焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること




焼きかぶ献立

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしまう野菜、かぶ。

見た目の可愛らしさと裏腹に、切り分けてみると結構なボリュームがあるのがその理由でしょうか。

今回調達したかぶも、八百屋の軒先で見た時はそうでもなかったのに、自宅に持ち帰ると巨大であった。

持ち帰りのこの数分の間に、まさか育ったのかと疑うほどに。

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和えで晩酌

焼きかぶ献立

  • わかめスープ
  • ぬか漬け
  • 蒸し鶏と三つ葉のわさび和え
  • 焼きかぶ

わかめスープ

わかめスープ

蒸し鶏のゆで汁を流用したわかめスープ。ごま油と胡椒で味付けしてさらしねぎをのせます。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとかぶの葉。

蒸し鶏と三つ葉のわさび和え

蒸し鶏と三つ葉のわさび和え

細かくさいた蒸し鶏とさっとお湯をかけた三つ葉を鶏のゆで汁、しょうゆ、わさびで和えたもの。しょうゆはほんの少し、わさびはかなりたっぷり目のバランスで。

焼きかぶ

焼きかぶ

皮をむいて一口大に切ったかぶにオリーブオイルをまぶしてフライパンで焼き目がつくまで焼き、うつわに盛って粗塩と胡椒を振ります。

結構なサイズなので、全部焼いたら多いかな、多すぎるかな。と怯んだ挙句一部をぬか床にダイブさせたけれど、杞憂でした。他の品々があっさり目だったし、1個焼いてもペロリと食べられたな。侮ったか。

近頃、自分の腹具合を計りかねることが多いです。食べすぎ、飲み過ぎよりは控えめに見積もる方がいいけどね。焼きかぶのお供は、冷やした純米酒で。

日本酒にあうおつまみレシピ

かぶに限らず野菜と見ればついつい焼こうとする癖のある私ですが、かぶに関しては煮より焼きが手軽でいいですね。ホロっと煮たかぶも美味だけれど、大根と違ってちょっと間違ったらぐずぐずに煮崩れちゃったりする繊細さが怖い。その点、焼き、生食は多少手荒く扱っても問題ないのがうれしいです。

砂肝の葱塩炒め、かぶの梅サラダ献立。

しかし半端ものをじゃんじゃん放り込んだせいで、ぬか床がかぶだらけになってしまった。おかげでもうしばらくかぶ祭りが続きます。

 




関連記事

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

鶏出汁エスニックそうめん

休肝日ごはん 鶏出汁エスニックそうめん献立。

久しぶりに行ったベトナムの食感覚を体が舌が覚えているうちに、それらしい何かを作ってみようと考

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

鶏むね肉のトマトマリネ

白ワインで家飲み 鶏むね肉のトマトマリネ。

早い時間に軽めに済まそう、と決めた土曜日の夜。 残っていた食材を考えるとワインに寄せる

記事を読む

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

グラタンで日本酒を飲む。 そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチ

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め献立

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるので

記事を読む

えのきと白菜の味噌汁 オクラおろし きくらげ豆腐 秋鮭の和風タルタルソース添え

秋鮭の和風タルタルソース添え、きくらげ豆腐献立。

少し前に、酸っぱくなった古漬けを使ってタルタルソースを作りました。 関連 熊本の酒 花

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑