肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 家飯, 食べること

肉吸いで晩酌

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋における天ぬきみたいなものです。

その昔、吉本新喜劇の劇場近くのうどん屋で芸人さんがアレンジ注文したものが発祥とされ、大阪名物的な位置付けで紹介されることの多い一品。しかし肉吸いはあくまでこのお店のスペシャリテであり、大阪や関西地域の家庭で広く親しまれている味ではない、と個人的には思っております。

本来の肉吸いは関西風の昆布出汁ベースに、肉はもちろん関西らしく牛肉で、青ねぎがたっぷりのっており、生卵を落としたり、卵かけご飯をお供にして食べたりするスープ。

よって、材料も作り方も異なる本日のそれは肉吸いとは似て非なるもの。ただ「肉吸い」と書いてみたかっただけです。すみません。

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので家飲み

肉吸い、おかひじきの和えもので晩酌。

  • いりこのおろし和え
  • きんぴらごぼう
  • おかひじきと干しえびの和えもの
  • 肉吸い

いりこのおろし和え

いりこのおろし和え

出汁をとった後の煮干しの出汁がらを大根おろしで和えたもの。カルシウム補給おつまみです。

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

こちらは先日の残りもの

おかひじきと干しえびの和えもの

おかひじきと干しエビの和えもの

さっとゆでて水にさらしたおかひじきの水を切って適当な長さに切り、干しあみエビと少量の塩、ごま油で和えたもの。

肉吸い

豚肉の肉吸い

しっかり煮出したいりこ出汁を塩、みりん、しょうゆで少し甘めに味付け。豚薄切り肉をさばき入れ、アクを取りながら煮込みます。途中でえのきを加え、最後に生わかめを入れさっと煮てうつわに盛り、たっぷりのさらしねぎを乗せ七味唐辛子を振ったら完成。肉にきのこ、海藻と具沢山ではあるけれど、これはアレですね。汁で飲む系つまみですね。いや、本来はつまみじゃないですけどね。

出汁はいりこだし、肉は豚肉だし、わかめとかえのきとか余計なものが入ってるしで、肉吸いを名乗るのはきっと間違っている本日の一品。単にこれらの材料が揃っていたのであわせてみた次第。ボリューム出すならえのきじゃなくて豆腐がスタンダートでしょうか。

家飲みおつまみ

豚肉で作るにしても、もうちょっと脂身のある部位のほうがそれらしくできるのかもねと思いつつ、赤身ばかりのもも肉を選んでしまうお年頃。健康を考えるのならまずは酒をやめろという話なのですが、まあそれはおいといて。

よくよく考えてみれば肉うどんすらあまり食べたことがない私。関西のうどんならばきつねとか梅昆布あたりを選んでしまうし、そもそもうどんは関西風より讃岐うどんを好むという郷土愛薄めのうどん食いであります。

でも、本家本元の肉吸いは美味しそうだよね。大昔、難波エリア勤務時代ならいつでもチャンスがあったのに、なぜかお目にかかることなく大阪と疎遠に。またそのうちあの辺りにも顔を出してみましょうかね。

 




関連記事

焼きさつまいも

さつまいものにんにく焼き、柿と小松菜のごま酢和え献立

塩辛いものが好きです。酒飲みってのはだいたい酒が進みそうな塩っけのあるものを好むものですが

記事を読む

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

鮭の和風ポテトサラダ、ピーマンの丸ごと煮献立。

36度ですって。 今週頭は寒いとかなんとか言ってたのに、36度ですって。 こう暑

記事を読む

ぶりあらとわかめの酒蒸し

ぶりあらとわかめの酒蒸し、オクラ納豆献立。

ぶりあらが安いよう、欲しいよう、食べたいよう。でも、量が多すぎて一人では食べきれないよう、

記事を読む

まぐろの尾の身ステーキ献立

まぐろの尾の身ステーキ、白菜のサラダ献立。

焼いてステーキと銘打てばなんでもご馳走。野菜も豆腐も漬ものも、ステーキになれば一気にゴージャスな

記事を読む

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め献立

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め、蕪とツナの煮もの献立。

ボイルホタルイカをパックで購入したら、思った以上に量がありました。 あら、うれしい。う

記事を読む

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

今日から年末年始休暇の方が多いでしょうか。 年内にやろうと決めていたことを実行するため

記事を読む

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。 新年に考える今年の食計画。 す

記事を読む

新じゃがとゆで卵の葱油和え

新じゃがとゆで卵の葱油和え、焼きピーマン献立。

ねぎの青い部分があったので久しぶりに葱油を仕込みました。 葱油ははてどれくらい久しぶり

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    ちょうど今週の定休日を利用して大阪に
    遊びに行きましたので、グッと来ました。
    甲府からは夜行バスにて、東梅田で降りて
    朝御飯は難波で肉うどんにかやくご飯だった模様ww

    肉吸いは本店でも花月でも食べたことがありますが、
    なるほど、一般家庭料理ではないのですね。
    crispy肉吸いの方が美味しそうです。

    20年位前の良い意味で汚く雑多な大阪が好きだったので、
    今の大阪はちょっと綺麗過ぎ……のような。
    もちろん綺麗に越した事は無いのですが。

    夜は道頓堀にある老夫婦二人で切り盛りしている
    呑み屋さんで一献傾けました。
    大阪らしい緩やかなお店がどんどんなくなっているのは
    寂しいですね。長コメント失礼致しました。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      大阪へ行かれていたのですね!それはタイムリー肉吸いでした。

      私の道頓堀付近の記憶は15年前くらい前までで止まっていますが、当時はそれでも「最近どんどんテーマパーク化していくなあ」などと思っておりました。実はあまり得意なエリアではないのですが、それなりの期間過ごした場所なので思い出も多い場所です。

      新世界辺りは少し脇に逸れれば変わらない風景があるとはいえ、新今宮に星野リゾートができる時代です。友人と通った十三の名店も数年前の大火事で全焼してしまいました。決して懐古主義者ではないけれど、そこそこ長く生きてきたのだなあと思わずにはいられません。今お気に入りの場所や店も永遠ではないのだから、存在に感謝しつつ足繁く通いたいものですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑