親子煮、きのこおろし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

親子煮

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。

日本酒によく合う親子煮は晩酌献立に度々登場するけれど、親子丼というものを久しく食べていないなあ。

親子煮にせよ、親子丼にせよ、卵をどのようなパターンに仕上げるかは諸説ある、というか、好みが分かれるところ。

本日は「ざっくりバージョン」の気分です。

親子煮、きのこおろしで晩酌

親子煮、きのこおろし献立

  • じゃがいもと白菜の味噌汁
  • 大根皮のポン酢漬け
  • きのこおろし
  • 親子煮

じゃがいもと白菜の味噌汁

じゃがいもと白菜の味噌汁

白菜、じゃがいもをたっぷり入れたいりこ出汁の味噌汁にさらしねぎ。

きのこおろし

きのこおろし

茹でたしめじを大根おろしで和えたもの。しょうゆをかけて。

親子煮

親子煮

フライパンに出汁、しょうゆ、みりんを入れて一口大に切った鶏もも肉を入れて煮ます。途中薄切りの玉ねぎを加えてさっと煮たら軽くときほぐした卵を流し入れ蓋をして火を通し、最後に三つ葉を散らして軽く蒸らしてからうつわに盛ります。

「ざっくりバージョン」とは、卵をしっかり混ぜ切らず仕上げ、白身は白身、黄身は黄身の風味をそれぞれ味わう方式。とろとろ生っぽい親子丼もいいけど、昔の蕎麦屋の親子丼ってこの2色コントラスト強めスタイルだったような気がするなあ。最近はどうなんだろうか、と考えてみるも何も浮かばず、そうか最近親子丼食べてないんだわ、と気づいたというわけです。

おつまみレシピブログ

嘘です。瞬時の手のひら返しで恐縮ですが、調べてみたらば親子丼を食べた記録がきっちり残っておりました。

石神井公園 野饗でひとり昼酒、蕎麦屋酒。東京散歩・練馬区

こちらはトロリとしたそれでした。旨い旨いと言うておりました。しかしこれがもう2年も前なのか。怖いわ。時の流れが早すぎてもう何もはっきり見えやしない。

などと時の流れへの怯えはまあ置いておいて、卵とじについて。

このざっくりバージョンは親子丼というよりもどちらかというとカツ丼に用いられる手法でしょうか。白と黄色にグリーンピースの緑、ってのはそれこそクラシックスタイルなのかもだけど、カツ丼にとろとろ卵のイメージはあんまりないなあ。

カツ丼、暴力的なまでのボリュームメニュー。一人前の全量を胃に収める自信は全くないなりに、今一度チャレンジしてみたい気もする。するがしかしわたくし、基本的にはカツもてんぷらも出汁に浸したり卵でとじたりしたくない派閥の人間なのです。

なぜならば、カリッとしたものが好きだからです。

 




関連記事

ヤムウンセンのタイ料理献立

ヤムウンセン、ひき肉とトマトの卵炒め献立。

先日タイ人の友人とタイ料理を食べに行きまして。パクチーを受け付けない体質の私が周辺を避けて食

記事を読む

さばの味噌煮献立

さばの味噌煮、豆腐と三つ葉のすまし汁献立。

さばの味噌煮。ど定番の和おかずですね。しかしよくよく考えてみれば、今までここにさばの味噌煮

記事を読む

コンビーフと春キャベツのパスタ

春キャベツとコンビーフのパスタ、水菜とトマトのサラダ。

コンビーフ、久しぶりに食べました。またまたいただきものです。 コンビーフといえばあの特

記事を読む

ごぼうのしぐれ煮

ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立。

水菜が、安い...! 冬の間満足に食べられなかったものだから、お手頃価格の葉野菜を発見

記事を読む

けんちん汁 白菜漬け キャベツ入り卵焼き えのきおろし 豚肉と白菜の酒粕煮

豚と白菜の酒粕煮、けんちん汁献立。

白菜と豚肉。 鍋に重ねて敷き詰めて、軽く塩と酒を振って火にかけるだけでいい酒のつまみに

記事を読む

花の香 純米吟醸 菊花

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたも

記事を読む

せせり塩焼き

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

写真が暗い。 なんだかどんよりした梅雨らしさ満載の写真になっている気がしますが、まあこ

記事を読む

家飲み献立 11/21 VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

ボジョレーとは無関係にワインを飲もうと決めた金曜日。 東京駅近くにいたので、前から試してみ

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

なすとピーマンの味噌炒め献立

なすとピーマンの味噌炒め、トマトとわかめのツナサラダ献立。

本日の晩酌献立に使用した野菜は、なす、ピーマン、トマトなど。 一気に夏が近づいてまいり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑