タアサイとむね肉のしょうが炒め、かぶの梅おかか和え献立。

公開日: : 家飯

タアサイとむね肉のしょうが炒め献立

今日はなんだか肉だわ、肉が食べたいわ。そんな気分の時は、むね肉が最適です。

むね肉ってあっさりとしていてたくさん食べられるから、今日みたいにやや厚めのサイズに切って調理すると、ああ肉食べたよ、という気になりませんか。

むね肉といえばしっとり蒸し鶏が我が家の定番です。

しらたきのたらこ炒め、蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立。

が、今日は青菜と合わせて炒めました。

タアサイとむね肉のしょうが炒め、かぶの梅おかか和え献立。

タアサイとむね肉のしょうが炒め、かぶの梅おかか和え献立。
  • 野菜たっぷり味噌汁
  • 奈良漬
  • かぶの梅おかか和え
  • タアサイとむね肉のしょうが炒め

野菜たっぷり味噌汁

野菜たっぷり味噌汁

にんじん、大根、スナップえんどうと、ちょろちょろ余っていた野菜を全部ぶっこんだ味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

奈良漬

奈良漬

今日の漬ものは奈良漬。市販品です。

かぶの梅おかか和え

かぶの梅おかか和え

薄切りにしたかぶを塩もみしてしんなりさせます。さっと洗い流して水気を拭き取り、叩いた梅肉と鰹節で和えます。

タアサイとむね肉のしょうが炒め

タアサイとむね肉のしょうが炒め

鶏むね肉はやや厚めのそぎ切りにして、塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけておきます。フライパンに油を引き、しょうがの千切りを加えて炒め、香りがたったらむね肉を入れて両面焼きます。肉に火が通ったらざく切りにしたタアサイを加えざっと炒め合わせ、酒としょうゆで味を整えたら完成。

この手の炒めものは塩味にして最後にごま油で風味をつける中華風にすることが多いのですが、本日は副菜が思い切り和風なのでしょうゆ味に。炒め油は香りのない太白ごま油を使っています。

いつものように純米酒を添えていますが、しょうがのきいた炒めものは、ビールのお供にもいいですね。

ビールに合うおつまみレシピ

食べる量が徐々に減ってきているもので、たくさん盛れる丸皿の登場頻度が減っているような気がするこの頃。

今日は肉も野菜もたっぷり炒めたので、丸皿にちょうどいい量になりました。肉食べたい気分が十分に満たされて、満足です。

年を取ったら肉っけがさほどいらなくなるのかな?と思っていたけれど、今のところ相変わらず好きで食べています。肉といってももっぱら鶏むね肉や豚もも肉などの脂身が少ないパーツで、サシがびっしり入ったステーキなんてのはとんとご無沙汰ですけども。

とはいえ、食べる量は明らかに変わってきてますね。そしてどんどん食事に手をかけなくもなっている。食記録を長年続けていると、こういう変化がよくわかります。
「食のシンプル化」などとそれらしい表現もできなくはないけれど、そのうち生野菜に味噌つけてかじりながら酒飲む、みたいなことにならないかしらん。

大人のたのしいおひとりさま生活




関連記事

鮭と小松菜のフライパン酒蒸し

鮭と小松菜の酒蒸し、玉ねぎの卵とじ献立。

寒くてびっくりです。 今日はなんとなく冷しゃぶとかそっち系統のアテで呑もうかなと考えて

記事を読む

休肝日ごはん ゴーヤとツナの和えもの、トマト味噌汁献立。

あらあら、ゴーヤを食べ忘れていたじゃありませんか'19サマー。 そう気づいたのは、いつ

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立

しらたきのたらこ炒め、蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立。

並び的には蒸し鶏がメインにくる献立なのですが、どうにもたらこ炒めの桃色が主張してくるので配置

記事を読む

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

家飲み献立 10/16 甘くない卵焼きで酒を呑む。

いつもスーパーでの出来事。 イートインスペースで、5歳くらいの女の子が焼き芋を頬張って

記事を読む

豚肉と水菜のハリハリ鍋

家飲み献立 2/11 ハリハリ鍋。

朝からなんかやけにみんな家でゆっくりしてるなあ...。 なんて思いつつ布団を干していて気がつきま

記事を読む

大根と油揚げの味噌汁 ぬか漬け うまみオイルのせ奴 ほうれん草と卵のしょうが炒め

ほうれん草と卵のしょうが炒め、うまみオイルのせ奴献立。

知人からお土産で「UMAMI OIL」なるものをいただきました。 オリーブオイル専門店が選

記事を読む

Comment

  1. 私は私 より:

    どうでも良い内容で失礼します。

    スナップえんどうをお味噌汁の具にする発想はなかったです。
    加えて、二つに分かれて中の実が出ている盛り付けに思わず可愛いと思い、そのセンスに脱帽。
    お味噌汁にも盛り付けのセンスがあるなんて。。。

    奈良漬の酒粕、私は綺麗に洗っていたのでまたまた目から鱗。

    かぶの梅おかかあえも簡単で美味しそう。
    こういう手間がかからない1品は、とても参考になります。

    たっぷりの量と記されたメイン料理、私はこの2倍は食べています。
    アラ還となり食べられなくなってきたと感じていますが気のせいでしたね。(笑)
    標準体重±1㎏を維持していますが、例のアレと花粉のせいでほぼ外出なしの専業主婦。
    運動不足どころの話ではないので、夕飯の白米は極力抜いていますが、その分おかずの量が増えます。
    意味ないですね。

    • crispy-life より:

      私は私さん

      うれしいコメントありがとうございます!

      スナップえんどうって結構サイズが大きいので、きぬさやみたいに上手く盛り付けができないんですよね。そこで苦肉の策として中身をこんにちはさせたのですが、お楽しみいただけたようでよかったです。
      そして奈良漬は、もともと小さく刻んで売られているタイプのもので洗うのも難しく、酒粕も食べちゃっていいよね?と解釈しております。もしかしたら、丸まま漬かっているものとは酒粕の具合が違うかもしれませんね。

      食べる量に関しては本当に難しいなと感じています。あまりに少食になるのはイヤなので、もっとたくさん食べたほうがいいのではと思うのですが、食べすぎるとしんどくなって食後のやる気が失せてしまう…。これは食欲がとか胃がとかじゃなくて、私の怠惰さが問題なのかもしれませんね。しかし調整が悩ましいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生活系YouTuberおじさん、おばさんに思うこと。

天気がイマイチよくないし、特に出かける用事もない。で、1日中

はりはり煮献立
豚と水菜のはりはり煮、きんぴらごぼう献立。

本日は「はりはり」ではないかもしれませんね。通常は水菜にあま

一人は一人でも、求めるものは同じじゃない。

しつこいですけど、外にフラフラ飲みに行けない世界は、本当に切

蒸し鶏のねぎソース
蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メ

長きに渡るご利用、誠にありがとうございました。

苦節6年、とうとう乗り換えに成功しました。今年の春こそ環境改

→もっと見る

PAGE TOP ↑