夏だ、ビールだ、ビール! そんな私の心の叫びが聞こえてきそうなとうもろこし画像。

記事を読む

加賀鳶山廃純米ひやおろし勢

石川の酒・加賀鳶 山廃純米ひやおろし 勢で晩酌 秋鮭とれんこんの黒酢照焼き。

お久しぶりの日本酒全国ツアーです。 今回は石川県にやってまいりました。 勝手に日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑