あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

公開日: : 最終更新日:2017/06/19 家飯, 食べること ,




あじの梅煮献立

鰺、あじ、アジ。

鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過去の記録を探ってみると、たたきくらいしか出てこない。

好きなんだけどなんでだろう。あじとなると塩焼きを連想するから気が引けちゃうのかしら、あじあじあじ。

あじあじ言い過ぎてまんまとゲシュタルト崩壊したところを煮付けます。

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴらで晩酌

あじの梅煮献立とレシピ

  • 大根の味噌汁
  • 奈良漬
  • キャベツのおかか和え
  • ごぼうとにんじんの塩きんぴら
  • あじの梅煮

大根の味噌汁

大根の味噌汁

本日の味噌汁はいりこ出汁に大根、大根葉、油揚げ。

キャベツのおかか和え

キャベツのおかか和え

茹でたキャベツに鰹節をのせるだけ。しょうゆをかけていただきます。

ごぼうとにんじんの塩きんぴら

塩きんぴら

細く切りそろえたごぼうとにんじん、輪切りにした唐辛子を油で炒め、出汁、みりん、塩、で味付け。最後にごま油といりごまを加えて完成。

あじの梅煮

あじの梅煮

フライパンにしょうゆ、みりん、酒、しょうがの薄切り、梅干しを入れ火にかけ、下処理したあじを入れ落し蓋をして煮ます。火が通ったら煮汁をあじに回しかけるように軽く煮詰めて完成。

頭がパカーンと上むきになってしまいましたが、うまいあじ。味じゃなくて鰺。味もうまいけど。

さて本日使用したあじはえらわたぬきでぜいご処理済みの状態で購入したので下処理の手間がいりませんでした。

あじといえばその昔、まだ実家住まいだった頃に知り合いの人が釣ったあじを山盛り持ってきてくれて必死でさばいた記憶が蘇る。

全部処理せねばならないのは面倒といえば面倒なんだけど、失敗してもまだ次が待ち構えている安心感があるし、どんどん慣れてきて仕上がりのクオリティが上がっていくのは楽しく、何より処理し終わってからの刺身で一杯は旨かったな。

と言っても、小さいあじがほとんどだったからさほど美しい切り身にはできなかったんだけど。

思えばあんなにも大量の魚と対峙したのは後にも先にもあの日だけ。大きな魚をスパッと美しく捌く技術は全く持ち合わせていないので、機会があればぜひとも魚にまみれてみたいです。

日本酒にあうおつまみレシピ

しかし今日はなんだかものすごく正しい和の献立って感じがしますね。まあ酒飲んでるんですけどね。

きんぴらを塩味にしたのは煮魚もキャベツもしょうゆ味だわ、と途中で気づいたゆえ。しょうゆも甘辛味も大好きだけど、あまりにかぶるとリズム的にしんどいよね、ってことで塩味になったのでした。リズム重要。

 




関連記事

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

わかめ炒め献立

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これ

記事を読む

沖縄の酒 黎明

沖縄の酒 黎明 本醸造で晩酌 ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立。

約2年に渡り続けてきた日本全国酒巡り、いよいよ完結です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

海老と卵の炒めもの献立

紹興酒で晩酌 海老と卵の炒めもの、大根とにんじんのなます。

紹興酒があるのにうっかり日本酒ばっかり飲んでたわ。 そう気がついたので本日はやや中華に

記事を読む

家飲み献立 11/26 ハリハリ鍋で熱燗を。

今日は肉でも焼いてワイン呑もうかな...などと思っていたのですが、無理でした。 いやいや、

記事を読む

納豆チーズオムレツ

納豆チーズオムレツ、きくらげと豆腐のスープ献立。

納豆オムレツって、居酒屋料理って感じがしませんか。少なくとも、カフェのランチメニューにはない

記事を読む

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑