長崎の酒 福鶴カップで晩酌 鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立。

長崎の酒 福鶴

九州方面は日本酒より焼酎が多いからなかなか見つからなくて、てなことをうっかり酒屋で言ってしまい全否定されたことがあるのですが、やっぱり日本酒をやってる蔵は少ないよね。

でも、なくはない。全都道府県に必ず1種類はあるのはもうわかっています。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

本日は、日本最西端の酒をいただきますよ。

長崎の酒 福鶴カップ

長崎の酒 福鶴カップ

長崎の酒、福鶴カップ。カップ酒が続いております。まずはこの中年泣かせのラベルデザインをとくとごらんください。中央を悠然と陣取るおめでたい名称「福鶴」の毛筆風書体の左右には鶴のつがい(多分)。創業年号や蔵の住所、キャッチコピーなど一通りの情報が記載されてはいるのだけれど、いかんせんゴールド風のブラウンをバックに鶴のマークを白抜きした賑やかなパターンがベース。

読めない、読めないよ。緑文字が特に読めない切ないお年頃。

関連 ごあいさつ(福田酒造株式会社)

当社は、物言わぬものに、ものを言わせるもの造りをモットーに…
日本最西端の酒蔵でこだわりの酒造りを続けております。

なるほど、物言わぬ酒にものを言わせるためのこのラベル。読めないなりに妙な圧を感じずにはいられません。日本最西端推しの福田酒造の所在地は長崎県平戸市。調べてみれば長崎最西端である五島列島にも酒造会社があるのだけれど、こちらは日本酒は作っていない模様。この理由で日本最西端の酒としているか、もしくは本土最西端という意味なのでしょう。

そんなことはさておき、まずは一口。あー、甘いね。甘いと思った。
味に関する情報の少ないカップ酒。長崎の酒、というだけで甘いんだろうなと予測していた単純な私の期待を裏切らない甘さ。それでも味わい自体はしっかりしているので、冷やして飲むにはいいかも。戯れに軽く燗をつけてみたら甘さがさらに際立ってしまい、辛口好みの私の食中酒としてはやや甘すぎた。甘党ならば燗もアリか。

長崎の酒 福鶴カップ

蔵元  福田酒造株式会社(長崎県・平戸市)
種類  普通酒
精米歩合  -
日本酒度  -
酸度  -
アルコール度  15~16度

鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立

鶏ごぼう献立

  • ぬか漬け
  • 白菜の味噌汁
  • 黒枝豆の白和え
  • 鶏ごぼう

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと蕪。この冬ぬか床をどうするかを迷い中。ギリギリまで使って冬眠させるかな。

白菜の味噌汁

白菜の味噌汁

水出しいりこ出汁でたっぷりの白菜を煮た甘い味噌汁。

黒枝豆の白和え

黒豆の白和え

水を切った木綿豆腐にすりごまを合わせ塩とごま油で調味した和えごろもで、塩茹でした黒枝豆とにんじんを和えました。

鶏ごぼう

鶏ごぼう

皮をこそげ落としたごぼうは厚めの斜め切りにしてさっと水にさらし、水分を拭いてから油を引いたフライパンで薄切りにしたしょうがと一緒に焼きます。途中そぎ切りして片栗粉をまぶした鶏むね肉も加えて焼き、火が通ったところにしょうゆとみりんを注ぎざっと煮絡めます。うつわに盛って黒七味を振れば出来上がり。

甘い酒にはしっかり味で勝負とばかりに甘辛味の鶏ごぼうを。むね肉を使ったので火を通しすぎて硬くなってしまわないようちゃっちゃと仕上げました。おかげでしっとり、でも脂さっぱり、そして味こっくり。

家飲みブログ

いやはや。こういうタイプの日本酒に合わせるつまみを考えるのはなかなか難しいですね。というか、そこまでのマッチング技術が自分に備わっていないのか。しかしツアー序盤の頃よりは少しだけ日本酒が身近になった気はしています。さすがにね、ゴール間近ですからね。

 




関連記事

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め、ちぢみほうれん草とえのきのゆずびたし献立。

本日2/14はバレンタインデーですね。 バレンタインは製菓会社の戦略がまんまとハマって

記事を読む

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

切り昆布のネギ炒め

切り昆布のねぎ炒め、アボカド納豆献立。

海藻モリモリ。 八百屋の軒先にはこれまでは存在しなかった水煮コーナーが登場。たけのこと

記事を読む

141209d3

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、豆苗と卵の炒めもので晩酌。

先日に引き続き鯖缶メニューです。 鯖の水煮缶詰は割と大きめのタイプが多いので一食で全部

記事を読む

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

160617ienomi_7

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

spainfood26

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    うう~ん。
    材料を見ると全然めずらしくないものばっかりなんですよね。
    なのに、なのに、出来上がりが見事なことったら!
    なんという美味しそう加減…。もう、たまらん。

    crispy-lifeさんの、和食系の盛り付け(中高つんもり)とか、
    洋食系の色合いとか、毎度毎度、文字通り垂涎モノです。
    調理法とか調味料の使い方とかも、ものすごく凝ってるわけではないのに、
    へえー、自分じゃ思いつかないなあ~と、毎回感心しきりです。

    小さいうつわの料理がいくつも並ぶの見ると、ものすごく盛り上がります!
    一人飯のときは、汁物以外のすべてのものを丼に盛る自分がちょっと恥ずかしいです。

    年末になにやら大事なご予定がおありのご様子。
    ぴかぴかの歯でおいしいものとお酒をたのしみ、体力つけて向かわれるのですね。
    なにが始まるのか、外野もちょっとわくわくです!

    • crispy-life より:

      memeさん

      えへへへへ、なんだかすごく褒められた気分になり、コメント何度も読み返してしまいました。ありがとうございます!

      普通の食材と普通の調味料でいかにして酒泥棒な献立に仕立てるか。そればかりを常日頃考えて暮らしているので、そう言っていただけるととてもうれしいのです。私もそうですが、毎日自分のために料理しているとどうしてもワンパターンになりがちなので、人の食卓が妙に新鮮に見えたりしますよね。ああーそうきたか、みたいな。

      私はワンプレートに上手に盛り付けるセンスがないものですから、うつわの力に頼ろうとしている節があります。こう、バランスよく盛り付けられればワンプレート盛りは効率の良い方法だと思うのですよ。丼盛り、いいじゃないですか。食べたいです、丼盛りを。

      早くも師走気分で忙しなくなっておりますが、それも含めみなさまに楽しんでいただければ幸いです。引き続き、よろしくお願いします〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

豚汁定食
シンプルライフとか、そういうことじゃなくて。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれし

ueno_30
遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候
新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候 で晩酌 たらとオレンジ白菜のしょうが煮。

全国各地の酒を適当に見繕って記録を続けているこのシリーズ、まさ

ueno_33
寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりした

→もっと見る

PAGE TOP ↑