焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

焼きかぶ献立

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしまう野菜、かぶ。

見た目の可愛らしさと裏腹に、切り分けてみると結構なボリュームがあるのがその理由でしょうか。

今回調達したかぶも、八百屋の軒先で見た時はそうでもなかったのに、自宅に持ち帰ると巨大であった。

持ち帰りのこの数分の間に、まさか育ったのかと疑うほどに。

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和えで晩酌

焼きかぶ献立

  • わかめスープ
  • ぬか漬け
  • 蒸し鶏と三つ葉のわさび和え
  • 焼きかぶ

わかめスープ

わかめスープ

蒸し鶏のゆで汁を流用したわかめスープ。ごま油と胡椒で味付けしてさらしねぎをのせます。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとかぶの葉。

蒸し鶏と三つ葉のわさび和え

蒸し鶏と三つ葉のわさび和え

細かくさいた蒸し鶏とさっとお湯をかけた三つ葉を鶏のゆで汁、しょうゆ、わさびで和えたもの。しょうゆはほんの少し、わさびはかなりたっぷり目のバランスで。

焼きかぶ

焼きかぶ

皮をむいて一口大に切ったかぶにオリーブオイルをまぶしてフライパンで焼き目がつくまで焼き、うつわに盛って粗塩と胡椒を振ります。

結構なサイズなので、全部焼いたら多いかな、多すぎるかな。と怯んだ挙句一部をぬか床にダイブさせたけれど、杞憂でした。他の品々があっさり目だったし、1個焼いてもペロリと食べられたな。侮ったか。

近頃、自分の腹具合を計りかねることが多いです。食べすぎ、飲み過ぎよりは控えめに見積もる方がいいけどね。焼きかぶのお供は、冷やした純米酒で。

日本酒にあうおつまみレシピ

かぶに限らず野菜と見ればついつい焼こうとする癖のある私ですが、かぶに関しては煮より焼きが手軽でいいですね。ホロっと煮たかぶも美味だけれど、大根と違ってちょっと間違ったらぐずぐずに煮崩れちゃったりする繊細さが怖い。その点、焼き、生食は多少手荒く扱っても問題ないのがうれしいです。

砂肝の葱塩炒め、かぶの梅サラダ献立。

しかし半端ものをじゃんじゃん放り込んだせいで、ぬか床がかぶだらけになってしまった。おかげでもうしばらくかぶ祭りが続きます。

 




関連記事

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

残りもののあいこちゃんを、味噌汁にしていただきます。味噌汁に鯖...。うへぇ、と一瞬怯みそ

記事を読む

鶏のくわ焼き献立 日本酒に合う

鶏のくわ焼き、豆腐と三つ葉のサラダ。

眠い...。 なんだか久しぶりに眠いです。 昨夜早寝して今朝かなり早い時間に目覚めてしまった

記事を読む

ブコディムーロ 恵比寿

恵比寿Buco di Muro(ブコディムーロ)で週末の昼ワイン。

By: yoppy[/caption] 友人から昼酒のお誘いメッセージを受信した週末。

記事を読む

白菜と豚肉の重ね蒸し献立

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安

記事を読む

キャベツステーキ

1人暮らしの家飲みレシピ キャベツステーキでビール。

浴衣を着た女の子の姿をちらほら見かける花火大会の土曜日、いつものスーパーの店先で私の両手拳よ

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立。

先日「鳥豆腐」を検索してここにたどり着いたとのコメントを頂戴しまして、そういうのなんかうれ

記事を読む

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ。

しつこくも塩もみ野菜の話。レッドキャベツの使い道をいろいろ試しています。 休肝日ごはん

記事を読む

坊ちゃんかぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソース献立。

今回のかぼちゃは、坊ちゃんかぼちゃです。 通常サイズのかぼちゃをまるまる1個購入する勇

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

カイチアオムーサップレシピ

ひき肉入りオムレツ、ピーマンの丸煮で晩酌。

発注していた日本酒が届かなかったので本日はビール縛りで。 ということはこの夏登場の少な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑