焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。

公開日: : 最終更新日:2022/02/02 家飯

焼き大根献立

先日は焼きいもで飲み、本日は焼き大根で飲む。

いつ何時も、焼き野菜は優秀なつまみですね。

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

冬は特に、焼き大根が旨い時期。通常は厚めの輪切りにしてドカンと焼くのですが、今回は直径小さめの大根ゆえドカン、は難しく、やや薄切りにて仕上げました。

焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。

焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。
  • 白菜の酒粕味噌汁
  • ぬか漬け
  • 蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え
  • 焼き大根

白菜の酒粕味噌汁

白菜の酒粕味噌汁

昆布と鰹節の出汁でざく切りにした白菜と油揚げを煮て、酒粕を溶き入れます。最後に味噌を加えたら完成。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、にんじんと白菜。

蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え

蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え
ゆでた小松菜と手で細かく割いた蒸し鶏を柚子胡椒としょうゆで和えます。蒸し鶏にはむね肉を使用。

焼き大根

焼き大根

皮付きのまま7mm程度の厚さに切った大根にオリーブオイルをまぶしてフライパンに並べ、両面に焼き色がつくまで焼きます。うつわに盛り付けて粗塩と胡椒を振ったら完成。

厚切りの焼き大根の魅力は、かぶりつくたのしさ。じゅわっとあふれでる肉汁ならぬ大根汁のみずみずしさがたまりません。

一方今回のような薄切りバージョンは、より香ばしさが引き立つ仕上がりに。厚切りと比べて短時間で焼きあがるのも大きなメリットです。

「大根を焼くだけ」というシンプルな調理でも、野菜の切り方が変われば印象がガラリと変わるのですよ。

やめない、捨てない、余らせない。

先日予告した通り、大根と白菜がフル稼働しております。

毎日が同じものばかりの一人暮らし。

冬は煮ものに重用される大根ですが、その使い道はかなり広く、1人暮らしでも1本使い切るのはそう難しくない野菜かと思われます。ただし、小ぶりのものに限る。

焼き大根は早い安い旨いの三拍子揃った大根つまみの代表格といえましょう。塩味大好きな私はいつも粗塩だけど、鰹節のせてしょうゆやポン酢で食べるのもいい感じです。

新鮮なところを生でいくサラダもいいですね。しゃくしゃくした歯ざわりが気持ちいい。

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

生といえば忘れちゃならない大根おろし。出汁巻とか焼き魚の時はむしろ大根おろしが主役なのではというくらい大量のおろしが食べたいおろし好き人間です。大根おろしを食べるための卵であり魚なのでは?という錯覚すら覚えます。しかし問題は、大根おろしの作業が嫌いなことであります。

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

そんなこんなで大根料理を楽しんで出た大根の皮も、もちろん捨てたりなんかしません。ぬか漬けやしょうゆ漬けにして、美味しくいただきます。

さんまの塩焼き、柿の白和えで晩酌。

とかやってたら1本あっちゅうまになくなるんですよ。同じ素材を使いまわす挑戦を続けさえすれば余ることはなく、捨てずに済むのです。

一人暮らしの自炊も、無駄じゃない。ただし、小ぶりなものに限る。中年一人暮らしではさすがに大物には手を出せない。

いや、大物に手を出したら出したでなんとかできちゃうんだろうけど、大根との戦いに頭がいっぱいになって日常が圧迫されそうなので、今後も対戦相手は慎重に見極めます。

ものを持たずに身軽に生きる




関連記事

だし巻きしらすおろし、春菊のごま和えで晩酌。

つい先日、近所の居酒屋で生しらすおろしをオーダーしました。 生しらす、いいよねえ。にこ

記事を読む

親子煮献立

親子煮、きのこおろし献立。

卵と三つ葉が揃っていたら、つい作ってしまう卵とじ系つまみ。 日本酒によく合う親子煮は晩

記事を読む

こんにゃく麺を使った料理 レシピ

家飲み献立 3/23 具沢山 鶏出汁こんにゃく麺。

旅に出る前は保存できない食材は全て食べきろう。しかも、美味しく。 そう考えて最後の晩餐

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、豆苗の煮浸し献立。

麗しき粕汁週間。 粕汁さえあれば満足に飲めることが確実なので、毎度副菜が頼りなげになり

記事を読む

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

岩手の酒あさ開純米吟醸

岩手の酒 あさ開 純米吟醸ひやおろしで晩酌 タアサイと豚肉のしょうが炒め、かぼちゃの塩煮。

勝手に日本酒全国ツアー、順調に進んでおります。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 自宅で全

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

豆腐とひき肉の塩炒め、生わかめのサラダ献立。

たまに出てくる謎料理。 なんとなく頭で思い描きつつ調理にとりかかり、でも途中で方向転換

記事を読む

まぐろ納豆献立

まぐろ納豆、小松菜の梅和えで晩酌。

外食が続いて胃が少々お疲れ目の週末。 あっさりした献立で軽めに家飲みしましょうねと考え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑