他人丼で休肝日。

公開日: : 最終更新日:2022/02/02 家飯

他人丼献立

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日を設ける習慣がここ何年も続いています。

無論体調を気遣っての策ですが、結果につながっているかどうかは怪しいところ。

悔しくてやりきれない。

でも、飲まない日は飲まないでそれなりに爽快だし、体も軽いし、普段は食べないものを食べられるしで、楽しみながら継続できています。

というわけで、たまには休肝日の献立を晒してみましょう。

他人丼で休肝日

休肝日献立 他人丼
  • 小松菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 他人丼

小松菜の味噌汁

小松菜の味噌汁

小松菜と白ねぎの味噌汁。出汁は昆布と鰹節、味噌はかなりしょっぱい信州味噌。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日の漬ものは白菜のぬか漬け。

他人丼

他人丼

フライパンに出汁、しょうゆ、みりんを入れて煮立て、豚肉をさばき入れ火を通します。肉の色が変わったらくし形に切った玉ねぎを加えアクを取りながら煮て、溶き卵を流し入れます。フタをして卵をしっかり目に固めたら完成。

蕎麦屋のそれっぽく固めに仕上げた卵の具合と、欲張って入れすぎた玉ねぎの存在感で、あまり食欲をそそらない見た目になってしまいました。

酒のつまみに「あたま」の部分だけをよく作っているけれど、豚肉の他人丼を食べたのは、生まれて初めてかもしれない。他人といえば豚じゃなくて牛、という地域の生まれだからでしょうね。

休肝日の夜ご飯

組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

そういや、小学生だか中学生だかの頃、調理実習で親子丼を作ったっけ。

自分の班は事前の役割分担&情報共有にミスがあり、なぜか味付けが一切なされていない親子丼が出来上がってしまったんだった。あれはいったいどういう不具合が生じたのか。

我が班が先生分の親子丼を作る役割を担っていたことから、運悪く味のしない親子丼を食べさせられる羽目になった先生を眺めて、いやはや、教師というのは大変な仕事であることだな、などと子供心に感じた…ことを思い出す他人丼です。いや、味はちゃんとするんだけど、見た目がね。なんかうっすいじゃないですか。

そんな他人丼の微妙さを帳消しにするのが、ぬか漬けの旨さです。

床の調子さえ整って入れば、ぬか床はいつ何時も旨いので、酒のつまみとして毎日のように食してはいます。

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。


しかし、この手の食事然とした甘辛い丼ものと合わせると、ぬか漬けの旨さはこうも際立つのか!と驚いた次第。

しっかりとしょうゆ味がからんだ卵と肉。それらを受け止めるごはんは、汁っけでやや粘りを帯びている。連続で口に含めば少々飽きが来そうな甘いリズムを時折キリリと引き締める、ぬか漬けの酸味ときたら!

いやあ、驚いた。ぬか漬けを食べるために丼作ってもいいんじゃないかとさえ思った。そしてこれまではぬか漬けとしてさほど重用していなかった白菜のポテンシャルに改めて気付かされたのでした。いいよいいよ、白菜のぬか漬け。この冬はいっぱい食べよう。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

にらとえのきの卵とじ献立

にらとえのきの卵とじ、きんぴらごぼう献立。

薄い薄いささがきごぼうって、旨いなあと思います。 ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立

記事を読む

豚肉と小松菜の常夜鍋献立。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本格的に冬の到

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

小松菜の卵とじ献立

小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。 連休前から旅行に出かけ

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインをいき

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め

ぬか漬けの卵炒め、塩昆布キャベツ献立。

ぬか床に漬かっている野菜の切れ端を食べ切ってしまいたい、そんな時に使えるのが炒め技。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

またまた禿げてしまった、原因はなんだ。

先週中頃、側頭部に異常を認めました。 そうです。4年振

→もっと見る

PAGE TOP ↑