長崎の酒 福鶴カップで晩酌 鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立。




長崎の酒 福鶴

九州方面は日本酒より焼酎が多いからなかなか見つからなくて、てなことをうっかり酒屋で言ってしまい全否定されたことがあるのですが、やっぱり日本酒をやってる蔵は少ないよね。

でも、なくはない。全都道府県に必ず1種類はあるのはもうわかっています。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

本日は、日本最西端の酒をいただきますよ。

長崎の酒 福鶴カップ

長崎の酒 福鶴カップ

長崎の酒、福鶴カップ。カップ酒が続いております。まずはこの中年泣かせのラベルデザインをとくとごらんください。中央を悠然と陣取るおめでたい名称「福鶴」の毛筆風書体の左右には鶴のつがい(多分)。創業年号や蔵の住所、キャッチコピーなど一通りの情報が記載されてはいるのだけれど、いかんせんゴールド風のブラウンをバックに鶴のマークを白抜きした賑やかなパターンがベース。

読めない、読めないよ。緑文字が特に読めない切ないお年頃。

関連 ごあいさつ(福田酒造株式会社)

当社は、物言わぬものに、ものを言わせるもの造りをモットーに…
日本最西端の酒蔵でこだわりの酒造りを続けております。

なるほど、物言わぬ酒にものを言わせるためのこのラベル。読めないなりに妙な圧を感じずにはいられません。日本最西端推しの福田酒造の所在地は長崎県平戸市。調べてみれば長崎最西端である五島列島にも酒造会社があるのだけれど、こちらは日本酒は作っていない模様。この理由で日本最西端の酒としているか、もしくは本土最西端という意味なのでしょう。

そんなことはさておき、まずは一口。あー、甘いね。甘いと思った。
味に関する情報の少ないカップ酒。長崎の酒、というだけで甘いんだろうなと予測していた単純な私の期待を裏切らない甘さ。それでも味わい自体はしっかりしているので、冷やして飲むにはいいかも。戯れに軽く燗をつけてみたら甘さがさらに際立ってしまい、辛口好みの私の食中酒としてはやや甘すぎた。甘党ならば燗もアリか。

長崎の酒 福鶴カップ

蔵元  福田酒造株式会社(長崎県・平戸市)
種類  普通酒
精米歩合  –
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  15~16度

鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立

鶏ごぼう献立

  • ぬか漬け
  • 白菜の味噌汁
  • 黒枝豆の白和え
  • 鶏ごぼう

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと蕪。この冬ぬか床をどうするかを迷い中。ギリギリまで使って冬眠させるかな。

白菜の味噌汁

白菜の味噌汁

水出しいりこ出汁でたっぷりの白菜を煮た甘い味噌汁。

黒枝豆の白和え

黒豆の白和え

水を切った木綿豆腐にすりごまを合わせ塩とごま油で調味した和えごろもで、塩茹でした黒枝豆とにんじんを和えました。

鶏ごぼう

鶏ごぼう

皮をこそげ落としたごぼうは厚めの斜め切りにしてさっと水にさらし、水分を拭いてから油を引いたフライパンで薄切りにしたしょうがと一緒に焼きます。途中そぎ切りして片栗粉をまぶした鶏むね肉も加えて焼き、火が通ったところにしょうゆとみりんを注ぎざっと煮絡めます。うつわに盛って黒七味を振れば出来上がり。

甘い酒にはしっかり味で勝負とばかりに甘辛味の鶏ごぼうを。むね肉を使ったので火を通しすぎて硬くなってしまわないようちゃっちゃと仕上げました。おかげでしっとり、でも脂さっぱり、そして味こっくり。

家飲みブログ

いやはや。こういうタイプの日本酒に合わせるつまみを考えるのはなかなか難しいですね。というか、そこまでのマッチング技術が自分に備わっていないのか。しかしツアー序盤の頃よりは少しだけ日本酒が身近になった気はしています。さすがにね、ゴール間近ですからね。

 




関連記事

蒸しとうもろこし

三つ葉と豚の冷しゃぶ、蒸しとうもろこし。

今日から7月。 今朝は雨が降っていて少々肌寒いですが、まもなく本格的な夏に突入です。

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

ハリハリ鍋

一人暮らしの晩酌献立 5/18 ハリハリ鍋。

なんか肌寒いですね@東京。 ここ暫くは真夏の如き気候だったから余計にそう感じるのでしょ

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐献立。

冷奴に、油揚げ。かように大豆製品だらけなのには訳がありまして、若い娘さんとお豆腐屋さんに寄り

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    うう~ん。
    材料を見ると全然めずらしくないものばっかりなんですよね。
    なのに、なのに、出来上がりが見事なことったら!
    なんという美味しそう加減…。もう、たまらん。

    crispy-lifeさんの、和食系の盛り付け(中高つんもり)とか、
    洋食系の色合いとか、毎度毎度、文字通り垂涎モノです。
    調理法とか調味料の使い方とかも、ものすごく凝ってるわけではないのに、
    へえー、自分じゃ思いつかないなあ~と、毎回感心しきりです。

    小さいうつわの料理がいくつも並ぶの見ると、ものすごく盛り上がります!
    一人飯のときは、汁物以外のすべてのものを丼に盛る自分がちょっと恥ずかしいです。

    年末になにやら大事なご予定がおありのご様子。
    ぴかぴかの歯でおいしいものとお酒をたのしみ、体力つけて向かわれるのですね。
    なにが始まるのか、外野もちょっとわくわくです!

    • crispy-life より:

      memeさん

      えへへへへ、なんだかすごく褒められた気分になり、コメント何度も読み返してしまいました。ありがとうございます!

      普通の食材と普通の調味料でいかにして酒泥棒な献立に仕立てるか。そればかりを常日頃考えて暮らしているので、そう言っていただけるととてもうれしいのです。私もそうですが、毎日自分のために料理しているとどうしてもワンパターンになりがちなので、人の食卓が妙に新鮮に見えたりしますよね。ああーそうきたか、みたいな。

      私はワンプレートに上手に盛り付けるセンスがないものですから、うつわの力に頼ろうとしている節があります。こう、バランスよく盛り付けられればワンプレート盛りは効率の良い方法だと思うのですよ。丼盛り、いいじゃないですか。食べたいです、丼盛りを。

      早くも師走気分で忙しなくなっておりますが、それも含めみなさまに楽しんでいただければ幸いです。引き続き、よろしくお願いします〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑