焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。

公開日: : 最終更新日:2022/02/02 家飯

焼き大根献立

先日は焼きいもで飲み、本日は焼き大根で飲む。

いつ何時も、焼き野菜は優秀なつまみですね。

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

冬は特に、焼き大根が旨い時期。通常は厚めの輪切りにしてドカンと焼くのですが、今回は直径小さめの大根ゆえドカン、は難しく、やや薄切りにて仕上げました。

焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。

焼き大根、蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え献立。
  • 白菜の酒粕味噌汁
  • ぬか漬け
  • 蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え
  • 焼き大根

白菜の酒粕味噌汁

白菜の酒粕味噌汁

昆布と鰹節の出汁でざく切りにした白菜と油揚げを煮て、酒粕を溶き入れます。最後に味噌を加えたら完成。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、にんじんと白菜。

蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え

蒸し鶏と小松菜の柚子胡椒和え
ゆでた小松菜と手で細かく割いた蒸し鶏を柚子胡椒としょうゆで和えます。蒸し鶏にはむね肉を使用。

焼き大根

焼き大根

皮付きのまま7mm程度の厚さに切った大根にオリーブオイルをまぶしてフライパンに並べ、両面に焼き色がつくまで焼きます。うつわに盛り付けて粗塩と胡椒を振ったら完成。

厚切りの焼き大根の魅力は、かぶりつくたのしさ。じゅわっとあふれでる肉汁ならぬ大根汁のみずみずしさがたまりません。

一方今回のような薄切りバージョンは、より香ばしさが引き立つ仕上がりに。厚切りと比べて短時間で焼きあがるのも大きなメリットです。

「大根を焼くだけ」というシンプルな調理でも、野菜の切り方が変われば印象がガラリと変わるのですよ。

やめない、捨てない、余らせない。

先日予告した通り、大根と白菜がフル稼働しております。

毎日が同じものばかりの一人暮らし。

冬は煮ものに重用される大根ですが、その使い道はかなり広く、1人暮らしでも1本使い切るのはそう難しくない野菜かと思われます。ただし、小ぶりのものに限る。

焼き大根は早い安い旨いの三拍子揃った大根つまみの代表格といえましょう。塩味大好きな私はいつも粗塩だけど、鰹節のせてしょうゆやポン酢で食べるのもいい感じです。

新鮮なところを生でいくサラダもいいですね。しゃくしゃくした歯ざわりが気持ちいい。

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

生といえば忘れちゃならない大根おろし。出汁巻とか焼き魚の時はむしろ大根おろしが主役なのではというくらい大量のおろしが食べたいおろし好き人間です。大根おろしを食べるための卵であり魚なのでは?という錯覚すら覚えます。しかし問題は、大根おろしの作業が嫌いなことであります。

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

そんなこんなで大根料理を楽しんで出た大根の皮も、もちろん捨てたりなんかしません。ぬか漬けやしょうゆ漬けにして、美味しくいただきます。

さんまの塩焼き、柿の白和えで晩酌。

とかやってたら1本あっちゅうまになくなるんですよ。同じ素材を使いまわす挑戦を続けさえすれば余ることはなく、捨てずに済むのです。

一人暮らしの自炊も、無駄じゃない。ただし、小ぶりなものに限る。中年一人暮らしではさすがに大物には手を出せない。

いや、大物に手を出したら出したでなんとかできちゃうんだろうけど、大根との戦いに頭がいっぱいになって日常が圧迫されそうなので、今後も対戦相手は慎重に見極めます。

ものを持たずに身軽に生きる



関連記事

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮献立

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話す

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

ねぎ卵丼献立

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。 早いもので今回で最後です

記事を読む

ごぼうと油揚げの卵とじ献立

ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

ごぼう欲が高まる瞬間などそう頻繁に訪れるものではない。しかしその瞬間が夕刻の買い出し中にいき

記事を読む

秋鮭と白菜のしょうが蒸し献立

秋鮭と白菜のしょうが蒸し、にら奴で家飲み。

先日のタルタルソース添えに使った残りの秋鮭は毎度おなじみの酒蒸しに。 夏の終わりにして

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

次のシーズンを、お楽しみに。

夕刻に肌で感じるぬるい風。春が近いですね。とにかく寒さが苦手なもので、季節の移り変わりにホ

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場をそわそわ

記事を読む

卵ときくらげの炒めもの

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

ここ数年できくらげと親密になりました。 昔は殆ど使ったことがなかったきくらげ、乾物で賞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

約10年ぶりにスマホを買った話。

いや、10年じゃきかない。「買った」という行為を軸に考えるな

アボカドの水耕栽培
癒しを必要としていない人が癒されている。

アボカドの水耕栽培にチャレンジしています。冒頭の写真は、連休

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

→もっと見る

PAGE TOP ↑