豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること ,

豚の梅しそ蒸し献立

これは大葉が余るかもしれない。

家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が済まない性質なので、思いのほか大量にある大葉をどう消費するか考える。

大量消費となると刻むに限る。肉団子にして煮込むか、いやいや大葉入り団子なら焼きがいいな、あ、久々にレンコンで挟んでやろうかなとど想い巡らすも着地点は梅しそ蒸し。

肉料理でありながら大葉はもちろんネギもたっぷり食べられる好ましいメニューです。

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁で家飲み

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立

  • 白菜漬け
  • 蕪と揚げの味噌汁
  • キャベツのおひたし
  • 豚の梅しそ蒸し

蕪と揚げの味噌汁

蕪と揚げの味噌汁

本日の味噌汁はスタンダードに昆布と鰹の出汁、具は蕪と油揚げ。

キャベツのおかかしょうゆ

キャベツのおひたし

茹でて絞ったキャベツを鰹節としょうゆをかけていただくシンプルな副菜。

豚の梅しそ蒸し

豚の梅しそ蒸し

刻んだ大葉と梅干しをみりんと酒で伸ばした梅ペーストを豚薄切り肉に塗っては重ねを繰り返します。サンドイッチが終わったら適当な大きさに切ってフライパンに重ねて並べ、酒を回しかけて蓋をして蒸し煮に。最後に白髪ネギをたっぷり加えてさっと火を通し煮汁ごと器に盛ります。

前回作った時も書きましたがこれは栗原はるみさんのレシピが元ネタ。むしろこっちが主役なんじゃないかってくらい白髪ネギが旨くなるのだけど、切るのは少々面倒でねえ。でも頑張れる。なぜなら酒のつまみにもにっこり状態だから。

日本酒にあうおつまみレシピ

ところで今年は例年になく味噌汁を連打しています。

夏場はあまり味噌汁を飲まないので冷蔵庫に味噌がない期間も結構あり、冬の初めにに購入した1パックを1シーズンで使い切るくらいのペースが標準値です。が、今年はハイペースで使ってますねえ。もう残り少なくなってきた。今使っている浅利佐助商店 百年蔵みそが好みに合うのも理由のひとつでしょうか。

通年常備していないこともあり味噌にはさほどこだわりがなく詳しくもないのだけど、この味噌はいい。今日みたいなシンプルな具の味噌汁もなんだかしみじみ旨く感じてしまうのです。味噌にしてはややお高めだけど調味料の「高い」ってたかが数百円だもんねえ。なんと気軽な贅沢か。

とはいえいろんな味噌を常備して日替わりで試しているわけではないのでこれがドンズバ好みのベストワンかどうかはわからず。味噌500gといえば一人暮らしだとそこそこの期間使い続ける量でして、これが調味料選びを楽しくも悩ましくさせる原因なのであります。

次はどうしようかな、他のを試すかリピートするか。

 




関連記事

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

その先にある世界観。オフホワイトとのマリアージュを探る夜。

用事ついでに目黒駅周辺を散歩していたわけですが。 関連 権之助坂に酉の市。東京散歩・目黒区

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

納豆チーズオムレツ

納豆チーズオムレツ、きくらげと豆腐のスープ献立。

納豆オムレツって、居酒屋料理って感じがしませんか。少なくとも、カフェのランチメニューにはない

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

七賢淡麗純米

山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

順調に関東地方を攻略中でございます。 関連 勝手に日本酒全国ツアー そろそろ次の

記事を読む

まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

お久しぶりでございます。ぬか漬け2017、本日より開幕です。 昨年はいつ開始したのだっ

記事を読む

蒸し鶏のニラトマト和え

蒸し鶏のニラトマト和え、たたきレンコンのスープ献立

まだまだ思い通りに進められない夕食作り。 台所というものはいくら広くて機能的で使い勝手

記事を読む

豚肉と水菜のおろし和え献立

豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐献立。

豚肉と水菜と言えば、はりはり鍋。 材料は2つでもいいけれど、油揚げと春雨を入れるのもま

記事を読む

春の晩酌レシピ 鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑