悔しくてやりきれない。

公開日: : 健康と美容

往生際悪く直前に足掻いた健康診断の結果が出ました。

たった1年で変わるもの、変わらないもの。

足掻いたなら足掻いたなりの成果を手に入れたかったのですが、そうはいかず。

非常に惜しい結果となりましたことをご報告いたします。

悔しくてやりきれない。

結論からお伝えすると、今回検査した13項目の内訳は

  • A判定=10
  • B判定=3

でございました。

昨年C判定を食らっていたので、AとBなら挽回してるんじゃないの?と思いたいところではありますが、違います。B判定の内容は

  • 計測(いつものBMI)
  • 心電図(いつもの右軸変位)
  • 肝機能 ←ココ

そうです。昨年A判定を奪取し祝杯をあげた肝機能が、再びBへと転落してしまったのです。あ、祝杯がまずかったのか。

さて肝機能の詳細ですが、ASTとγ-GTPが基準範囲以上、ずっと低かったALTの数値もギリギリ範囲内という有様でした。「日常生活に差し支えない」程度の数値ではありますが、ここ数年の結果と比較すれば飛び抜けて高い数字を叩き出してしまってぐぬぬ。

悔しい。悔しすぎる。肝機能の数値にフォーカスして挑んだ健康診断だったのに、ピンポイントでダメ記録を叩き出してしまうとは、いったい私は何を対策したのか。

というか、少なからず対策してこの数値ということは、普段の生活のままならもっと大きく外れていた可能性がある、ってことですよね。もしかしたらγ-GTPも100超えちゃってたりして?怖ッ!!

さてどうしたものか。

いやいやいや、そんなもんでビビるなんて小心者すぎない?と思われるかもしれません。この程度の数値ならば酒飲み中年のたしなみくらいに捉えていてもいいのでしょう(ダメ)。

しかし私は健康しか取り柄がない平凡な人間。せめて健康診断くらいはいい成績を残したい、という思いがかなり強いのです。

加えて、例のアレのおかげでイヤというほど思い知らされた、酒場への熱い想い。

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

馴染みの店にふらりと飲みにいけない辛さやさみしさに今、まさに打ちひしがれているというのに。自分ではコントロールできない外的要因をもってしてもこうなのに、これがもし自分の怠惰による健康上の都合で叶わなくなったりしたら。

恵まれた星の下に生まれておきながら、大事な時間を守るための健康管理ができなかったことを、悔やんでも悔やみきれないだろうと思うのです。

金塊を背負って生まれてきた人間。

まだ、大丈夫。まだ取り返せるはず。今はギリギリそんな位置にいるであろう私の肝臓。来年はきっと、A判定に返り咲いてみせます。待ってろよ、検診センター!


大人のたのしい一人暮らし記録




関連記事

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

冷え性対策としてすっかり愛用品となった湯たんぽ。 参考 本気の冷え性改善記録 部

記事を読む

右軸偏位は治るのか?健康診断 心電図の結果。

旅から戻ってすぐに病院に健康診断の結果を聞きに行きました。毎年8月に健康診断を受けることに

記事を読む

おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分のことがよくわかっていない人。

記事を読む

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

むくみを解消すれば足は細くなるけれど、油断するとまたすぐむくむ。

冷え性改善に取り組んだ結果、むくみが解消されて足が細くなったと書きました。 参考 むく

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

スマホがベッドにある弊害。

iPodの充電ケーブルが断線したので買い換えました。 思い起こせばiPhoneからiPod

記事を読む

美魔女とマニアと身軽な人生。

By: Jenn Durfey[/caption] 白髪問題について散々書いていますが。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑