きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

セロリポテトサラダ

海坊主。

自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。

常日頃から肉や魚、海藻のみならず野菜から出る出汁の力も強く信じているものですから、たまには味噌汁にトマトを入れてみようかなと思ったのです。

特に海坊主を狙ってのことではありません。

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダで家飲み

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立

  • 丸ごとトマトの味噌汁
  • かくや和え
  • パセリポテトサラダ
  • きのこの黒酢炒め

丸ごとトマトの味噌汁

丸ごとトマトの味噌汁

湯むきした小さめのトマトを昆布出汁で煮た味噌汁。青味はねぎ。

かくや和え

かくや漬け

長期間ぬか床で眠っていたなすと大根を塩抜きし、千切りのしょうが、大葉、ごまで和えます。

パセリポテトサラダ

パセリポテトサラダ

蒸したじゃがいもと卵を熱いうちに刻みパセリ、粗塩、ごま油で和えたもの。卵の半熟仕上げは蒸し器で約6分です。

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め

フライパンに油をひき、薄切りにしたエリンギ、小房に分けたしめじとえのきを炒めます。火が入ってカサが減ったらにんにくしょうゆと荒く潰した粒胡椒、黒酢を投入。調味料を煮からめるように炒め合わせたら完成。

黒酢炒めには普段根菜や肉を使うことが多いですが、昨日に引き続ききのこを大量摂取したい欲が抑えきれず。火が入ってしまえばこの程度の量ですが、生の状態で見るとおいおい正気か?というくらいの山盛り状態でありました。きのこに限らず、野菜を生状態で恐れるべからず。全然戦えます。

黒酢を使ったおつまみ

写真を撮ってみて、なんじゃこりゃ、と驚いた本日の味噌汁。食べる際にトマトを箸で崩してみたらばものすごく旨そうでフォトジェニックな様子になったので、我が盛り付けセンスの足りなさに軽く失望しました。失望したものの、毎度のことながら意識は 撮影 < 実食 なもので、撮り直しませんでしたよ海坊主。

ところで海坊主って誰?

カジュアルに海坊主というワードが浮かんだのでそのまま書いたはいいけど、海坊主ってなんだよ。思わず調べてしまいました。確かに、この味噌汁は海坊主だわ。

妖怪界隈の知識はまるで持ち合わせていないと思っていたのに、人間いつどこでどんな情報を蓄積しているかわからないものですね。

それはさておき、海坊主味噌汁を筆頭に、漬けものも、サラダも炒めものも、それぞれはとてもいい味に出来上がったというのに、献立としてはイマイチという惜しい晩酌であったことをご報告します。バランス大事。あと、見た目も。

 




関連記事

鶏出汁春雨

鶏出汁春雨、蕪の梅サラダで家飲み。

先日作った蒸し鶏の副産物、鶏スープでたっぷりの野菜を煮て1品。 と思っていたのに、出来上が

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を

記事を読む

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。 先日近所の酒

記事を読む

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。 ピーマンの塩炒め

記事を読む

豚汁献立

休肝日ごはん 豚汁、きのこおろし和え献立。

週明けはごはんと味噌汁を中心とした晩ご飯で酒を抜く。しばらくこの方式を続けるつもりです。

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮献立

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話す

記事を読む

鶏肝煮 献立

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

久しぶりにレバーが食べたい。 そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっ

記事を読む

豚ロースとキャベツの白ワイン煮

ルクルーゼで豚ロースとキャベツの白ワイン煮。

肉だ肉!今日は肉! 厚切り豚ロースを引っ掴んで、今宵の肉祭りを誓う。 祭りはいい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑