親子煮、きのこおろし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

親子煮

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。

日本酒によく合う親子煮は晩酌献立に度々登場するけれど、親子丼というものを久しく食べていないなあ。

親子煮にせよ、親子丼にせよ、卵をどのようなパターンに仕上げるかは諸説ある、というか、好みが分かれるところ。

本日は「ざっくりバージョン」の気分です。

親子煮、きのこおろしで晩酌

親子煮、きのこおろし献立

  • じゃがいもと白菜の味噌汁
  • 大根皮のポン酢漬け
  • きのこおろし
  • 親子煮

じゃがいもと白菜の味噌汁

じゃがいもと白菜の味噌汁

白菜、じゃがいもをたっぷり入れたいりこ出汁の味噌汁にさらしねぎ。

きのこおろし

きのこおろし

茹でたしめじを大根おろしで和えたもの。しょうゆをかけて。

親子煮

親子煮

フライパンに出汁、しょうゆ、みりんを入れて一口大に切った鶏もも肉を入れて煮ます。途中薄切りの玉ねぎを加えてさっと煮たら軽くときほぐした卵を流し入れ蓋をして火を通し、最後に三つ葉を散らして軽く蒸らしてからうつわに盛ります。

「ざっくりバージョン」とは、卵をしっかり混ぜ切らず仕上げ、白身は白身、黄身は黄身の風味をそれぞれ味わう方式。とろとろ生っぽい親子丼もいいけど、昔の蕎麦屋の親子丼ってこの2色コントラスト強めスタイルだったような気がするなあ。最近はどうなんだろうか、と考えてみるも何も浮かばず、そうか最近親子丼食べてないんだわ、と気づいたというわけです。

おつまみレシピブログ

嘘です。瞬時の手のひら返しで恐縮ですが、調べてみたらば親子丼を食べた記録がきっちり残っておりました。

石神井公園 野饗でひとり昼酒、蕎麦屋酒。東京散歩・練馬区

こちらはトロリとしたそれでした。旨い旨いと言うておりました。しかしこれがもう2年も前なのか。怖いわ。時の流れが早すぎてもう何もはっきり見えやしない。

などと時の流れへの怯えはまあ置いておいて、卵とじについて。

このざっくりバージョンは親子丼というよりもどちらかというとカツ丼に用いられる手法でしょうか。白と黄色にグリーンピースの緑、ってのはそれこそクラシックスタイルなのかもだけど、カツ丼にとろとろ卵のイメージはあんまりないなあ。

カツ丼、暴力的なまでのボリュームメニュー。一人前の全量を胃に収める自信は全くないなりに、今一度チャレンジしてみたい気もする。するがしかしわたくし、基本的にはカツもてんぷらも出汁に浸したり卵でとじたりしたくない派閥の人間なのです。

なぜならば、カリッとしたものが好きだからです。

 




関連記事

春雨レシピ 11/2 エスニックな鶏春雨スープ。

連休中日。 あれ?今夜は少し暑くないですか? 「暑い」っていうのは言いすぎかもし

記事を読む

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

現在わたくし本体はベトナムでごくごくビールを飲んでおります。 ベトナム一人旅、タンディン教

記事を読む

すき煮献立

すき煮、きのことほうれん草のおひたし献立。

牛肉とねぎを使ってさあどうしましょうと考える。肉豆腐はどうだ。最近豚肉を使うことが多かったから、た

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

鯖水煮缶をパカリと開けて簡単サラダにしたならば、その翌日の2日目は、納豆と合わせる。

記事を読む

蒸し鶏のガーリックオイルソース 7/30 一人暮らしの晩ご飯。

昨日いつものスーパーで野菜の安売りをしていました。 鰹のたたき用薬味が欲しかったこともあり、つ

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐献立。

冷奴に、油揚げ。かように大豆製品だらけなのには訳がありまして、若い娘さんとお豆腐屋さんに寄り

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

白菜漬け キャベツの塩昆布和え 納豆汁 蕪とツナのしょうが蒸し焼き

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

またまた撮りための晩酌献立。 そろそろ冷蔵庫を空っぽにしたい時期だったこともあり、買い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑