ミニマリスト主婦の師走

公開日: : ミニマルライフ

例のアレもひとまずおとなしくなっているということで、今年も年末年始は帰省することにしました。

80代ミニマリスト主婦の変化。

その旨を両親に伝えるべく、実家に電話をかけるが繋がらない。

2人の生活パターンはほぼ把握できていて、買い物などに出かけるにしても近隣のスーパーの開店時刻である朝10時前後。7時から8時は朝食タイムのはずなのに、いない。昼にかけても、出ない。夕方になっても、繋がらない。

2人揃ってぶっ倒れるなんてことはまずないだろうから、あるとすればおそらく電話や回線周りのトラブルであろう。

そう考えてはいましたが、やはり心配になるものです。

実家の電話がつながらない

近隣散策好きな父はともかくとして、完全インドア在宅大好きマドンナの母が、早朝からずっと電話に出ないのはさすがにおかしい。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

そう考えて、昼過ぎには関係各所に、大げさにならない程度に軽く連絡を入れました。

両親の住まいは市の職員さんが無事を確かめる見回りをしてくださっているので、緊急事態ではないだろうけど、電話の故障だとしたらそれもまた厄介。誰かに頼んで確かめなくちゃいけないなあ、とかなんとか考えて時は過ぎていく。

結局、18時前になってようやく電話がつながりました。聞けば何のことはない、久しぶりに2人揃って街に出かけていただけというオチ。ホッ。

しかし旅行でもないのに朝8時には家出てるって、なんか早くない?なぜなぜどうして?と問えば

「なんでってそりゃ、元気だから」

とよくわからない返答をする父。その後代わった母に同じ質問をしてみたところ

「モーニング。モーニングにいってたのよ〜(ハート)」

とのこと。そうですか、そういやあなた、モーニングお好きでしたよね。

楽しそうでなによりです。

ミニマリスト主婦の師走

ただただ私が電話をかけたタイミングが悪かっただけの話であったこの度の出来事。両親の体調にもついでに電話の調子もまったく問題なし、という結果に終わり安堵とすると同時に、親が老いるとはこういうことなんだな、と実感したのでした。

電話がつながらないくらいのことで、ちょっとざわざわしちゃうなんて、ねえ。

もちろん親だけじゃなくて、自分も同じように年取ってるのでお互い様ではありますが、今年もやっぱり緊張しつつの帰省です。両親がドッと年老いていたらどうしよう、いつもこざっぱりしていた部屋が荒れていたらどうしよう、という妙な緊張感は、年々強まるばかりです。

心配だといいつつ、普段はよっぽどの用がない限り電話の1本もしないのだから、勝手なものですね。

自分のことばかり考える家族。

にしても、モーニング狙いで早朝から外出して、夜18時まで10時間も街をうろつくって、相当な体力じゃありませんこと?私だって最近はそんな長時間買い物でうろついたりできないわ。

前回帰省した際には膝が曲がらないとかで座るのが辛そうだった母だけど、これだけ街をうろつけているのなら大丈夫なのでしょう。ミニマリスト主婦(とその夫)は、この師走も健やかに過ごしている模様です。

ものを持たずに身軽に生きる




関連記事

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

減らす計画、捨てる日々再び。

舌の根も乾かぬうちにとはまさにこのこと。 先日妙に嫌味っぽい記事を書いておいてなんです

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

By: Mic[/caption] とにかく気に入った洋服を長く使いすぎる傾向があるので古く

記事を読む

ボダム

理想的な第二の使い道。

変なところが母に似たのか、冷蔵庫の中に食材がたくさんあるとストレスを感じます。 70代

記事を読む

そろそろ限界、買い替えを検討する。

ついにいきました。 関連 壊す女、雑な人。 いつか来るだろうけれど、まだその時で

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑